読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

年収から手取り額面を計算・割合、年収・月給・手取りの違いは?人に伝える時は総支給?どっち?

労働者

スポンサーリンク

年収から手取り額面を計算・割合、年収・月給・手取りの違いは?人に伝える時は総支給?どっち?

 

最近、残業手当をつけなくする制度の話とか

正社員を減らそう、解雇しやすいようにしよう

というような話とか、いろいろ聞くようになりました。

 

だから、というわけではないんですが

給料について今一度考えてみたいなと。

 

 

そこでとても基本的な、給料のことをいろいろ調べてみました。

 

年収が上がらなくてもお金が増える生き方

 

★年収・月給・手取り額の違いは?

 

年収というのは、年間の収入です。

これは誰でもわかると思います。

 

なので、月収というと、それは月間での収入です。

 

 

じゃあ「月給」は「月収」とどう違うのか。

 

月給=

基本給+毎月固定で支払われる手当

 

なんです。

固定で支払われる手当というと・・役職手当みたいなものです。

 

逆に固定じゃない手当というと・・残業手当とか通勤手当などです。

これらは月によって変化すると思われます。

月給には変化する分の手当は含まれていないということ。

 

月収というのは全て含んだ収入分です。

 

 

だから年収も、年間の収入全て含んだもので、月収とは年収を

12分割したものです。

 

 

じゃあ「手取り額」はというと

 

手取り額=月給ー源泉徴収額

 

=銀行に振り込まれる金額

=使える金額

=可処分所得

 

こんな感じです。

源泉徴収額に含まれるのは・・社会保険料や住民税、所得税などです。会社によっては他にもあるかもしれないですね。(組合費とか)

 

 

★人に給料を教える時は総支給で言うべき?手取りで言うべき?

 

たとえば、「総支給で教えてください」とか「手取りで教えてください」と言われたら

そのままそれをお伝えすればよいのですが、

「収入を教えてください」みたいに聞かれたとき、あれ・・?どっちを言えば・・

となるかもしれません。

 

が、通常は

上で言う「年収」、いろいろ引かれる前の「総支給額」を答えるべきです。

源泉徴収票の「支給額」欄にあるもの。

 

使える金額はこれだけだし・・と手取りで教えてしまうと

相手は総支給で答えてくれているものと思っているので、

かなり少なく伝わってしまいます。

 

住宅ローンの申し込みやクレジットカードの申し込みのときにも

通常は、年収・総支給額を記入することになります。

転職の面接で聞かれるのも基本は総支給額みたいです。

 

引かれる金額は地域や会社でまちまち・・

なので、引かれる前の金額を言う、というのを基本で覚えておきましょう。

 

 

★年収から手取り額面を計算、早見表

 

だいたいの目安金額だけ一覧にして書き出しましょう。

一覧表・早見表です。

 

 

 

前提:

扶養家族が0人の場合

40歳未満の場合

 

年収        手取り額

300万       約240万円

400万       約320万円

500万       約400万円

600万       約470万円

700万       約540万円

800万       約610万円

900万       約680万円

1000万        約750万円

 

扶養家族が1人〜4人の場合や、もっと詳しい金額は下のリンクで確認できます。

http://www.fpoffice.biz/_userdata/nensyuubetsuhayamihyou.pdf

 

扶養が増えれば、それだけ税金の額が減るので

手取り額は増えていきます。

 

お子さんや奥さんなど・・

扶養の人がいれば、それだけ生活大変ですしね。

 

 

なんか・・250万円も差し引かれるとすると

1000万稼いでもな~と思う部分もあります(笑)

 

1000万円以上の年収がある人は、全体の3%ぐらいしかいないそうですけど。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+