読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

中島みゆき「麦の唄」公式YouTubeフル動画PVMVミュージックビデオ、NHK連ドラ「マッサン」オープニング曲

音楽

スポンサーリンク

中島みゆき「麦の唄」公式YouTubeフル動画PVMVミュージックビデオ、NHK連ドラ「マッサン」オープニング曲

 

中島みゆき(なかじまみゆき)とは

1952年2月23日生まれ

北海道札幌市出身

本名は中島美雪

工藤静香「慟哭」やTOKIO「宙船」など、

他アーティストへの提供曲でヒットした曲も多い。

 

「麦の唄」ビデオクリップ
 NHK連続テレビ小説「マッサン」のオープニング映像も手掛けた関和亮が手掛ける、「­麦の唄」のもう一つの映像作品。

≪作品コンセプト≫
 「麦」を象徴的に表現するために、「麦」を擬人化します。
 擬人化された「麦」の表現に最適な「影絵」という手法を使い、アナログの味わいを持っ­た作品としています。

≪設定≫
遠い遠い未来、人類が滅びた後に植物たちが知能を持ち得たという架空の設定の中で、擬­人化された「麦」=「麦くん」が旅を続けます。

≪ストーリー≫
何かに導かれるように旅をする1本の「麦くん」。
肩から一台のトランジスタTVをぶら下げています。
トランジスタには人類の残した「唄」が入っています。
旅の途中、「麦くん」にさまざまな困難が降りそそぎます。
「麦くん」は辛くなった時、ぶら下げているトランジスタのスイッチを押します。
そこから聴こえる「麦の唄」…唄に励まされた「麦くん」は再び旅を続けます。

旅の途中、「麦くん」は「麦ちゃん」に出会います。
やがて2人は恋に落ち幸せな時間を過ごします、「麦の唄」を聞きながら…。
突然、幸せな時間を過ごす2人に、北風が、強風、雷などで襲いかかってきます。
「麦くん」は意を決して、北風に向かいます。
戦うのではなく、トランジスタから流れ出る「麦の唄」が北風を包みます。
「麦の唄」は北風の気持ちを癒し沈め、そして穏やかになり北風は消えていきます。 

2人の麦と小さな1人の麦とトランジスタ…。

 

麦の唄(NHK連続テレビ小説「マッサン」主題歌)

 

 

麦の唄

麦の唄

  • 中島みゆき
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

www.youtube.com

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+