読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「HERO」感想・口コミ・評価・あらすじ・ネタバレ・結末・ラスト・見どころ、木村拓哉、松たか子、北川景子、吉田羊、松重豊、佐藤浩市、キムタク

映画

スポンサーリンク

映画「HERO」感想・口コミ・評価・あらすじ・ネタバレ・結末・ラスト・見どころ、木村拓哉、松たか子、北川景子、吉田羊、松重豊、佐藤浩市、キムタク

 

ドラマも前回の映画も観てましたHERO(ヒーロー)

ということで、やっぱり今回松たか子さん演じる雨宮塔子が戻ってくるとのこと

気になりまして・・

時間がないなか、レイトショーで観に行きました。

 

ざっくりした感想を言うと

まあまあかな、と。

 

これ、ファンにとっては面白い映画だったんじゃないかと思いますが

とくにHEROファンというわけではない、という人には、あまりオススメしないかもです。

 

【映画パンフレット】 HERO ヒーロー 『2015』 【HERO写真付き】木村拓哉 北川景子 松たか子 佐藤浩市 杉本哲太

 

 

 

 

※ ネタバレあります ※

 

 

 

あらすじ・ストーリー・結末・ラスト

ネウストリア大使館の裏通りで、パーティコンパニオンの女性が車に撥ねられ死亡した。東京地検城西支部の久利生公平検事(木村拓哉)は、事務官の麻木千佳(北川景子)と共に事故を起こした運転手の取り調べを始めるが、二人の前にかつて久利生の事務官を務めていた雨宮舞子(松たか子)が現れる。現在、大阪地検難波支部で検事として活躍する雨宮は、広域暴力団が絡んだ恐喝事件を追っており、その重要な証人が今回の被害者女性だった。これはただの交通事故ではないと感じた久利生と雨宮は合同捜査を開始するが、雨宮は久利生のあまりの変わらなさに呆れるばかり。そんな中、ネウストリア公国の大使館員から事故当時の状況を聞くため、久利生は大使館に出向き直接交渉を試みるがあっさりと断られてしまう。実は、大使館には日本の司法がまったく及ばない治外法権があり、それは国際社会における各国の当然の権利であって、正義の名の下にそれを侵すことは外交を崩壊させかねない禁断の行為であった。諦めきれない久利生はさらにアプローチを重ねるが、当然の事ながら大使館はまったく応じず、やがて事態を重く見た日本の外務官僚・松葉圭介(佐藤浩市)から圧力がかかってくる。さすがの久利生も大使館という決して侵してはならない絶対領域の前になす術なく、捜査は進展のないまま暗礁に乗り上げてしまう……。

 

ネウストリアっていう実在しない外国の大使館が登場します。

佐藤浩市さんは外務省の人です。

 

最終的には・・

初めは敵のような存在だった佐藤浩市さんが味方になり

大使館の人も動かして、事件解決につながるという。。

 

雨宮と久利生の関係については・・

そのまま、って感じで終わります。

 

この映画が始まる時点で、雨宮はお見合いをした相手から

プロポーズをされていて、結婚へ進むか・・?という状態になっていました。

 

が、久利生と再会して・・結局、そちらへは行かず。

かといって、久利生と進展するわけでもなく・・という感じで。

 

雨宮は大阪支部にいるんですが、このあと石垣支部へ異動ということで。

「久利生さんと同じ道を歩みます」と。

これって意味深な言葉ですよね。

 

仕事のことなのか、それとも・・

そこはハッキリしませんでした。

 

 

感想・口コミ・評価・評判・レビュー・ネタバレ・見どころ

・HEROのドラマ新シリーズではヒロインとして麻木千佳という北川景子さん演じる事務官が登場。もともと、久利生と雨宮も、検事と事務官という関係から恋愛へ発展していった仲だったので、もしかしたら今作では新ヒロインとして北川さんがとってかわるのか・・?と思いきや、やはり松たか子さん演じる雨宮と久利生というのが恋愛関係で、北川さんの役はその2人を目標とするような役柄、というのがこの映画でハッキリしました。ドラマシリーズでは恋仲へ発展する??というような感じも多少ありましたが、やっぱり久利生の相手は雨宮ってことなんですね。

 

・木村拓哉さんと松たか子さんって、「すごく仲が良い(実際に恋愛関係では?)」という話と、思いっきり逆で「不仲」っていう話が両方出ていたような間柄で。ロングバケーションやラブジェネレーションなど、共演作も多かったのでいろいろ噂されてたんだと思いますが・・

今回の映画のプロモーションで「HERO THE TV」というバラエティがフジテレビで放送されて、その中で、木村拓哉さんにドッキリ的な仕掛けで、松たか子さんとドライブデートに行くというような企画がありました。

それを観る限りでは・・やっぱり仲はいいんだろうなと(笑)

ただ、恋愛っぽいというよりは、友だちとして仲良さそうな感じで。

たしかに、よく考えてみたらどちらも結婚されていて、しかも結婚相手が・・

木村拓哉(42歳)・・工藤静香(45歳)と結婚

松たか子(38歳)・・佐橋佳幸(53歳)と結婚

ということで、どちらも相手が年上なんですよね。

とくに松さんにいたってはかなりの歳の差婚で。

これをみると、お互いに恋愛対象にはなりえない感じなのかもしれませんね。

ただ、かなり仲が良さそうではありましたよ。

 

