読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

チンギスハン(ジンギスカン)の墓は今も見つかっていない、その理由は?

歴史

スポンサーリンク

モンゴルの偉大な王、

チンギス・ハーン

 

かなり広大な領土をおさめた

今もモンゴルでは英雄として讃えられている人です。

チンギスカンとモンゴル帝国 (「知の再発見」双書)

ちなみに

最近だと「チンギス・カン」と呼称されることが多いみたいです。

 

あれ?でも昔はよく「ジンギスカン」って聞いたし

でもチンギス・ハーンのような、チンギス・カンのような・・

 

ということで、

名前についてはこちらで詳しく書かれてます。

 

チンギス・カン - Wikipedia

 

この、チンギス・カンさんのお墓って

そういえば聞いたことないような・・

 

あれだけ有名な人のお墓を、誰も知らないなんてことは・・

やっぱり後の時代の人に盗掘されてたりするのかな・・なんて思ってたんですが

 

と思ってたら、NHK−BSプレミアムで

東出昌大さんがモンゴルにいって撮影した

「史上最大の謎 チンギス・ハンの墓 〜俳優・東出昌大がモンゴルの大地を行く〜」

という番組が放映されてました。

 

 

「史上最大の謎」ということで

実は、いまだにみつかってない

 

というか、むしろ完全に隠されていたということを初めてしりました。

 

まあ、もともと世界史とか外国の歴史にはうといので

よく知らなかったんですけど。

 

 

とにかく埋葬されたときから隠されていたみたいで、今もわかっていない。

 

 

でもそうはいってもどうやって隠してたのか・・という点について

この番組で言ってました。

 

まあ伝説の1つということみたいですが。

 

 

隠すために

チンギス=ハンの葬列、埋葬するために運んでいた際、

それを目撃した人や関わった人を次々にころしていったとか。

 

なるほど・・そういう方法で隠したわけですか・・。

 

 

さらに、昔のモンゴルでは、埋葬されたあとに

それを隠すために、墓標など立てず、

埋葬したところを馬で踏み固めて、完全にわからなくしていた

という話もあるみたいで。

 

馬1,000頭で踏み固めた

という話も残ってるみたいです。

 

 

そこまでして頑張って隠している王の墓ですから

 

今のモンゴルの人たちも

「成吉思汗(チンギス=ハン)の墓は暴かないでほしい」という気持ちをもっているみたいです。

 

つまり、こういう気持ちでいる人がけっこういるということは

その時代にも知っている人がいたとしても、誰にも言わずにこの世を去っていったのかもしれません。

 

もしくは、誰かには伝承されてたりして・・

 

 

とはいうものの、チンギス・カンの霊廟などはみつかっているようで

きっとその近くであろうというところまではある程度予想がついているとか。

 

その発掘には日本の研究チームも関わっているみたいです。

 

 

チンギスカンの墓がわかることはきっと

世紀の大発見と言えると思います。

 

生きてるうちに・・みつかったら、いいなぁ〜〜

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+