読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

東京の地下鉄WiFi無料、接続設定方法・使い方(東京メトロ・都営地下鉄主要駅)。外国人向けだけど日本人も問題なく利用可能!!

iPhone Android 鉄道 インターネット

スポンサーリンク

東京オリンピックが日本・東京にやってくるのにそなえて

外国人観光客への対応に力を入れはじめた・・東京。

 

外国人旅行者の間でよく話題にのぼっていたのが

「日本は無料で利用できるWiFiが少ない」ということ。

 

海外はもっと多いんですかね??

まあセキュリティの問題はけっこうあるんですけど

旅行者が海外でインターネットを・・となると

やっぱり無料Wi-Fiは必須といえます。

 

スマホもってきても、携帯通信キャリアとの契約が必要だと使いづらいし。

 

で、これまで存在している無料Wi-Fiがあっても

登録が煩雑だったり、外国語対応してなかったりで

外国人は使いづらいものでした。

 

東京の地下鉄、東京メトロも「MANTA」という無料WiFi接続アプリを提供して

各駅に無料ワイファイを設置してましたが

これを変更して、今後はより使いやすいものに変わりました!

 

2014年12月1日から・・なので、

もう始まってます。

東京の地下鉄、無料WiFi化

 

外国人向けですが

日本人も問題なく使えます!

 

NTT-BPという会社が提供しているものみたいです。

利用できる場所は地下鉄だけでなく、いろんなところに広がってるみたいですね。

f:id:AR30:20141202210326p:plain

 

とりあえず、日本人も

 

携帯キャリアの、4G通信・7GB制限に苦しめられていますし(笑)

WiFi使えるところは使った方が良いかと・・。

 

ということで、設定方法と使い方をまとめました。

 

 

★東京の地下鉄WiFi無料、接続設定方法・使い方

 

まず使用するアプリは「Japan Connected-free Wi-Fi

 iPhoneなら、こちらのApp Storeから。

Japan Connected-free Wi-Fi

Japan Connected-free Wi-Fi

  • NTT Broadband Platform, Inc.
  • 旅行
  • 無料

 

Androidなら

Japan Connected-free Wi-Fi - Google Play の Android アプリ

からどうぞ。

 

インストールしたら、まずは利用登録。

f:id:AR30:20141202205245j:plain

ややこしいことはありません。

メールアドレス・名前・年齢・性別を入れます。

正直・・メールアドレス以外は

適当に入れても問題ないと思われます。。

 

これだけ登録すればOK。

 

 

使い方としては

地下鉄の駅についたら

 

WiFiの設定画面へいって

使用するネットワークから

 

都営地下鉄なら「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」

東京メトロなら「Metro_Free_Wi-Fi」

 

を選択。

 

そのあと、「Japan Connected-free Wi-Fi」を開いて

「インターネット接続へ」をタップすればOK。

 

 

1回設定すれば、次回以降はきっと

駅に来るたびに勝手に

「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」

「Metro_Free_Wi-Fi」

のネットワークをつかんでくれると思うので、

アプリを立ち上げて「インターネット接続へ」をタップするだけ・・になります!

(iPhoneの場合。Androidだと・・ネットワークの自動選択はされない?)

 

 

ちなみに、アプリをダウンロード・インストールせずに

WiFiで

「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」

「Metro_Free_Wi-Fi」

に接続して、そこから登録して使うことも可能。

 

その場合の使い方としては毎回、メールアドレスを入れて

ログインして使うことになるみたい。

 

 

この地下鉄WiFiは、電車の乗車中は使えないと思った方が良い。

多少電波を拾ったりするけど・・移動中はまともに使えない。

あくまで駅にいるときに使える、と思っておこう。

 

 

以前の東京メトロの無料WiFi「MANTA」だと

1回15分、1日6回(だったかな?)というような制限があった。

 

今回のものは

1回3時間、1日の制限回数は無し

 

というものなので、なんとも使いやすい。

 

 

地下鉄のポスター等では、あくまで外国人向け・・な案内のされ方がしてるけど

日本人も全く問題なく使えます!!

 

 

ちなみに、全駅で使えるわけではなく

この記事の公開時点では「主要駅」で使用可能とのこと。

使える駅、使用可能駅はこちらです。

 

f:id:AR30:20141202210433p:plain

 

ドコモ・au・SoftBank、どの携帯キャリアも通信量には制限があるので

無料で使えるWiFiは、うまく活用しよう!!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+