読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

新しい記事は、顔だけ黄色い人というブログでも公開しています。このブログ「ひなぴし」もたまに更新します(笑)

ハワイの定番お土産「ハワイアンホーストのナッツチョコレート」に虫が入っていた経験がある人・・

ハワイのおみやげとしてよく目にするこれ。

 

 

Hawaiian Host(ハワイアンホースト)のマカデミアナッツチョコレート。

 

本当によくみかけますよね。

 

 

つい最近も1箱いただきました。

ありがとうございます。

 

f:id:AR30:20150615194130j:plain

 

ちょっと高級そうな箱ですよね。

たしかに、普通のチョコレートだと思うとたぶん高かったと思います。

 

f:id:AR30:20150615194140j:plain

 

ということで、さっそく開けて食べるんですけど、

毎回思い出すのは・・嫌な思い出・・

 

 

実は以前、このマカデミアナッツチョコレートをもらって

さあ食べよう!と口に運んだ時、

 

「大きいナッツが入ってそうだな〜〜、ちょっと割って食べてみようっと」

と、歯で半分に割ってみました。

 

f:id:AR30:20150615194200j:plain 

 

すると・・

 

 

中に虫が!!

 

そうです。

昆虫です。

 

「むし」ですよ、むし!

 

え〜〜!?

こんなんあり?!!?

っていう(笑)

 

 

日本のお土産だと・・まああり得ないですよね・・

というか、あったら大問題になってる気が。。

 

でも、あったんです。実際。

 

 

その時の虫さんはどんな感じだったかというと

 

ナッツの内側をすべて侵食したような状態で中に入っていらっしゃいました。

が、生きてる感じではなく、

見た感じは、カラッと揚がったような状態。。

 

マカデミアナッツの内部が空洞になっており、

その中央に虫が鎮座。

 

抜け殻のようにもみえましたが、

いやでも、もし抜け殻だとしたら、どうやって出て行ったの??

という。。

 

結局、チョコの中に閉じ込められたんですかね。

 

 

とりあえず、虫が入っていたことは間違いないです。

 

 

その時の、このハワイアンホーストのマカデミアナッツは・・

全部捨てました。。。

 

 

それはもう、20年前ぐらいですかね。。

 

でも、それから何度もハワイアンホーストのマカデミアナッツをもらってますが

その都度必ず、割って食べるようにしてます!

 

日本だったら、20年前でも、さすがに「虫が入ってる」っていう状態はなかったでしょうし、今は無いとは言い切れないので。

 

 

外国のお菓子って怖いですよね。

 

 

この話、自分だけの経験かと思ってたら、

周囲に話すと、同じ経験をした人がいました。

 

 

ので、「珍しい話ではない」ようです。。おそろしい。

 

 

こんな経験してるんだったら

もう食べるなよ!!って話なんですけど、

それでも、家に何もお菓子がないときは・・食べたくなるという。。

 

あ〜〜

今までにも気づかずに虫を何匹も・・ひぇ〜〜〜

 

 

今回もらったチョコには、入ってません。。

・・いまのところ・・

 

でも、割らずにも何個か食べてるし。。

 

 

とりあえず、これは

ハワイアンホーストのマカデミアナッツチョコレートだけではないと思いますが

海外のお菓子は要注意です!!

 

ナッツというのは、虫の卵が産み付けられたりしやすいみたいですね。。

しかも、通常の製造過程ではそれが退治できないという。。

 

 

ネットで検索すると、

開封したら、目にみえる形で虫がいた

っていう話まであるみたいです。

 

場合によってはチョコの原料であるカカオに虫が・・という話も。

 

 

日本のメーカーでは・・・

これはないよなぁ・・

 

いや、無いと信じたい。

 

 

どちらにせよ、

食べてみてわかるんですけど、

やっぱりハワイアンホーストのチョコよりも

日本のメーカー、明治やグリコ、森永のチョコレートの方が美味しいんですよね。。

 

 

日本のお菓子って素晴らしいなと。

 

 

あ、ハワイアンホーストのお土産を全否定するわけではありませんが

一応、こういう経験したことあります!!

という情報共有でした。

 

これからもハワイアンホーストのマカデミアナッツを

一口で食べるかどうかは・・あなた次第・・

(ここに書いたことは実話です)

スポンサーリンク

このブログへメール 削除依頼について