読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ミネストローネを簡単人気レシピで作ってみた

レシピ

スポンサーリンク

トマトを使ったスープといえば、ミネストローネ。

ミネストローネとは・・

トマトを使った野菜スープのことだそうです。

 

これをできるだけ簡単に作りたい・・

男の料理ですからね・・

あんまり材料も多くなく、手間もかけずに・・ということで。

 

ちなみに、たとえばミネストローネに入れる野菜にはどういう材料を使うかというと

・タマネギ

・ジャガイモ

・ニンジン

・キャベツ

・セロリ

・ズッキーニ

・さやいんげん

・ベーコン

 

などなど。

 

f:id:AR30:20150412145026j:plain

 

あとは、米やパスタを入れる場合もあるみたいです。

こうなると、スープというよりも主食的になりそうですけど。

ありますね、コンビニのカップスープなんかで。

 

ただ、今回はあくまで「簡単に」がポイントですので

材料も極絞っていきます(笑)

 

今回はこちらの人気レシピを参考に作ります。

ちょっとアレンジしますけど。

 

 

cookpad.com

 

【材料】4人分

たまねぎ   1個

にんじん   1個

水      1,200ml

コンソメ   2個(キューブなら)

塩こしょう  少々

カットトマト 1缶

f:id:AR30:20150412141840j:plain

 

カットトマトを使うことでめちゃ楽になります。

ただ、量を少なく作りたい人は・・生のトマトを使うことをオススメします。

缶を使った場合、最低でも4人分ぐらいの量ができてしまうので

かなりの量になります。

 

まあ・・夜も朝も食べて・・とすれば、それぐらい消費できるかもしれませんけどね。

 

野菜たっぷりなので、たくさん作っておいて

毎食つけあわせとしてこのスープを食べるというのもオススメです。

 

 

あと、水は1,200mlとかきましたが

これは元のレシピどおりです。

 

実際には少しとろみがつくぐらい・・でいいかなと思うので

1,000mlぐらいでいいんじゃないかと思います。

 

 

【作り方】

 

あくまで「簡単に作るには」という視点で書いてます。

美味しく作るには、いろいろ手をかけることになりますので(笑)

 

1.野菜を切る

 

にんじんは5mm四方ぐらいに、

たまねぎは荒くみじんぎりにしてください。

 

とはいうものの、別にどう切っても良いと思います!

見た目をどうしたいか、そういうことです。

 

ちなみに、ちょっとボリュームをもたせたいなら

ベーコンなどを入れると良いと思います。

 

 

2.煮る

 

手をかける人は、最初ににんにくを油で炒めて

そこへベーコンを投入、

ある程度炒めたら、水を投入・・という順です。

 

ベーコン・にんにくを使わない人はいきなり水を温めて沸騰させ

そこへコンソメを投入します。

 

そこへにんじん・たまねぎを投入してください。

 

f:id:AR30:20150412141830j:plain

 

たまねぎ・にんじんを入れて煮込んでいたら

灰汁が出るので、気になる人は取りましょう。

ぼくは・・けっこう適当です(笑)

 

しばらくしたら

カットトマト缶を入れます。

 

そして、弱火で煮込みます。

まあ、たまねぎと人参に火が通ったら食べられるので

急ぐ人はそのタイミングで。

 

少し手をかける人は、20分ぐらい煮込むと良いと思います。

 

f:id:AR30:20150412145026j:plain

 

 

3.味付け

 

で、最後に塩コショウで味を整えて完成・・!!

 

 

なんですが、ここで少し工夫。

 

・砂糖

・ウスターソース(なければ、何かソース)

 

を入れます。

 

砂糖は・・4人分なら、大さじ1ぐらいですかね?

ちょっと味に深みが出る感じがします。

 

そして、ソース。

これは・・入れすぎないように。

ほんのちょっと入れてみてください。

 

ほんのちょっとです。

小さじ1か、それより少ないぐらい。

多いと、ソースの味になります(笑)

 

あと、冷凍のコーンを入れても

美味しいですよ。

 

 

これが簡単、すぐにできる、

少しだけ工夫したミネストローネ(トマトスープ)のレシピです。

 

お試しあれ!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+