ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

科学的に、料理の塩分濃度はどれくらいの量・割合が人間にとって美味しく感じるのか

こちらも林修の今でしょ!講座からの情報です。

料理に使うお塩、

その塩分の濃度って、いったいどれくらいが

人間にとって美味しく感じる割合なのか。

 

割合がわかれば、量もわかりますよね。

食卓塩 100g×10本

 

★人間が美味しいと感じる塩分濃度

 

結論から言うと

塩分は料理の全体量の

0.8〜0.9%が適量

 

だそうです。

 

 

★なぜ0.8〜0.9%なのか

 

人間の体内の塩分濃度がそれぐらいだそうで

それぐらいの濃度の塩を摂取するのが一番身体に適切で

美味しいと感じるのだそうです。

 

 

ということで、

たとえば120gのハンバーグなら

120✕0.8=0.96g

約1gの塩が適量だそうです。

 

 

なるほど。

科学的に考えれば、一番の正解が導きだせる

ということですね。

このブログへメール 削除依頼について