読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

こどもの写真は意識して泣き顔を撮影する!

育児

スポンサーリンク

これはぼくが実践していることです。

実はこのアイデア自体は自分で考えたものではなくて

あるテレビ番組をみていたら、そういうようなことをおっしゃってた

タレントさんがいたんです。

 

 

うちの子が泣いてるワケ

 

★泣き顔写真をあえて残す親がいるんだ

 

もともとは・・

NHKのたしかゲストを招いて過去の写真をみながら

人となりの話を聞く番組・・トークショー、

 

記憶があいまいですが、

「スタジオパークからこんにちは」

だったんじゃないかと思うんですが。

 

誰がゲストだったのか覚えてないんですけど

その回のゲストの方の昔の写真が、こどもの頃の泣き顔で。

 

そこでそのゲストの方が

「うちのお父さんは、昔からよく私が泣いていると

写真を撮ってくれたんですよ」

とおっしゃってました。

 

意識して撮られてた、というようなお話でした。

 

 

これを聞いてから・・

あ、もし自分にこどもができたら、絶対そうしてあげよう!

と思ったことがきっかけです。

 

 

★幼少期の泣き顔写真はほとんどない

 

自分のこどもの頃の写真をみても・・

泣いている写真ってあんまり無くないですか?

俺って泣いてなかったのか・・

いやいや、そんなわけない(笑)

 

むしろ小さい時は泣いてることが多いはず。

なのに写真や動画は残ってない。

 

なぜか??

 

 

それは、子供が泣いてる時は

その子をあやそうとして親が必死になってるから。

 

早く泣き止ませてあげたい。

泣いてると困る・・から、泣き止ませようと一生懸命になる。

 

 

もしくは、親がその子を怒ってるから。

 

何か悪いことをしてしまったので

親が怒る。

 

 

こういう状況で、さ、写真撮ろう!

って普通はならないんですよね(笑)

だから写真が残ってない。

 

泣き顔写真がけっこうあるよって人は

きっとご両親が意識して撮影されたんだと思います。

 

他の人があまり持ってない、泣き顔写真を持っている。

これって素敵なことじゃないですか?

 

 

★泣き顔も大事な思い出

 

こどもの写真や動画を撮るのって、

成長していく様を記録してあげたい、

大きくなってから自分でみられるようにしてあげたい

そういう気持ちなんだと思います。

 

嬉しい時、楽しい時、がんばってる時・・

などなど。

 

でも、悲しいとき、怒ってるときっていうのも大事な瞬間だと思います。

 

幼児の頃、小学生の頃のその人を表すのに

泣き顔は欠かせないと思います。

 

・・が、あんまり写真は残ってないことが多い。

ので、残されているととても特別な感じがするのではないかと。

 

 

★泣いている時こそドラマあり

 

大人でもそうだと思うんですけど

嬉しいことよりも・・悲しかったことや悔しかったこと、怒ったことの方が覚えてたりしませんか。

 

そこにはドラマがあるはず。

 

なぜ怒ったのか、怒られたのか。

なぜ悲しかったのか、泣いたのか。

 

自分のこどもの頃の写真を見返したときに

泣き顔をみたら・・それこそ気になりますよね(笑)

 

なぜ泣いてたんだろう??

場合によっては覚えているかもしれません。

 

きっと思い返したり、その写真をみながらお母さんやお父さんに話を聞くことで

かなり良い振り返りができるんじゃないかと思います。

 

お菓子の袋を持って泣いてる写真・・

「これ、なんで泣いてるの??」

「それはね、お菓子をもっとちょうだいって言ってきて、ダメって言ったら泣いたのよ」

とか(笑)

 

そういうことで泣いてたんだーみたいな。

 

泣いているときこそ、

記録しておくに値するようなドラマ・事件が起こっていることが多いです。

 

そういう事件を記録しておかないのはもったいない!

 

 

★こどものためだけではない

 

そしてもうひとつ。

泣き顔を撮影する意味は「自分(親)が落ち着く」こと。

 

子供が泣いている状況でやっぱり多いのは、親から怒られている状況。

 

強く怒った時こそ、子供は強く泣きます。

そんな時にどうしても感情的になってしまう・・そんな方には、とくに撮影するのがオススメです!

 

よし、写真を撮ろう!

とその瞬間に思うことができれば、感情的に必要以上に怒ってしまうことはなくなりますし、

 

こどももある意味、切り替えができるようになるかもしれません。

 

ある程度の年齢になってきたら

「泣き顔」写真を撮られるのはイヤだ!と思うようになって

自分から泣くのをやめるようになるんじゃないかとも思います。

 

 

★泣き顔撮影は、難しい

 

「意識できるかどうか」じゃないかと思います。

そういう状況になった時に、お父さん・お母さんが少し冷静に

一歩引いて、「あ、こういう時に写真を撮ればいいんだ」と思うことができれば。

 

それが大事です!

 

こどもの大事な瞬間、

泣き顔をどんどん撮影してあげましょう!

 

動画もオススメですよ。

動画だと、声も残って、

より何で泣いてたのかがわかりやすく残せますし。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+