読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

カビの生えた餅は食べられるのか、食べれる?餅を保存する食べ方とは。鏡餅

食べ物

スポンサーリンク

年末にお餅をついて、お正月にはたくさんのお餅を食べる。

そういう家も多いと思います。

 

まあ最近は減ったかもしれませんが・・

 

昔は祖母がよく大量に餅をついて分けてくれました。

でも、手作りのお餅は・・カビが生える(笑)

 

当たり前ですよね、保存料とか使ってないし。

 

一番よく覚えているのは

鏡餅ですかね。

 

一定期間、飾っておいたあと

最後に食べる。

でもその頃には・・

カビが生えていたり。

 

 

で、よく昔はその黴がはえたお餅、

あらゆる手段を使って食べたりしてたんですが・・

そもそもかびが生えてしまったお餅は食べてもいいんでしょうか(^_^;)

 

切り餅 パリッとスリット 1kg

 

 

結論から言うと

 

カビの生えた餅は

食べてはいけないそうです

 

え〜〜!?

 

けっこうびっくりする結果ですが、

実は身体にわるいらしいんです。。

 

ショック・・

 

ていうか、食べても基本的に大丈夫だったんですが・・

 

 

というのも、

まあ同じものを食べても食中毒になる人ととならない人がいるのと

同じなのかもしれません。

 

また、ある程度耐性ができてしまってたのかも。。

 

 

カビが生えたおもちを食べてはいけない理由ですが

 

簡単にいうと

 

目にみえているカビというのは、カビの一部でしかなく

みえるレベルに成長しているカビは、餅の内部にまで深く侵入しており

それを取り除いて食べるのは不可能ということ。

 

また、そのカビは青カビであることが多いそうですが

20種類ものカビが生える可能性があるらしく、

 

中には発がん性があるとかんがえられるカビもいるとか。

 

詳しくはこちらにも。


お餅のカビって食べても大丈夫? : 食生活Q&A :料理家のレシピならミスビット

 

 

ということで、健康のためには

カビが生えた餅を食べるのはやめておきましょう!!

 

やめておくのにこしたことはありません。

 

 

え〜〜〜!?もったいない!!

と怒る人もいるかもしれませんが、であれば、まずはカビが生えない食べ方

保存方法をとりましょう!!

 

それは一番良いのは冷凍だと思います。

冷凍すればかなり長くもつと思われます。

 

悪くなってから冷凍したらダメですよ。

とりあえず長い間食べないと思われる分はすぐに冷蔵しましょう。

 

あとは「水餅」にするのが良いそうです。

これは水につけて保存する方法だそうですが・・

たぶん、室内温度が高い場合は良くないと思われます。

 

水餅にする場合は正しい方法を調べてからにしましょう!

 

 

カビが生えてから水につける

そういう手順をふんでいた人もいるみたいですが

これはたぶん、カビを取り除くことはできないはずなので

やめた方がいいです。

 

 

また、カビも20種類もあると熱にかなり強いものもあるので

焼いたり煮たり揚げたりしても

100%除去は不可能なので、調理法ではどうにもならないと思った方が無難でしょう!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+