読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「ソロモンの偽証 前編・事件」感想・口コミ・評価・評判・レビュー・あらすじ・ネタバレ・見どころ、藤野涼子・尾野真千子・佐々木蔵之介・永作博美・夏川結衣・松重豊

映画

スポンサーリンク

映画「ソロモンの偽証 前編・事件」感想・口コミ・評価・評判・レビュー・あらすじ・ネタバレ・見どころ、藤野涼子・尾野真千子・佐々木蔵之介・永作博美・夏川結衣・松重豊

 

もう公開されてからちょっと時間が経ってますが。

しかも観に行ったのもすでに2週間ぐらい前。

 

「ソロモンの偽証」を観てきました。

 

何か映画みようかな〜と考えていたときに

ホームページをみて、観ることを決めた作品。

 

原作は宮部みゆきさんの小説なんですね。

 

ソロモンの偽証 第I部 事件

 

 

※ ネタバレあります ※

 

 

 

★あらすじ・ストーリー

記録的な大雪が降ったクリスマスの朝、ある中学校の校庭で2年生の男子生徒・柏木卓也(望月歩)が遺体となって発見される。転落死したと見られ学校と警察は自殺と断定するが、彼は殺されたという目撃者を名乗る者からの告発状が届き、波紋を呼ぶ。マスコミの報道が熱を帯び混乱が深まる中、犠牲者が一人、また一人と増えていった。生徒の一人・藤野涼子(藤野涼子)は保身ばかりを考える大人たちに見切りをつけ、死の真相をつきとめようと動きはじめる……。

 

 

★感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ・見どころ

・主演の藤野涼子さんは、日本映画史上最大規模と言われたオーディションで主役に選ばれたそうです。この作品でデビューとなり、この作品の役名をそのまま芸名にするとか。なるほど、そういうのってどうなんでしょうね?イメージがついちゃうとイヤだ・・とかありそうですけど、こどもの役なんで、それはそれでいいんですかね。

 

・タイトルですが、「ソロモン王」という人は「賢い裁きをする人」や「知恵の象徴」として名前が挙がる人らしく、そういう人の「偽証」ですから・・・自ずと誰が嘘を言ってるのかはわかってくる感じがしますね。

ソロモン王の有名なエピソードは、日本だと「大岡裁き」と言われているものだそうです。

こどもの母親だと名乗りでた2人の女性に「こどもの手を引き合って、自分の方に引き寄せた方が母親だ」と言って、引きあわせた結果、こどもがかわいそうと思って先に手を離した方を真の親だと認定した

この話の人だそうです。

 

・中学生たちがけっこうリアルだなと思いました。オーディションでも演技経験等は関係なく選んだそうなので、変に演じ過ぎない子たちが出演しているのかもしれません。

 

・中学生の自殺を題材にしているんですが、単純ないじめによる自殺・・ということではなく、複雑にからまりあった中学生らしい人間関係が、なかなか見応えがある気がしました。

 

・たしかにこの内容は1作の120分でみせるのは難しいかなと。

ただ、かといってドラマにすると・・正直、テレビ視聴者がついてきてくれるか微妙。

やっぱりテレビは人気俳優が主演にならないような、中学生が主役の話はやりづらいですよね。

そこでジャニーズジュニアとか国民的アイドルが役をやってしまうと

あまりにもリアリティがなくなるし。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+