読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」感想・口コミ・評価・評判・レビュー・あらすじ・ネタバレ・見どころ、岡田将生、染谷将太、伊原剛志、豊原功補

映画

スポンサーリンク

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」感想・口コミ・評価・評判・レビュー・あらすじ・ネタバレ・見どころ、岡田将生、染谷将太、伊原剛志、豊原功補

 

超能力系の映画だな〜と思いながら、予告をみてました。

岡田将生さんがバトル系??っていうのがちょっとイメージと違うなぁと思ってましたが。

 

映画「ストレイヤーズ・クロニクル」 オリジナル・サウンドトラック

 

 

 

※ ネタバレあります ※

 

 

 

あらすじ・ストーリー

1990年代初頭、人類進化に関するある実験が極秘裏に行われた。それは、一方のグループには両親に強いストレスを与え子供に突然変異を促し、もう一方のグループには遺伝子操作によって子供に動物や昆虫の能力を持たせるというものだった。それから20年近くの後、視力・聴力・筋力などを異常発達させられた昴(岡田将生)らこの実験により生まれた若者たちは、その特殊な力の代償として『破綻』と呼ばれる精神崩壊の危険性を抱えていた。『破綻』解消の鍵を握る衆議院議員外務副大臣・渡瀬(伊原剛志)からまわってくる裏の仕事の依頼に昴らは応じざるをえないでいた。そんな中、アゲハというグループが現れ、渡瀬を狙う。彼らもまた実験により生まれた異能力者集団だった。同じ宿命を背負った二つの集団が戦う中で、彼らの出生の秘密が人類進化の鍵である一方で人類滅亡につながりかねないことがわかる……。

 

昴(スバル)を中心とする両親に強いストレスを与え突然変異を起こしたチームと

学(マナブ)を中心とする遺伝子操作で動物や昆虫の能力を持ったチーム(アゲハ)

 

能力者の一覧

 

チームスバル

荏碕 昴(えざき すばる) 超視覚

どんなハイスピードのものも見分ける


玄馬 沙耶(げんば さや) 超聴覚

音・声をすごいレベルで聞き取れる

 

秋山 隆二(あきやま りゅうじ) 超高速移動

常人にはみえないハイスピードで移動できる


良介(りょうすけ) 超記憶
見たものを一瞬で記憶できる


亘(わたる) 超腕力

握力がものすごい


寛人(ひろと) 能力不明

すでにしんでいる

 

チームアゲハ

学(マナブ) 何らかのウイルス
彼がしぬとウイルスが拡散し、人類の80%がしぬ


碧(アオイ) コウモリの遺伝子

敵を探索するレーダーの能力


モモ テッポウウオの遺伝子
超圧縮呼気、歯列矯正具に仕込んだ鉄鋲を吹いて攻撃


静(シズカ) 毒蛇の遺伝子
離れた相手を誘惑する「幻惑麻痺」と口づけをした相手の命を奪う「毒」

 

壮(ソウ) チーターの遺伝子

超高速移動ができる


ヒデ 昆虫の遺伝子
全身硬化、鉄のように固くなり身を守ったり攻撃したりできる

 

 

うーんと、いろいろこの映画はよくわからないところがあるんですけど(笑)

別の過程で産まれた超人たち、育った環境も違うらしく

途中までは敵対しているわけですが、最後には共通の敵(自分たちを生み出した者?)との戦いを共に繰り広げます。

 

最後にはチームアゲハのメンバーは碧以外はしんでしまい

マナブは生体のまま焼身すればウイルスが拡散しないということが判明して

自らすすんでそういう最期をとげます。

 

うーんと・・微妙なラスト(笑)

 

 

感想・口コミ・評価・評判・レビュー・見どころ

・染谷将太くん、何だか・・車いすのイメージがかなりあります。というのも、少し前にみたドラマでも車いすの役だったからです。

f:id:AR30:20150701101253p:plain

これ、そのドラマ、WOWOWの「贖罪の奏鳴曲」ですが・・髪型も同じなので、同じ役にしかみえません(笑)

なんでしょうね?車いす俳優ってことになるんでしょうか・・(^_^;)

でも、出演者の中ではかなり「特殊な人間」っぽい演技をしてました。

そういうのが得意というか、もしかしたらそういう人なのかもとも思えます。

染谷さんの演技はなかなかだったかもです。

 

・岡田将生さんがバトルっていうのは本当にイメージがなかったんですけど、飛びつき腕ひしぎ十字固めを披露したりしてて、なかなか動ける人だったんだなとちょっと驚きがありました(笑)

 

・感覚は人それぞれだとは思うんですが、なんか映画全体をオシャレっぽくみせようとする演出が各所にあったなーと。たとえば、映画中に何度か出てくる「文字」。「翌日」を「The Next Day」のようにちょっと凝ったフォントで(あ、実際はどういう文字が出てたか忘れましたが)。あとは音楽。ゲスの極み乙女。の「ロマンスがありあまる」が映画の内容とはちょっと・・ズレてるんですけど(笑)何だかオシャレ感を出してて。それとエンドロールで碧が隣に住む大学生と再会して会話するシーンが流れますが、なぜか字幕。え〜っと、この映画、オシャレ感を出す必要があったんでしょうか・・(笑)なんだかちぐはぐな感じが否めませんでした。

 

・国家的なプロジェクトで生み出された、というような話でありながら、残念ながら話に深みが感じられず・・なんかもっと壮大な物語を期待していたのに、みせてくれたのは「超人たちの日常」だったみたいな(笑)まあラストでは戦いを繰り広げるんですけど、正直、誰と誰が、何のために、そこまで戦うのか、という大事な部分がぼやけていて、最後までよくわからない映画になってしまっていた気がします。

 

・最後の方のシーンで、多数の人が遊ぶ公園の真ん中、大きい木の下で銃を構える人が2人、そしてそのあと刺されて死にそうになっている人がいて・・「これでも、誰も気づかないんだよ・・」と。いやいや!!これは気づくでしょう!?無理がありすぎる設定で、これは地球の話じゃないのか??とさえ思いました(笑)

 

・なんでしょうね?原作は面白いんでしょうか・・(笑)正直、この映画は・・面白みにかけるものだったなと。。ざんねん。

 

・豊原功補さんはどれだけ真面目な役をやっても、「時効警察」の「空気が完全に読めない刑事」のイメージが離れません(笑)

f:id:AR30:20150701102701p:plain

 

・伊原剛志さんは、スーツのイメージがあまりなかったんですけど、スーツ似合うんだなーと思いました(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+