読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhoneアプリ「渋滞情報」無料はGoogle Mapsが最強!VICSよりも正確!どうやってるの?仕組みは?Androidも。高速道路・一般道

Google iPhone

スポンサーリンク

iPhoneユーザーで車に乗ってる人は・・

何らかの方法で、出先でも渋滞情報を得たいと思っていると思います。

 

繁忙日に高速道路を走る場合や

一般道路を走っていても、かなりの渋滞にはまってしまったとき。

 

どうやって回避すればよいか・・

 

そんな人は、iPhoneのアプリで渋滞情報をゲットするのがオススメ。

 

といっても、App Storeで検索すると

渋滞情報のアプリってけっこうあったりして・・

どれがオススメか不明・・

 

しかも、アプリによっては

入手する・ダウンロードする段階では無料でも

アプリ内課金があって有料になってしまうものもあるとか。

 

とすると・・いったい一番良い渋滞情報のアプリとは何なのか・・

 

で、いろいろ考えてみたんですが、実は答えは案外シンプル。

しかもけっこうな割合の人がすでに使っているアプリで事足りそうです。

 

 

iPhoneのおすすめ人気渋滞情報アプリは

 

iPhoneのアプリで、無料で入手できて

渋滞情報が正確に得られるものは・・

 

それは

 

 

Google Maps

(グーグルマップ)

です。

 

え?地図アプリでしょ??

 

と思った方は、そういう機能があることに気づいていないんだと思います(笑)

とても簡単に、しかもかなり正確な渋滞情報が表示できます。

 

 

Google Mapsでの渋滞状況の表示の仕方

 

f:id:AR30:20150502151156p:plain

 

これが通常表示のグーグルマップの画面。

 

これの左上、「三」の部分をタップするとメニューが表示されます。

ここで「交通状況」をタップすると・・

 

f:id:AR30:20150502151437j:plain

 

はい、カーナビのように、緑・オレンジ・赤で

渋滞状況が表示されました!!

f:id:AR30:20150502151450p:plain

 

まだGoogle Mapsをダウンロードしてない人はこちらから。

 

Google Maps

Google Maps

  • Google, Inc.
  • ナビゲーション
  • 無料

 

 

グーグルはどうやってこの交通情報を表示してるのか・・

 

もしかしたら、よくあるカーナビ同様にVICSという

道路交通情報システムを使っているかもしれません。

このVICSの情報は、情報を使うこと自体は無料で

受信機があれば誰でも使用できるのだとか。

カーナビはそうやって情報を表示してるんですね。

 

 

が、GoogleMapの渋滞情報は、このVICSのものより正確だ!

という話があります。

 

たしかに、カーナビでは表示できていないところまで表示されていたりするみたいです。

 

 

Googleの渋滞情報収集はどうやってるの?

その仕組みは・・

なんと、みんなが使ってるスマホから、情報を得ているんです。

 

なにそれ、こわい・・

となるかもしれないんですけど(笑)

ギブアンドテイクですよね。

自分の情報を送るかわりに、みんなが送っている情報も反映されて

それで渋滞状況がわかるようになっているという。

 

スマホにはGPSが入っていますから、どこに何台のスマホがいて

どれくらいのスピードで移動しているか

これは特別に情報送信をしない設定にしている人以外は

Google側へデータが送られるようになっています。

(たぶんそれ自体は匿名データだとGoogleは言っていた気もしますが)

 

それによって、

VICSのように、道路上に設置されたセンサーでそれらの情報を検知するよりも

かなり密度が高く、しかも件数多く、

センサーが設置されないような場所でさえも情報を得られるわけですね。。

 

ビッグデータの活用ってやつですよね。

 

ということは、同種のサービスは例えばYahoo!なんかもやってるかもですが・・

たぶんこの位置情報の収集に関してはきっと

Googleが一番進んでいる気がしますので、Googleが最も正確なんじゃないか

という気がします。

 

なので、もしかしたら現状では最強なんじゃないかと思われる

渋滞情報については

無料で使用ができます!

 

iPhoneでなくても、Androidでも同様だと思いますよ!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+