ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

ひらがなの正しい書き順、間違いやすい「も」「せ」「や」

実は、今日の今日まで書き順を間違って覚えていた平仮名がありまして(笑)

 

恥ずかしい話ですけど、

これは・・と思い、ブログを書くことに。

 

 

こども用のひらがな勉強セット

 

アンパンマン おふろでピタッと!あいうえお教室 (リニューアル)

 

アンパンマン おふろでピタッと!あいうえお教室 (リニューアル)

アンパンマン おふろでピタッと!あいうえお教室 (リニューアル)

 

 

これです。

これを使って、勉強していたところ・・

 

あれ??と思うところが。

 

小さい子がひらがなを覚えるためのグッズですが、

この表には、ひらがなの書き順までちゃんとかいてあります。

 

それをみて、あれれ???と思ったのが・・

 

 

「せ」

 

f:id:AR30:20141116201925j:plain

 

これ、完全に、

三画目の「L」のところを先に書いてました。。

 

でも、よくみたら、二画目はハネているわけで、

そうすると、やっぱりLは三画目に書かなくてはダメです。

 

よく考えたら・・僕が書く「せ」はハネてないなと。

あ、これは書き順間違えてたからですねー

 

キレイな字を書くためには、正しい書き順は必須ですよね。

 

もともと書き順は、

草書?でキレイに字を書くための順序になっているときいたことがありますし。

 

 

あと、他にも間違えやすい平仮名として。

 

 

「も」

 

f:id:AR30:20141116201916j:plain

 

これはぼくは間違えてなかったですが、

 

「し」から先に書くことを知らずに

横棒2つから書いている人がけっこう多いとか。

 

まあこれも、「し」の部分が最後、

上にあがってるし

 

そのあと横棒書くというのはなんとなくわかる気がするのですが・・

 

でも、普通のひらがなの「し」だって、最後あがってるわけだし(笑)

 

なんでしょうね?

やっぱり基本は縦書!ってところからの書き順なんでしょうか。

 

 

そして、

 

「や」

 

f:id:AR30:20141116202021j:plain

 

二画目と三画目が逆になるパターン。

はい、これもぼくは逆でした(笑)

 

というか、もうこの年令になってからでは

よほどの練習をしないと変えられない気が・・

 

でもたしかに、ハネの部分は二画目だからハネるわけで

三画目だったらハネる意味がないですよね(笑)

 

 

ということで、

 

よく間違えるひらがなの書き順でした。

 

 

ちなみに、上で紹介した「アンパンマンのあいうえお教室」

こどもの食付きがすごく良いです(笑)

 

これから言葉を勉強する!

というお子さんがいる人にはオススメですね〜〜

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ Twitterツイート
このブログへメール 削除依頼について