読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

LINEミュージックはデータ通信量・パケットをどれぐらい使う?

LINE 音楽

スポンサーリンク

LINE Musicのサービスが始まって、開始当初は無料期間ということもあり

使ってみているという方がたくさんいると思います。

 

LINE Musicはストリーミングという方式で配信されています。

音楽はその都度ネットから配信されて聴く・・というやり方です。

なので、ネットに接続できない環境、圏外では

すでに一度きいた曲でキャッシュされていないと聴くことができません。

 

ネットから曲が配信されてくる、ということは・・

その都度、データの通信が行われるということ。

 

だから、少なからず、データ量を意識して使わないと・・

データ通信量の制限にひっかかってしまう可能性もあるわけです。

たしかに音楽データは動画なんかと比べるとかなりデータ量は少ないですが

でも、高音質だとやっぱりそこそこデータ通信量があるわけで。

 

ということで、どれくらいデータ通信量・パケットを使うのか

知っておきましょう!

 

LINE MUSIC(ラインミュージック)-いつでも音楽聴き放題

LINE MUSIC(ラインミュージック)-いつでも音楽聴き放題

  • LINE MUSIC CORPORATION
  • ミュージック
  • 無料

 

 

LINEミュージックに必要なデータ通信量の計算

LINEミュージックでは3つの音質を選ぶことができるようになっています。

当たり前ですが、音質が高いほどデータ通信量が増えます。

 

高(320Kbps)

中(192Kbps)

低(64Kbps)

 

この「Kbps」というのは「キロビットパーセカンド」というもので

1秒間に◯キロビットのデータ量の通信をしますよ、ということ。

 

「ビット」という単位は

1ビット=8バイト

です。

 

なので、みんなが使い慣れている「バイト」に直すと

 

高 1秒間に40KB

中 1秒間に24KB

低 1秒間に 8KB

 

LINEミュージックの再生に必要なデータ通信量

時間に合わせたデータ量 

音質1分間1時間7時間
高 320Kbps (1秒間に40KB) 2.4MB 約144MB 1.008GB
中 192Kbps (1秒間に24KB) 1.44MB 約86.4MB 604.8MB
低 64Kbps (1秒間に8KB) 0.48MB 約28.8MB 201.6MB

 

データ量から考慮した利用可能時間

音質500MB1GB7GB
高 320Kbps (1秒間に40KB) 約208分 約3時間28分 約416分 約6時間56分 約2916分 約48時間36分
中 192Kbps (1秒間に24KB) 約347分 約5時間47分 約694分 約11時間34分 約4861分 約81時間1分
低 64Kbps (1秒間に8KB) 約1041分 約17時間21分 約2083分 約34時間42分 約14583分 約243時間3分

 

 

計算間違いしていたらすみません(^_^;)

 

これはあくまで「毎回新しい曲を聴いた場合」の計算です。

LINEミュージックの場合、一度聴いた曲についてはデータが端末に残され(キャッシュされて)次に聴くときはデータ通信が行われないようになっています。

なので、同じ曲を何度も聴く場合には、とくに気にする必要はないかと思います。

 

でも、この計算でいくと、

「高音質」で聴くのはWi-Fiをうまく使わないと危険なようです。

 

通信キャリアの「7GB制限」に48時間で達してしまうとなると

たとえば、朝1時間・夜1時間ずつ毎日曲を聞いていたら・・

24日間で制限に達してしまいます。

(通勤の行き帰りで聴くとか)

 

普通のWEBサイト閲覧とか、LINEとかメールとか

そういうものでも通信をするわけですから

音楽だけで7GBに達するのは・・ダメかと(笑)

 

たとえば、自宅のWi-Fi等で聴きたい曲を事前に読み込んで(キャッシュさせておく)おいて、それを聴くとかすれば・・OKかと。

 

 

キャッシュの設定や、音質の設定については

また別で記事を書きたいと思います!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+