読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

今後の最新の記事は、ほとんど、顔だけ黄色い人というブログで公開しています。このブログもたまに更新します(笑)

正式国名「日本」読み方は、にほん・ニッポン、どちらが正しい?

今日、テレ朝の池上彰さんの番組で、

日本に関するいろいろなことを教えてくれる

 

というものがやってました。

 

その冒頭であった話。

 

 

「日本」の正式な読み方は

にほん

ニッポン

どっちが正しいのか

 

にほんとニッポン ―読みとばし日本文化譜

 

読み方・・微妙ですよね(笑)

 

微妙というか、どちらも使ってる人が多いのではないでしょうか。

 

 

じゃあ、正式な国名としてはどちらかというと・・

 

ちなみに、スタジオにいた芸能人の方々は全員

「ニッポン」が正しいのではないか、という意見でしたが・・

 

 

正解は

 

 

にほん、でも、

にっぽん、でも

 

どちらでも良い

 

なんじゃ、そりゃ!!

ってなりそうですけど(笑)

 

 

これってすごく不思議なことですよね。

日本人でも不思議に感じるぐらいですから

外国の人からしたらもっとじゃないでしょうか。

 

たぶん海外には読み方が2つもある国なんて無い気がします。

 

 

じつは昭和の初め頃に一度

国名の読み方は「にっぽん」に統一しよう

という動きがあったそうなんですが

 

結局完全な統一はされることなく・・

 

 

そしてつい最近・・といってももう6年前ですかね?

 

2009年の麻生内閣の時に

ある議員から国会で「日本の国号、国名の読み方を統一する意向はあるのか」

という質問が出され、その時の内閣が

 

「日本」の読み方について、「にっぽん」「にほん」という読み方の両方が広く通用しており、どちらか一方に統一する必要はない

 

という答弁の内容を閣議決定したとか。

 

ということで、正式に読み方が2つあるってことになったんですね。

 

なんだか不思議・・

 

 

でも、そういうところが日本らしい気もします。

 

「あいまい」な感じというんでしょうか。。

 

 

曖昧なのは良くないこともありますが、こういうあいまいさはあって良いものではないかなと思いました。

 

「にほん」にも「にっぽん」にもきっと読み方として愛着がある人はいるでしょうし。

そういう人たちまで強制的にどちらかの読み方へ変えろ!!っていうのもねぇ・・

 

まあ、統一されてないのはやっぱりおかしい

そういうところから意識統一しなければ

 

みたいな意見もありそうですけど。

 

今までこれでやってきたのに、現実問題として困ってないわけだから

変える必要もないでしょう??

 

と、ぼくはそう思います。

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について