ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新しい記事は、顔だけ黄色い人というブログでも公開しています。このブログ「ひなぴし」も更新していきます(笑)

小銭・硬貨は何枚まで使用可能?枚数制限、支払い拒否できる?法律で決まってるらしい

たとえば、500円貯金をしてる人!

せっせと貯めて・・ある日、500枚貯まりました。

 

合計・・・え〜〜っと、

500円 ✕ 500枚 = 250,000円

 

ということで、25万円の腕時計を買いにいきました!

 

お支払いの時に・・

500円玉を500枚出したら・・

 

嫌がられますよね(笑)

 

 

50万円貯まるバンク ゴールド

 

これ、お店の人の立場になってみてください。

 

 

え??

500枚あるかどうか、数えなきゃいけないの??

 

これって営業妨害じゃ・・

 

そう感じちゃいますよね。

 

 

まあ500円硬貨ならかわいいもんかもしれないですが、

 

たとえばコンビニでの500円の支払いで

 

1円を50枚と、5円を30枚、10円を30枚

とかで、出されたら・・

 

なんじゃこりゃ!?ってなります。

 

 

こういう小銭・硬貨をたくさん、多い数で出された場合も

お店は何も言わずに数えて受け取らなきゃいけないんでしょうか・・??

 

 

 

実は、これは、法律で「何枚まで」というのが決まってるみたいです。

 

※専門家ではないので、参考程度に

 

⇣ こちらの「第7条 法貨としての通用限度

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律,(略)通貨法,通貨単位貨幣発行法

 

貨幣は、額面価格の20倍まで

を限り、法貨として通用する。

 

ということで

20倍までしか、強制的な通用力はないということ。

 

 

つまり、どの硬貨も20枚までしか同時には使えないということです。

 

 

まあ・・「同じお金なんだから、受け取りなさいよ!!」っていう

モンスターカスタマーもいそうですけど、

そもそも、両替するっていう努力ぐらいは、使う側にも必要でしょう

ということです。

 

まあこういう決まりがないと、際限なくなっちゃいますからね。

 

 

ただ、たとえば100円を21枚とか

まあそれぐらいだったら受け取ってあげてほしいなとは思います。

 

 

あくまで常識的な範囲で、お金のやり取り、お支払いは行いましょう!!

 

このブログへメール 削除依頼について