読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「アンダルシア女神の報復」感想・口コミ・評価・評判・レビュー・あらすじ・ネタバレ・見どころ、織田裕二・伊藤英明・黒木メイサ・福山雅治・戸田恵梨香

映画

スポンサーリンク

映画「アンダルシア女神の報復」感想・口コミ・評価・評判・レビュー・あらすじ・ネタバレ・見どころ、織田裕二・伊藤英明・黒木メイサ・福山雅治・戸田恵梨香

 

WOWOWで観ました、アンダルシア。

外交官・黒田康作シリーズ。

 

ドラマは・・残念ながらこけちゃったらしいですよねこの作品。

でも前作のアマルフィで外国旅行をしたような気分になることができる作品でしたし

そういう楽しみ方はできるかなーなんて期待して観てみました。

 

アンダルシア 女神の報復 スタンダード・エディション [Blu-ray]

 

 

※ネタバレあります※

 

 

 

★あらすじ・ストーリー

 

スペイン北部に隣接する小国アンドラで、日本人投資家、川島(谷原章介)の遺体が発見される。国際会議の準備でパリを訪れていた外交官、黒田康作(織田裕二)は、事態把握のために調査を命じられ、2人の事件関係者と出会う。遺体の第一発見者であるビクトル銀行行員の新藤結花(黒木メイサ)と、事件を担当するインターポール捜査官の神足誠(伊藤英明)。多くを語らず、何かに怯える結花と、捜査情報を隠そうとする神足。実は、2人は過去の事件をきっかけに、心に闇を抱えていたのだ。結花を保護するために黒田の同僚の外交官、安達(戸田恵梨香)が駐在するバルセロナの日本領事館に向かった3人は、正体不明の武装グループから襲撃される。襲撃犯の正体が国際テロ組織ではないかと恐れる結花。事件に何か裏があると確信した黒田は、馴染みのジャーナリスト佐伯(福山雅治)から得た情報を元に、国際テロ組織によるマネー・ロンダリング=資金洗浄と投資家殺人との関連について調査を進める。一方、神足はビクトル銀行のブローカーがアンダルシア地方で巨額の不正融資を行なっているとの情報を得る。仕組まれた罠、錯綜する情報、そして隠された秘密とは何か……?真相を追ってアンダルシアに向かう黒田に、ついに任務中止の命令が下される。アンダルシアで3人を待ち受ける運命とは……?

 

 

★感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ・見どころ

 

★いろんなところで感想とか読んでみると、けっこう厳しい評価が多いこの作品。たしかに、なんだろうな・・なんかおもしろみに欠けるような感じはたしかにあります。

 

★外交官・黒田康作シリーズなのに、主役の織田裕二よりも伊藤英明や黒木メイサが目立つようなシーンが多く。この2人にはまだ、織田裕二ほどの存在感やカッコよさがなく安っぽくみえる、というような意見がありました。それはたしかに。。なんでしょうね?そういう意味ではやっぱり、織田裕二中心に話を構成した方が、よりカッコイイ雰囲気の映画になったのかなーなんて思いました。

 

★スペインの素敵な風景・・は楽しめましたが、なんだろう、もっと風景を楽しませるような映像があっても良かったのかなと思いました。やっぱり日本人が海外で撮影してる映画なので、「海外旅行気分」で観られることは利点なはず。でもそこがうまく活かされてはいない感じでした。もっとそういう観せ方があっても良かったのかなと。

 

★そうはいっても、見どころはやっぱり海外の街並みや景色の映像。あ〜海外旅行いきたいと思わせてくれます(笑)

 

★話も、トリック的なものはありましたがそれほど深みがあるわけではなく、盛り上がりにもやや欠けるかなーという印象。せっかく世界を股にかけるというような、スケールの大きい話で、邦画では非常に珍しいキャラクターなので、もっと惹き込まれるような内容であれば、かなり評価が高い映画になるんじゃないかなーなんて、ちょっとえらそうに思いました。

 

★アマルフィの興行収入が30億強?でこのアンダルシアは18億?ぐらいだったと思うので、半分になっちゃってます。ドラマがこけたことで注目度が下がってしまったのかなと思いますが・・この結果だと、もう続編はないのかな・・せっかくの珍しいキャラクターの話なので、うまく続編を作ってほしいと期待するんですけど。

 

★制作費はかなりかけられてるみたいですね。海外ロケですし。制作費かけて失敗したとなれば・・続編は無理か・・?いや、この興行収入で失敗だったかどうかは正確にはわかりませんけど。

 

★海猿の伊藤英明、踊るの織田裕二が競演!ということで、フジのドラマ発映画の2大スターが出たわけですが、今となってはどちらもすでに終わってしまった映画の主役・・。海猿は原作者が怒って続編不可になってるらしいし。どちらも、新しい、「これ!」と言えるキャラクターを模索中?ってとこですかねぇ。

 

★福山雅治さんの役は、結局、話の流れ上はとくに必要ないのかなと(笑)戸田恵梨香さんも結局ちょい役的な感じでした。それほど話の中心にかかわらないなら、このレベルの役者さんである必要はないんでしょうけど、キャストの豪華さで売るためにも必要な配役なんですかね。

 

★やっぱり織田裕二をもっと活かすべき!みたいな感覚になるんですけど、いろいろ考えると、今の日本の俳優さんって40代以上にスターがそろってて、30代より下はその人1人で特別な存在感を放つことができる人が少ない気がするなーと。木村拓哉さんはいつもキムタク役、みたいな話がありますが、逆にそういうこと言ってもらえるような強烈な個性がある俳優さんは少ない気がします。伊藤英明さんなんて海猿のイメージが強いけど、それ以外だと役柄が一定でない気がするし、どういう役が似合うの?というのもそんなに思い浮かばない。まあそれでも「海猿」という代表作があるだけ良いでしょうけど。このアンダルシアは、せっかく織田裕二さんが主役なんであれば、その主役を存分に活用して魅せる映画にすべきだったのでは・・とそう思いました。

 

★谷原章介さんの小物感が良かった(笑)

 

★ただ、そこまでわるい映画とは思わなかった。ぜひぜひ続編でもっと良い作品を作ってもらいたい、そう期待する作品でした。海外ロケでなくてもいいしね!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+