・続編についてキムタクさんが「お客様次第」と発言したという報道があります。

つまり、出演者としては前向きってことなんですかね。まあ、今回の映画のプロモーションをみてもかなり出演者が協力してる感じだったので。

フジテレビとしても、現状視聴率が取れるコンテンツがほとんど無いような状況ですから、まずは今回の映画を大成功させて、続編を作りたい・・そういう気持ちはあると思います。ただ、興行収入が悪ければなくなるでしょうから。そういう意味で「お客様次第」なのかなと。

映画の内容で言うと、続編を作るのには全く問題ない終わり方でした。

雨宮と久利生の関係はそのままだし、特別に変わった問題が起こったわけでもなかったので。

 

・出演者はちょい役も含めるとかなりたくさんの人がいたなと。

近藤春菜・・牛丸豊次席(角野卓造)の娘として写真で登場(笑)田村雅史(杉本哲太)の妻役。これ、もともと「牛丸次席にそっくりの娘」っていう設定ができたときからいずれはハリセンボン近藤春菜さんの出演を、と思っていたはず(笑)たぶんみんなきっとこの人なんだろうなと思っていたに違いない(笑)

 

イッセー尾形・・雨宮の大阪での上司役

 

新井浩文・・交通事故を起こした人の役。しんだ目ができる俳優として最近話題(笑)わるい人の役が多いけど、やっぱりしんだ目っていうことで、こういう「不安な人」の役も合いますね

 

アンジャッシュ児嶋一哉・・雨宮のお見合い相手。なんでしょうね?「いい人そう」なイメージなんですかね。

 

YOU・・最後に宇野検事(濱田岳)が取り調べをしていた容疑者

 

などなど。

 

・話の内容としてはまあ、ドラマシリーズの延長のようなお話で、とくに「すごい」というようなものではないかなと。相手が大使館という、日本国内にありながら外国のような場所ということでそこが取り調べ上の困難になるわけですけど。

まあ、いつもどおりに絶対にありえないような行動のオンパレードではありました。

大使館に正当でない方法で潜入したり、招かれたときもジーパンでいったり(笑)

そんなの絶対ねーよ!あまりに非現実的だよ!!

とか言い出したら、そもそもこんな検事は実在しないでしょうから、このお話自体が存在できなくなるのかなーと(笑)

ということで、そういう批判をしたくなるような人は観ないことをオススメします(笑)

 

・ペタンクという競技が登場するんですけど、フランスのゲームなんですね。これは実在していたんだ・・と、エンドロールに「ペタンク指導」という人の名前が入っていた時に知りました。

今回のネウストリアっていう国も、どうもフランスっぽかったですし、言葉とか。ただ、ネウストリア人は毎日ソーセージを7本食べるとかいう設定あたりはドイツっぽいのか(笑)

 

・木村拓哉さん、「ちょ、待てよ!」は無かった気がします(笑)エンドロールで1作目のドラマシリーズでのキムタクさんの写真が出てきますが、やっぱり若かったです。髪の毛のボリュームが違ってたな。

そういえば、エンドロールでは今回の映画には出演していない、前回のシリーズの登場人物の写真も多数登場してました。阿部寛さんとか、勝村政信さんとか。

そういえば、HEROの続編がなかなか作られないのは、阿部寛さんなんかがキムタク中心にスケジュールを作られるのを嫌がって・・という話もありましたけど(笑)

というよりは、実際にはスケジュールを合わせるのが難しいってことだったのかなと。実際阿部寛さんも忙しいわけですし。松たか子さんもですけどね。

本当にあまり関係が良くないのであれば、エンドロールで写真出すのも難しそうですよね。

勝村さんとか大塚寧々さんは新シリーズのドラマにも少し出てましたっけ?

 

・このHEROが出世作になった俳優さんって多いんですよね。今回の新シリーズだと・・たぶん吉田羊さんですかね。

ただ、やっぱり第1期のメンバーの方がキャラクターが濃かったなという気はします。

新シリーズだと杉本哲太さんが第1期でいう阿部寛さんの役割ですけど、ここはやっぱりちょっと見劣りしてしまう気が・・。杉本さんは正直、こういうインテリのイメージがないんで・・(笑)

でも、出世のために牛丸次席の娘と結婚した、という設定なので、いずれは杉本さんが部長検事・次席として登場するんでしょうか(笑)その頃には麻木が検事になっているかもしれないですね。他の検事は・・弁護士になってたり??続編はそういう感じかもですね。

 

・小日向文世さんと八嶋智人さんがいると、HERO感が出ますね(笑)

この2人も、HEROが出世作・・ですかね??

 

・濱田岳さんも・・正直、インテリのイメージないなぁ・・。新シリーズの検事さんは・・木村拓哉さん以外も検事らしくない検事ばっかりな気もしますね。

 

・ということで、映画の感想というよりも、この作品に思うことばっかり書いてしまいました(笑)

映画の内容は・・あたりさわりない感じです(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+