読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

オダギリジョーは悪役俳優になった

芸能人

スポンサーリンク

オダジョリギー・・

え?違う??(笑)

実写―オダギリジョー写真集

 

「オダジョリギー」は、こちらです(笑)

www.facebook.com

 

オダギリジョーさんって・・

本名なんですね。

Wikipediaによると、「小田切 譲」なんだそうです。

へぇ〜〜

 

岡山県出身で、次長課長の河本と同級生だったとか(笑)

へぇ〜〜(笑)

 

 

オダギリジョーさんの出世作はというと、

「仮面ライダークウガ」

S.H.フィギュアーツ 仮面ライダークウガ マイティフォーム

 

 

これで有名になって・・人気俳優へと。

 

ぼくの中ではオダギリジョーさんのヒット作といえば

「時効警察」なんですけど、知ってます?

時効警察 DVD-BOX

 

時効警察は、麻生久美子さんを好きになるきっかけでもあった作品ですね。

たぶんこの役のイメージがしばらくはついてまわったんじゃないでしょうか。

 

「のほほんとしているが、実は頭が切れる」みたいな。

何を考えているかわからないけど、実は賢いみたいな役。

ウィットに富んだことが言える・・みたいな。

 

で、そのあとの「熱海の捜査官」も、たぶんこの流れです。

(スタッフが同じ?)

熱海の捜査官 Blu-ray BOX

 

こんなオダギリジョーさんなんですが、

数年前に、ドラマで超低視聴率をとってしまったらしく・・

 

2012年フジテレビ系ドラマ「家族のうた」が平均視聴率3.3%

 

このトラウマからか、

映画か深夜ドラマ以外では主役を受けなくなっている

という話もあります(^_^;)

 

また本人自身が

「民放のドラマですごい低視聴率を獲ってゴールデンはもういやだ。テレビでやるなら深夜かWOWOWだと思った」

と言っていたらしく(笑)

 

 

とはいうものの、少し露出が増えてきている印象なんですよね最近。

 

 

山田孝之さんもすごい

というか、悪役が似合う俳優になった、ということなんですかね(笑)

本当ならもともと「人気俳優」なわけですから、

主役で、正義の味方っていう方向性なんでしょうけど、

どうも最近はそういう仕事ではなく、悪役の方をやってるみたいで。

 

ちょっと方向性は違いますけど、

山田孝之さんも・・主役ではない方向に活路を見出されてますよね。

 

昔はセカチュー、「世界の中心で、愛をさけぶ」に主演し、

人気俳優になったものの、

その後隠し子騒動があって、露出が減り・・

となっていたのが、最近はよくみかけるようになりました。

 

山田さんは「仕事を選ばない」感じがすごいなと思います。

 

あのカッコイイ顔で変態の役もやってますし(笑)

たしか、この作品だったかな?変態の教師の役やってました(笑)

悪の教典 DVD スタンダード・エディション

 

 

あとは闇金ウシジマくんでめちゃくちゃなヤミ金業者の役もやってますし。

 

もとはカッコイイ主役級の俳優だったのに

主役ではないところで存在感を発揮してきたという。。

 

 

これって、ドラマとか映画の制作者からすると使いやすいんじゃないかと。

それなりの見た目の人で、でも悪いやつとか、変態だとか・・

そういう役がやれる俳優ってなかなかいないと思うんですよね。

それなりの見た目のカッコイイ俳優であれば、たいていは良い人の役をやるはずですし。

 

でも実際にはそういうニーズも確実にある!

そこをつかんだのかなと。

 

そうしているうち、山田孝之さんは

最近ではテレビCMにも出てくるようになって

逆にまた人気が出てきてますよね。

 

 

オダギリジョーは悪役俳優になった

 

オダギリジョーさんも、ある意味

そういう感じ・・?

 

ちょっとスキャンダル的なこともありましたしね。

韓国でファンへのサインに「こうだくみ」と書いて批判され

謝罪することになったりとか。

 

ちょっとダークなイメージが・・ついてしまった??

 

 

ところで、ここに来て、悪役での起用が増えているように感じます。

 

 

映画「渇き。」では

渇き。

警察内部にいる非情なころし屋の役をやってましたし。

非情というよりか、人をころすことを快感に感じているような

おかしい人の役。

 

また、これはドラマからの流れですが

「S 最後の警官」ではテロリストの役。

映画化もされるそうです。

 

 

こうしてみると、

 

主役としてのオダギリジョーを活かすよりも

悪役で出演した方が、観る人も「おっ」となりそうです。

 

それも、同情できるような悪役ではなく

本当に悪い役(笑)

そういう役は、それなりの見た目の俳優はやりませんからね〜

 

 

しかも、あのオダジョーの風貌

パーマでヒゲ

って、悪役向きですよね(笑)

 

本人がどういう人かは、正確にはわかりませんけど。

 

 

ドラマ「極悪がんぼ」でも、

恐喝、隠蔽、賄賂となんでもありの警察官をやったり。

 

 

悪いやつを演じるのに、活路を見出し・・

それにより、主役ではなく、2番手・3番手での起用を目指してるのか・・?

 

良い作戦だと思いますけどね。

 

 

悪役でも脇役俳優を目指すべき

 

みんながみんな、主役俳優を目指しても

イスは限られてますし、

むしろ脇役俳優は、条件に合う人がなかなかおらず席が空いていると思います。

 

 

「元AKB」という肩書の女優さんとか、

主役ではなく、特徴を出すことによって

脇役俳優を目指した方が息が長い女優になれるんじゃないでしょうか。

 

とはいうものの、それもけっこうな技量が必要なので簡単ではないですが。

 

主役級の女優さんは、それはキレイですからね〜

そんな人と真っ向から勝負するよりも、

 

需要に合わせて自分を供給できること

これが芸能界で生きていくには大事なんじゃないでしょうか?!

 

 

って、おまえは芸能界の何を知ってるんだ!?

というツッコミ、ありがとうございます(笑)

 

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+