読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

スマホ・iPhone水没復活方法!90%の確率で可能!林先生が驚く初耳学!

TV スマホ iPhone

スポンサーリンク

いまや誰にとっても手放せなくなっているiPhone・スマホ。

どこにでも、いつも持ち歩いているものなので・・やっぱり破損したり

水没したりする危険がつきまといます。

 

破損に関しては、ケースやカバーをつけることで

ある程度は防ぐことができますが・・

 

防水ではないスマホやiPhoneの場合は

水から守るのは非常に難しい。

一応、防水対応のケースっていうのも売ってますけど

これはかなり分厚く、普段使うにはむいてない。。

 

スマホやiPhoneは防水じゃないものが多いですよね。

やっぱり防水仕様にしようとしたら分厚くなってしまうから・・

じゃないかなと。

防水をかなり薄いスマホやiPhoneで実現できたら・・売れそうですよね。

 

ただ、Appleはあんまり防水を必須とは思ってない気が・・(笑)

ということで、iPhoneに防水機能がつくのは相当先かもしれません。

いや・・ないかも。

 

でもやっぱりキッチンのシンクに落としたり

トイレに落としたり、洗面所やお風呂で・・いろんな場面で

水没の危険があります。

 

そんなことないわ〜〜〜と思っていても

ある日突然、そういう事態がやってくる場合があります(^_^;)

 

スマホ・iPhoneが水没した!!

という事件が発生した時に、復活させるには?!

という方法が「林先生が驚く初耳学!」というテレビ番組で紹介されていました。

 

まあ、聞いたことがある人が多いとは思いますが

ぜひご確認ください。

 

お金をできるだけかけず、安く復活させる方法です。

 

修理業者へお願いしたらだいたい1万円ぐらいかかるそうですよ。

水没スマホ・iPhoneの修理。

 

 

★水没したスマホ・iPhoneが壊れる理由

原因は大きく2つ。

スマホ・iPhoneに入ってる電子回路が水に弱いわけではないそうです。

 

1.基盤に水分が残ったまま電気を通すと、ショートして回路が破損してしまう

2.水に含まれる不純物が接触不良を引き起こす

 

こういうことが理由だそうです。

これらをふまえて、水没からの復活方法を!

 

 

★iPhone・スマホ水没からの復活確率70%の方法

電気を通さず、乾燥させる、方法です。

 

これは、全くお金がかからない、自分でできる方法です。

これでうまくいけば・・

 

1.バッテリーを外す

2.タオル等でよく水分を拭き取る

3.自然に乾くのを待つ

 

どうですかね??

1日〜3日間ぐらいでしょうか。

 

乾く、といっても陽にあてたりするのはあまりよくないので

風通しの良い室内の日陰で。

 

注意点としては、絶対に電源を入れたりしないこと。

もし水没した時点で電源入ってたら、切った方が良いと思われます。

水没したら電源を入れない、充電をしない、が大事です。

 

十分にかわいた、と思ったら電源を入れてみましょう。

これで70%の水没スマホ・iPhoneは復活するらしいです。

 

よく「ドライヤーで乾かす」みたいなのもみかけるんですが

あれはあれでたぶん高熱がよくない気がしますので、避けた方が良さそうです。

 

 

★iPhone・スマホ水没からの復活確率90%の方法

もし自然乾燥でもうまくいかない、そういう場合に使ってみたいのが

不思議な液体。

 

これは購入が必要ですが、修理に出すより安いです。

 

 それがこちら

▼▼▼

Reviveaphone 【リバイバフォン】リペアキット◆日本正規版◆

Reviveaphone 【リバイバフォン】リペアキット◆日本正規版◆

 

 ▲▲▲

ここから買えます。

イギリス発の商品だそうです。

 

このリバイバフォンという魔法の液体を使うことで

復活する可能性がかなり高いらしいです。

 

リバイバフォンの使い方は

 

1.付属の袋に魔法の液体を入れる

2.その袋に水没したスマホ・iPhoneを7分間入れる(魔法の液体に水没させる)

3.24時間乾燥させる

 

このリバイバフォンの仕組みは・・

また水没させて・・なぜ復活するのか、という理由は

「不純物を除去し接触不良を防ぐ」からだそうです。

 

これを使う場合もたぶん、水没させてからは

電源を切り、電源は入れず充電も絶対しない、ことが大事でしょうね。

 

 

ということで、

温かく・・というか、暑くなってきて

水辺で遊んだり水に触れる機会が増えてくる時期に

知っておいた方が良い情報でした。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+