読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

七草粥の由来・レシピ・作り方・七草とは・歴史・いつ食べる?

食べ物

スポンサーリンク

1月7日といえば、七草粥(ななくさがゆ)みたいです。

 

実は・・ぼく、あんまり七草粥を食べた記憶がありません(笑)

なんでしょう・・七草って何??

って感じだったので、それらをそろえることが難しい・・

というか手間だと思ってしまったのか(笑)

 

今まで真剣に考えたことなかったです。

 

ということで、ちょっと調べてみましたよ。

 

f:id:AR30:20150106221816j:plain

 

 

★七草粥とは、七草粥の由来、いつ食べる?

 

そもそも、七草がゆとはなんぞや??

 

「人日の節句(1月7日)の朝に食べられている日本の料理」

ということだそうで。

なんと、朝食べるんですねー。

 

人日の節句とは

古来中国では、正月の1日を鶏の日、2日を狗(犬)の日、3日を猪(豚)の日、4日を羊の日、5日を牛の日、6日を馬の日とし、それぞれの日にはその動物を殺さないようにしていた。そして、7日目を人の日(人日)とし、犯罪者に対する刑罰は行わないことにしていた。

人日 - Wikipedia

 

ということだそうです。

 

中国ではこの人の日に、七種類の野菜を入れた羹(あつもの、とろみのある汁物)を食べる習慣があって、これが日本に伝わって七草粥になった、

これが七草粥の由来みたいです。

 

人日の節句は七種粥を食べることから「七草の節句」とも言うらしいです。

日本での歴史としては、平安時代ぐらいから行われていたとか。

 

江戸時代においては、将軍以下すべての武士が七種粥を食べていたそうですよ。

 

七草粥を何のために食べるのかというと、

一年の無病息災を願うという意味や、正月のごちそうやお酒で弱った胃をいたわる意味もあるとか。

 

 

★七草とは

 

地方によって用意できるものが違うため、

かなり差があるらしいです。

 

ですので、結局のところ、用意できるものを用意する

みたいなものになってるみたいです。

 

場所によってはもっと多くなったり、少なくなったり。

 

七草がゆ - Wikipedia

 

関東地方だと・・

ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロ

 

早春にいち早く芽が出る植物たちのため、

邪気を払うと信じられており、無病息災を願って食べられたとか。

 

昔は、1月6日の夜にまな板の上にこれらの七草を並べ

歌をうたいながら、トントントントンとたたいて刻んでいったそうです。

叩く回数もきまっていたとか。

 

実際、ハーブのような草たちみたいなので

胃腸にもとても良い効果があるらしいです。

 

 

★七草粥のレシピ・作り方

 

最近は、1月7日が近づくと「七草粥パック」みたいな

七草が入ったセットがスーパー等で売られています。

そういうのを買ってきて作るのが、一番手っ取り早いでしょう。

 

ちなみに、本当は1月7日の朝に食べるそうですが(笑)

胃を休めるため・・という意味では、昼や夜でもいいんじゃないでしょうか。

 

おすすめの七草粥レシピはこちらです。

 


炊飯器で簡単に♪七草がゆ by こまつた [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが192万品

 


✿トロ~リとヘルシー簡単❀健康✿七草粥 by キョク [クックパッド] 簡単おいしいみんなのレシピが192万品

 

 

あんまり手間がかかるようだと作るのが

イヤになりますからね。

 

できるだけ、簡単に作っちゃいましょう!

 

 

季節の決まった行事を家でやるのは

その季節を家族で楽しむこともできますし、

 

また、そもそも意味があって行われてきたものですから

身体にもいいわけです。

 

日本にいるからには、日本で古来から行われてきたこの習慣を

楽しもうじゃないですか!?

 

 

明日の朝は・・無理そうだけど(笑)

夜ご飯にでもやってみようかなー

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+