読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「脳内ポインズンベリー」感想・口コミ・評価・評判・レビュー・あらすじ・ネタバレ・見どころ、真木よう子、西島秀俊、吉田羊、神木隆之介、古川雄輝、成河

映画

スポンサーリンク

映画「脳内ポインズンベリー」感想・口コミ・評価・評判・レビュー・あらすじ・ネタバレ・見どころ、真木よう子、西島秀俊、吉田羊、神木隆之介、古川雄輝、成河

 

マンガの映画化らしいですが、原作は全く知りませんでした。

映画館の予告で少し気になっていた映画。

f:id:AR30:20150511214949p:plain

なんでもいいから観よう、と思って観に行きました(笑)

「映画館に行きたい」という願望があるんですよね。

映画館へ行く、という行動で、休みを有意義に過ごしたような気になるんですなぜか(笑)

でも、休みの日をつぶすのは・・と思い、休み前日に、

仕事終わりで観に行きました。

眠かったです(笑)

 

原作はこういう絵だそうです。

脳内ポイズンベリー 1 (クイーンズコミックス)

 

 

まず、簡単な感想を。

 

正直、ぼくにとってはめっちゃ面白い映画・・ではありませんでした(笑)

 

「30歳女性」が主人公なので

正直、共感できるような話でもないですし(笑)

 

まあ、仮に30歳女性がみても、主人公が真木よう子さんですからね。

結局「未婚女性」の役とはいえ、かわいいモテる女性ですからねー(笑)

 

誰が「面白い」と思う映画なのかが、いまいちわからないなーと思いました。

 

でも、「とりあえず観る」には決して悪い映画ではありませんでした。

それほどスケールが大きい映画ではないので。

大作を期待していなければ、それなりに楽しめるかなと。

 

 

www.youtube.com

 

 

 

 

 

※ ネタバレあります ※

 

 

 

 

★あらすじ・ストーリー・結末

先日の飲み会で会い少し魅力を感じていた23歳の早乙女(古川雄輝)を見かけた30歳の櫻井いちこは、どうするべきかどうかあれこれ考えた末に、勇気を出して彼に話しかける。あれこれ考えを巡らせながらもついに早乙女とベッド・イン。しかし、いちこの年齢を知り引く彼の様子にショックを受けてしまう。そんな中、彼女の前に頼れる存在である仕事相手、越智(成河)が現れる。脳内会議が紛糾し通しのいちこの恋の行方は……。

 

ざっくり話を書くと、

 

早乙女とはなぜか、毎回トラブルが起きてしまい、仲良く過ごすことができない。

別れよう・・となった時に、越智から告白されそう・・となるも

結局早乙女を選ぶ櫻井いち子。

 

その後、櫻井のしごとがとても順調になり

芸術家の卵のような早乙女とは格差を感じるようにもなり・・

 

と、櫻井の頭の中で

早乙女か越智か、というようなことが脳内会議で話しあわれます。

 

脳内会議では、

5人のメンバー。

 

吉田・・・優柔不断な、多数派に流される議長

池田・・・ネガティブ系女子

ハトコ・・メルヘンチックな女の子

石橋・・・ポジティブ系男子

岸・・・・記録係の初老の男性

 

それぞれが、それぞれの思考のままに

その状況ごとに思い思いのことを言います。

なので、なかなかまとまった意見が出ない。

 

議論が紛糾すると・・

奥の方から急に女性が現れて、議論では出なかった思い切った答えを出す・・

 

最終的には、早乙女とは別れ、越智からも「自分をもてあそぶな!」と怒られ・・

結局は誰とも結ばれません。

 

そして、また新しい恋へと・・

 

 

★感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ・見どころ

 

★「脳内会議」が、ある部屋でずっと行われるのでちょっと舞台的な感じかな・・という感じがしますが、現実パートはふつうのドラマっぽいので・・。舞台的なのは脳内会議のシーンだけですね。

 

★脳内会議の役者さんたちはみんな良い味出していたと思います。とくに神木隆之介さんが良かったかな〜。ポジティブシンキングな役が非常ににあってるなと(笑)吉田羊さんのネガティブも(笑)西島秀俊さんの優柔不断な感じは、あまり他ではみたことがない役柄でしたが、似合ってましたね。セリフの応酬、掛け合いが面白かったです。

 

★ぼくからすると、ちょっと主人公のイメージが真木よう子さんだと・・違うなぁ〜と感じました。決して演技はわるくなかったんですけどね。なんというか、綺麗すぎたんですかね。まあ正直、モテまくるはずだよね、あの見栄えだったら、と(笑)あと、真木よう子さんの場合は・・やっぱり「強い」女性のイメージが強すぎて、今回の「ちょっと抑え気味」な感じの役は・・うーん・・という感じ。本当の真木さんはどういう方なんでしょうか(笑)

 

★全然本編とは関係ないんですけど、気になったのが真木よう子さんの歯並び(笑)よくポスターとかでみると別に歯並び悪い印象なかったんですが、下の歯の歯並びがわるいのか??と映画をみていて思いました。で、こういう写真もみつけました。

f:id:AR30:20150511221925p:plain

この映画の中でも、何度かみえたのですが、やっぱり下の歯の歯並びがよくなかった気が。

女優さんだと珍しいですよね。。差し歯とかにして綺麗にしそうなのに。

でも、逆にチャームポイントだったりするんでしょうか。

強い女性を演じるにはこの方が良いのかも?

ポスターとかで写る時に笑顔を作っても、たいてい上の歯しか写らないですからね。

上の歯並びは綺麗なようです。

 

★もうひとつ、この映画は「東急東横線」の映画です(笑)中目黒、下丸子が何度も出てきます(笑)途中、それを演者が連呼するシーンも(笑)沿線に住んでいる人は・・なんだか身近に感じられるんじゃないでしょうか。

 

★設定が面白い映画ではあるんですけどね。気楽にみられるコメディ映画でした。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+