読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

六本木ヒルズでモーニング「エッグセレント」感想・口コミ・評価・評判・レビュー、eggcellent photozou.jp/photo/show/3125251/213100903

モーニング

スポンサーリンク

六本木付近で何か美味しそうなモーニングでも食べたいと思い、

探してみたところいきあたったのが「eggcellent(エッグセレント)」

というお店。

 

やっぱり名前のイメージから、卵の店なんだろうなと。

 

場所は六本木ヒルズの入口あたりです。

 

関連ランキング:西洋各国料理(その他) | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

 

「朝活」をテーマにしてるとかなんとか。

 

たしかに、とても明るくキレイでおしゃれな雰囲気のお店です。

 

f:id:AR30:20141024085837j:plain

f:id:AR30:20141024085831j:plain

f:id:AR30:20141024085758j:plain

 

1人で食べる、カウンターのような席も用意されていて

電源が確保できるようになっています。

 

f:id:AR30:20141024085927j:plain

 

これは、良いですね〜

充電しながら使いたいガジェットもありますしね。

 

事前に知識がない状態でいったので

何を注文して良いかわからず・・

 

 「モーニング」メニュー?10時までのメニューにあった

エナジーブレックファストプレート 1,200円にしてみました。

f:id:AR30:20141024091308j:plain

f:id:AR30:20141024091258j:plain

 

コーヒーか紅茶がついてきます。

ホットかアイスか選べます。

 

あと、ソーセージも

アイリッシュソーセージか、ノンスキン?ソーセージを選べたと思います。

 

写真はアイリッシュソーセージです。

これは・・すみません、違いはわかりません(笑)

 

味はちょっと塩味が濃いめ。

 

 

卵が売りということで・・

たしかに目玉焼きの黄身は濃厚な気がしました。

 

ただ、運ばれてきたときに、

正直、これで1,200円かぁ〜〜とちょっとテンション↘

 

まあ、六本木ヒルズという場所と雰囲気代ですかね。

それを含めて考えると・・まあ納得。

 

来店されてるお客さんも、朝から六本木ヒルズに来てる人たちですし

しかも早朝・・でもなく、9時頃なので普通に仕事をしてるわけでもなく・・

という生活に余裕がありそうな方々(笑)

 

ということで、落ち着いた雰囲気でゆったりと過ごせます。

 

パンケーキは・・まあ普通かな。

 

 

・・と、食べながら調べてみると、この店は「ベネディクト」という商品がおすすめみたい。

 

「エッグベネディクト」

 

で、メニューをみてみたら、

ベネディクトはセットの商品みたいで

1皿頼むと2つずつのってくるという・・

 

これは頼めないなぁ・・と思ってたら、

店員さんに聞くと1個から注文できますよと。

 

でお願いしたのがこちら。

 

f:id:AR30:20141024093314j:plain

 

ベネディクトって

聞いてみたら、本来は、マフィンに具をのせてポーチドエッグをのせ

卵のソースで食べるものらしい。

 

今回頼んだのはこの店のオリジナルだそうで、

日本発信の新しいエッグベネディクトとして提案しているものだとか。

 

マフィンではなく、

ご飯にまぐろとアボカドがのってます。

その上からポーチドエッグ(落とし卵)がかかって・・

 

これは、美味しかったです!

 

いや、そりゃこの組み合わせは合うよねそりゃあ(笑)

 

1個で900円ぐらいだったかな?

セットで通常のベネディクトと2つセットだと1,600円ぐらいになって

多少お得みたい。

 

 

食べ終わったときにアイスコーヒーをたくさん残してたら

「カップに入れて持ち帰りますか?」と聞いてくれて

テイクアウト用にしてくれました。

これはありがたかった。

 

店内は卵にちなんだ装飾多数。

 

 

f:id:AR30:20141024092719j:plain

 

ほかにも手の込んだパンケーキとか

エッグベネディクトもいろいろ種類があるみたい。

 

朝から優雅な雰囲気で過ごしたい

そういう要望には応えてくれる店かなと感じました。

 

お値段は高めです。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+