ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

半数の人はこの年齢まで生きる、日本の寿命中位数は?

平均寿命っていうのは、実はその年令まで生きている人が半分いるってことではなく

いま0歳の人がだいたい何歳まで生きると想定できるか・・というもの。

 

では、実際のいまの日本で

半分の人がこの年令まで生きる!

 

これは「寿命中位数」というそうです。

 

ではそれは、いったい何歳なんでしょうか。。

それってよく考えたら、ちゃんと聞いたことないなと。

 

実は・・厚生労働省のホームページに

そのデータがありました。

 

 

(単位:年)
和暦
昭和22年 59.28 64.45
25-27 67.22 71.31
30 69.79 74.19
35 70.66 75.44
40 72.00 77.04
45 73.10 78.19
50 75.31 80.17
55 76.69 81.75
60 78.06 83.38
平成2 79.13 84.71
7 79.49 85.73
12 80.74 87.41
13 81.08 87.72
14 81.28 88.02
15 81.35 88.09
16 81.57 88.34
17 81.56 88.34
18 81.94 88.61
19 82.11 88.77
20 82.21 88.83
21 82.55 89.20
22 82.63 89.15
  • 注:1) 平成12年まで及び平成17年は完全生命表による。
    2) 昭和45年以前は、沖縄県を除く値である。


寿命中位数等生命表上の生存状況|厚生労働省

 

 

これ、けっこうびっくりじゃないですか!?

 

半分ですよ!

 

平成22年のデータで

男性 82.63歳

女性 89.15歳

 

までは、半分の人が生きている

 

ということが出てます!

 

「平均寿命」のデータみるよりもこっちの方が衝撃的(笑)

ひなぴし 顔だけ黄色い人 テーマパークのブログ 鉄道のブログ 日本史のブログ
このブログへメール 削除依頼について