読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

八丁堀ランチ「もつ鍋 一慶」感想・口コミ・評価・評判・レビュー 安くて旨い photozou.jp/photo/show/3125251/213309389

ランチ

スポンサーリンク

もつ鍋。

美味しいんですよねぇ。。

お出汁が染みた野菜と、やわらかいもつ肉。

 

あ〜〜久々に食べたいなぁ〜〜と思い、検索。

そしたら、八丁堀駅の近くにあることがわかり早速いってみました。

 

f:id:AR30:20141027122959j:plain

 

美味しいもつ鍋が、

しかもかなり安い金額で楽しめると噂のお店

「もつ鍋 一慶」へ行ってみました。

 

関連ランキング:もつ鍋 | 八丁堀駅茅場町駅宝町駅

 

外観はこんな感じです。

f:id:AR30:20141027121213j:plain

 

今日は12時過ぎにいきましたが、ぎりぎり座れるぐらいでした。

1人だったので、すでに1人で座っていた方と相席ということで・・。

 

 

f:id:AR30:20141027121343j:plain

 

メニューはこれ。

やっぱり定食を頼む人がほとんどです。

「ダブル」は何がダブルなんですか?と聞いたら、お肉も野菜も倍で・・と言われました。

今回は普通の「もつ鍋定食」にしました。

 

ちなみに、担々麺と辛口カレーは相当辛い、と注文していた人に説明されてました。

 

 

f:id:AR30:20141027121349j:plain

 

で、届けられた定食がこちら。

届いた時はなべにふたがされていて、火をつけてくれます。

食べごろになったらお店の人が「もういいですよー」と声をかけてくれるので

それを合図に食べ始めます!

卵は・・あとでつかいます(笑)

f:id:AR30:20141027122955j:plain

 

出汁がしみた野菜とやわらかいお肉が・・最高です。

f:id:AR30:20141027123407j:plain

 

ニラとキャベツですね。

やっぱり唐辛子も入っているので、多少辛いです。

でも、辛いのが苦手なぼくでも大丈夫なレベルですので

辛味というより、旨味のための唐辛子、という感じです。

 

そして鍋を食べ終わったら・・

f:id:AR30:20141027124025j:plain

 

ここにご飯を入れます。

 

あ、ちなみに、ご飯はおかわり自由だそうです!

ぼくは・・我慢します!!

 

f:id:AR30:20141027124036j:plain

 

入れるとこうなる。

f:id:AR30:20141027124055j:plain

 

そこに卵を溶いて・・

f:id:AR30:20141027124257j:plain

 

はい、

美味しい雑炊の完成!!

 

ぼくの場合、猫舌で食べるのに時間がかかり、

卵を入れるころには火が消えていたので

卵が固まってくれませんでした(笑)

 

 

が、雑炊は堪能できました・・

 

せっかくの美味しいお出汁ですから

あますところなく食べないともったいない!

 

 

もつ鍋っていうのも

本気の店にいくとけっこう値段がするものですから

 

お昼に、この値段で食べられるこの一慶はとても良心的かなと。

 

 

有名人の来店者も多いみたいで、

いっぱい写真やサインが貼ってありました(笑)

 

 

近隣のサラリーマンやOLさんも多数の人気店でした。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+