読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

広東麺を人気簡単レシピでの作り方!あんかけおすすめラーメン、読み方は?

レシピ

スポンサーリンク

広東麺って知ってます?

「かんとんめん」と読むそうです。

 

これ、日本名でいうと

「五目ラーメン」こんな感じですかね。

 

広東麺は、中国の南部・広東地方で食べられている料理だそうです。

野菜や豚肉を炒めたものに片栗粉をからめて、醤油ラーメンにのせて食べる料理。

 

上にのってる具は、八宝菜・・というか、

中華丼の具、というか、そういう感じのものですね。

f:id:AR30:20150527093918j:plain

 

ちなみに、似たような料理に、横浜生まれの

「サンマーメン」というのもあります。

ニュータッチ 凄麺 横浜発祥サンマー麺 93g×12個

こちらは

基本的にはもやしを炒めて片栗粉でからめた具だそうですが

キャベツとかかまぼことかが入ったり、豚肉も入ってたりして・・

そうすると、あんまり広東麺とは変わらないものになりますね(笑)

 

 

もやしが中心になるかどうか、ぐらいですかね?

広東麺とサンマーメンの違いは。

 

でも、広東麺にもやしを入れてもいいでしょうから、

まあ正直、それほど大差がない料理かなという気もします。

 

横浜生まれの、もやし中心のあんかけラーメンは

「サンマーメン」と認識しておけばよいのかなと。

 

 

広東麺の材料(1人分)

あえて1人分で書いてみます。

2人分なら、倍にして作ってみてください。

 

・もやし  1/3袋

・きくらげ 1/3袋

・たまねぎ 1/4個

・にんじん 1/4個

・白菜   1/24個

・豚肉   50g

・うずら卵 2〜3個

・市販の醤油ラーメン 1個

・片栗粉  おおさじ1

・水    150ml

・ウェイパー

・塩コショウ

・砂糖

 

うずらの卵はなくても良いとは思います。

 

 

広東麺の作り方・レシピ

1.材料を用意

にんじんは皿に入れてラップをかけ、先に電子レンジにかけておくと

ちゃんと火が通ります。

適当に切りましょう。

きくらげは、一応30分ぐらい水につけておくとあります。

・・が、ぼくは15分ぐらいで使ってしまいました(笑)

f:id:AR30:20150527091132j:plain

 

2.炒める

まずは肉を炒めて、色が変わったら、野菜も入れて炒めましょう

きくらげも投入。

f:id:AR30:20150527091831j:plain

 

3.水を入れる

みずを入れたら、味付けをします。

ウェイパーは小さじ1、砂糖小さじ1

あとは、少しずつ塩コショウを足していって、ちょうど良いところでやめましょう。

ウェイパーがなければ、中華スープの素で良いと思います。

f:id:AR30:20150527092522j:plain

 

そしたら、水溶き片栗粉でとろみをつけます。

とろみのついたアンにしておえば、できあがったあとに

ラーメンが冷えなくなります!

 

うずらの卵は水で茹でて、ゆで卵状態になったものを

このアンにまぜておきます。

(上のアンには、卵が入ってません)

 

 

これで、上からかける「あん」は完成。

 

 

4.ラーメンを作る

市販のラーメンは、普通に作ってください。

麺をゆでて、スープを作る。

 

f:id:AR30:20150527093813j:plain

 

5.ラーメンにあんをのせる

これで完成です!

f:id:AR30:20150527093918j:plain

 

 

簡単にいうと、八宝菜を作って、ラーメンにのせる

そんな感じですかね。

 

普通の醤油ラーメンが、けっこう美味しいラーメンに早変わりしますよ。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+