読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

旬数とは?JR定期券の区間変更・払い戻し時等の旬計算方法

鉄道

スポンサーリンク

旬数(じゅんすう)という言葉を知ってますか??

これ、日常生活ではあまり使わない言葉だと思います。

 

使うことがあるとすると・・

鉄道会社で定期券を払い戻す場合とか。

 

それも「区間変更」をするための払い戻しの場合。

単なる払戻しのときは旬数は関係ないです。

 

【映画パンフ】鉄道員

 

例えば、

JR東日本:きっぷに関するご案内

定期券の区間変更はできません。新しい区間の定期券をお求めいただき、古い区間の定期券は払いもどしをいたします。この場合の払いもどし額は、発売額からすでにお使いになった旬数(10日を1旬とし、1旬に満たない日のは数は1旬とします)に定期運賃の日割額を10倍した額を乗じた額と手数料220円を差し引いた残額です。
払戻額=定期券発売額-(使用した旬数×定期運賃の日割額×10)-手数料220円

 

もうひとつ、例


通勤・通学定期券|東京メトロ

乗車区間の変更
新たにご希望区間の定期券をお求めいただき、不要となった定期券を下記のとおりの方法で払い戻します。

払戻金額=定期旅客運賃-(1旬単位【1旬未満の場合は1旬使用したものとします】で使用した分の運賃+払戻手数料220円)

※注意旬とは、1か月を3分した、10日を基準とする単位です。ただし、ひと月の日数が30日でない月の月末を含んで旬を計算する場合、1旬が10日とはなりません。(実日数に関わらず、10日とみなします。)
例:1月10日から1旬…1月10日~1月19日、2月25日から1旬…2月25日~3月4日、8月25日から1旬…8月25日~9月4日

 

東京メトロのサイトに「旬」のこと、詳しく書いてありますね。

 

要は、区間変更の時の定期券の払戻は

使用した期間を旬数で計算して、その分と手数料を引いた額が戻ってくる

そういう計算になるみたいです。

 

ただ、この旬数がわかりづらい。。

 

簡単に言うと

 

旬とは

10日単位

 

1旬=10日間

 

ということなんですけど、

実はそう単純でもなくて。

 

 

もう少し別の言い方をすると、

次にくる、日付の1の位が同じ日が、次の旬の始まりの日

 

たとえば、13日からの旬だと

13日〜22日 の10日間が1旬です。

23日〜2日 が2旬目。

 

でも、待ってください。

 

月末が30日の月と31日の月がありますよね?

そして2月は28日とか29日になる。

 

23日〜2日 の1旬 って

 

月末が28日 → 8日間

月末が29日 → 9日間

月末が30日 → 10日間

月末が31日 → 11日間

 

日数が違う・・(笑)

 

え??

って思うわけですけど、

これは、日数が違っても、これで合ってます!!

 

基本的には旬数とは

1ヶ月を3分割した10日間単位のことなんですけど

必ずこのルールにのっとって計算されるので

10日間にならなくても、これが正しい数え方・計算方法です。

 

わかりやすいように、他にもいくつか例を。

たぶん・・・合ってると思うんですけど、間違ってたら・・教えてください!!

 

 

19日からの1旬

 

月末が28日 → 28日まで ※2月のみ、3月1日から次の旬(3月8日まで)

月末が29日 → 28日まで ※うるう年の2月のみ、2月29日から次の旬(3月8日まで)

月末が30日 → 28日まで 29日から次の旬(8日まで)

月末が31日 → 28日まで 29日から次の旬(8日まで)

 

20日からの1旬

 

月末が28日 → 28日まで ※2月のみ、3月1日から次の旬(3月9日まで)

月末が29日 → 29日まで ※うるう年の2月のみ、3月1日から次の旬(3月9日まで)

月末が30日 → 29日まで 30日から次の旬(9日まで)

月末が31日 → 29日まで 30日から次の旬(9日まで)

 

21日からの1旬

 

月末が28日 → 28日まで ※2月のみ、3月1日から次の旬(10日まで)

月末が29日 → 29日まで ※うるう年の2月のみ、3月1日から次の旬(10日まで)

月末が30日 → 30日まで 1日から次の旬(10日まで)

月末が31日 → 31日まで 1日から次の旬(10日まで)

 

 

2月がどうしても旬数計算で損をするような感じがしちゃいますが

月末が31日の大の月は得をするので

損をするよりも得をする機会の方が多いですよね。

 

ということで、

普通に生活してたらあまり気にすることがない・・

けど、知りたい人は知りたい、

旬のお話でした。

 

これ、鉄道会社が勝手に言ってることではなくて

民法で決まってることみたいですよ。

第何条か・・とか知らないんですけど(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+