読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

小銭・硬貨は何枚まで使用可能?枚数制限、支払い拒否できる?法律で決まってるらしい

法律

スポンサーリンク

たとえば、500円貯金をしてる人!

せっせと貯めて・・ある日、500枚貯まりました。

 

合計・・・え〜〜っと、

500円 ✕ 500枚 = 250,000円

 

ということで、25万円の腕時計を買いにいきました!

 

お支払いの時に・・

500円玉を500枚出したら・・

 

嫌がられますよね(笑)

 

 

50万円貯まるバンク ゴールド

 

これ、お店の人の立場になってみてください。

 

 

え??

500枚あるかどうか、数えなきゃいけないの??

 

これって営業妨害じゃ・・

 

そう感じちゃいますよね。

 

 

まあ500円硬貨ならかわいいもんかもしれないですが、

 

たとえばコンビニでの500円の支払いで

 

1円を50枚と、5円を30枚、10円を30枚

とかで、出されたら・・

 

なんじゃこりゃ!?ってなります。

 

 

こういう小銭・硬貨をたくさん、多い数で出された場合も

お店は何も言わずに数えて受け取らなきゃいけないんでしょうか・・??

 

 

 

実は、これは、法律で「何枚まで」というのが決まってるみたいです。

 

※専門家ではないので、参考程度に

 

⇣ こちらの「第7条 法貨としての通用限度

通貨の単位及び貨幣の発行等に関する法律,(略)通貨法,通貨単位貨幣発行法

 

貨幣は、額面価格の20倍まで

を限り、法貨として通用する。

 

ということで

20倍までしか、強制的な通用力はないということ。

 

 

つまり、どの硬貨も20枚までしか同時には使えないということです。

 

 

まあ・・「同じお金なんだから、受け取りなさいよ!!」っていう

モンスターカスタマーもいそうですけど、

そもそも、両替するっていう努力ぐらいは、使う側にも必要でしょう

ということです。

 

まあこういう決まりがないと、際限なくなっちゃいますからね。

 

 

ただ、たとえば100円を21枚とか

まあそれぐらいだったら受け取ってあげてほしいなとは思います。

 

 

あくまで常識的な範囲で、お金のやり取り、お支払いは行いましょう!!

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+