読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

乗車率100%は通勤列車と新幹線とでは違う、100%以上で運行して良いのか

スポンサーリンク

混雑率100%というのは通勤列車ではよく聞くと思います。

その通勤や通学のための電車の乗車率100%というのは

どういう状況を想像しますか??

 

かなり多い乗客を想像するのでは・・

 

では、新幹線や特急の場合はどうか・・

 

おとなの鉄道図鑑―新幹線、特急列車、通勤電車、寝台特急、蒸気機関車… (Gakken Mook)

 

乗車率の定義というのは、実は

通勤・通学列車と

新幹線・特急では

違う・・そうなんです。

 

知らなかった。。

これを知らないと、間違って状況を想像しちゃいますもんね。

 

 

★通勤・通学列車の乗車率(混雑率)

 

※国土交通省

 

「100%」

定員乗車(座席につくか、吊革につかまるか、ドア付近の柱につかまることができる)。


「150%」

広げて楽に新聞を読める。


「180%」

折り畳むなど無理をすれば新聞を読める。


「200%」

体がふれあい相当圧迫感があるが、週刊誌程度ならなんとか読める。


「250%」

電車がゆれるたびに体が斜めになって身動きができず、手も動かせない。

 

 

でもこれはあくまで「通勤・通学列車」です。

100%の時点で、「つり革につかまる」など、立ち客が含まれてますね。

 

つり革につかまったり、ドア付近の柱につかまったりして乗車するのも

通勤電車だと、普通の乗り方ってことになりますね。

 

 

★新幹線・特急の乗車率

 

新幹線や特急は着席での乗車が前提の電車なので

「座席数=定員」です。

つまり、座席が全て埋まった状態が100%です。

 

だから新幹線で言う100%と、

通勤電車の100%は全く意味が違いますね。

 

 

★乗車率100%以上で運行して良いのか

 

乗車率100%を「定員ちょうど」と考えた場合

乗車率100%を超えた状態は、定員を超えて運転していることになります。

 

では、定員を超えた状態で運行して良いのかというと・・

 

例えば、飛行機や船、クルマは定員厳守ですよねー

 

電車は・・というと。

 

これ以上乗っては危険という定員は「保安定員」というそうです。

 

鉄道の定員は「保安定員」ではないそうです。

通常運行に支障がない定員を示した「サービス定員」だそうです。

 

 

ということで。

 

電車は、乗車率100%というのは

サービス定員を超えた状態で走っているというだけで

危険、ということではないみたいです。

 

まあ危険だったら・・ありえないですよね(笑)

公共交通機関って言われてるし。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+