読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

NEWレオマワールド・ジェットコースター「ビバーチェ」に男性従業員がはねられ、重体

テーマパーク

スポンサーリンク

四国を代表するテーマパーク

NEWレオマワールドで、

 

ジェットコースターにパート男性従業員がはねられ

意識不明の重体になる、という事故が発生したようです。

f:id:AR30:20141114230108j:plain

 

↑ビバーチェ

 

発生時刻:2014年11月14日午前10時40分頃

場所:ジェットコースター「ビバーチェ」

被害者:枝切作業中のパート男性従業員(71)

 

コースターの近くで作業をしており、

血を流して倒れているところを、別の作業員が発見したとか。

 

コースターの先頭にも血がついていたとのこと。

 

2014年11月14日 23時現在

NEWレオマワールドのホームページを確認したところ

 

今回の事故に関する記載は無し。

 

Facebookページも沈黙・・

 

 

まあ、そういうことに即座に対応できる体制ではないのかもしれませんが

重大な事故であるだけに、施設側からお客様への発表が

ホームページでも行われていないというのは・・どうかなと思います。

 

普通に明後日の妖怪ウォッチイベントの告知が大々的に載ってますし。

 

コースターだって、明日以降、

しばらく運休すると思うんですが・・

 

 

いまどき、

そういうことには少なくともすぐに対応できるように

普段から準備しておくことは、ある意味最低限の責任のような気もします。

 

毎日お客様をお迎えするわけですから。

 

 

事故原因はわかっていないみたいです。

今のところは。

 

 

もしかしたら、作業員の方が誤って

自分からコース上に入ってしまったのかもしれませんし、

 

もしかしたら、運行する係と作業員との連携がうまくいかなかったのかもしれない。

 

もしくは運行してはいけないのに

動かしてしまったとか。

 

 

どちらにせよ、

 

普段から安全に対する意識が低かったと批判されることは避けられそうにないかなと。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+