読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ラーメンを食べたあとは水を飲まない

健康 外食

スポンサーリンク

ラーメン。

好きっす。

 

最近、なかなか食べにいけなかったんですが

今日久しぶりに行けました。。

 

けっこうこってり系です。

こういうのが美味しいんですよねぇ。。

 

いつもラーメンを食べ終わったあとに悩むことがあります。

 

「水を飲むかどうか」

 

たいてい、というかほぼどの店でも

水は飲めますよね、ラーメン屋なら。

 

ラーメンは味が濃いことが多いので

水が有料ってことはあんまり無いのではないかと思われます。

 

 

実はぼくは

食事中にはできるだけ水を飲まない

 

っていう決まりを設けているんですが。

 

この話はまた別の機会に。。

まあその話に近いといえば近いんですけどね。

 

 

ラーメンを食べたあとに、水はたいてい飲まない。

 

ラーメンを食べたあとに水を飲まない理由

それは、ラーメンの味の余韻を楽しみたいから(笑)

 

そんな理由かよって言われそうなんですけど

そういうことなんです。

 

水って・・

あまりにノーマルで。

 

飲んだ瞬間に、すべての口の中の味がリセットされます。

 

つまり、その直前まで楽しんでいた

至福のスープの味が・・一瞬にして消える(笑)

 

それがあまりにも寂しくて(笑)

 

 

もちろん、このあとすぐ人と会うとかそういう時には考えますけどね。

 

 

スープの味が・・消えちゃうんですよ(笑)

美味しい!!!って思った味が、その一瞬で無くなる。

 

これってさみしくないですか。。

 

もう次の瞬間には、まだ目の前にある丼をみて

「あれ?どんな味だっけ?」

となり、

 

「もう一度スープ飲もっ」

 

ってならないですか!!????

 

そうすると、もうこれは、

エンドレスですよ(笑)

 

 

1)ラーメン食べ終わる

2)最後にスープ飲む

3)ごちそうさま・・水を飲む

4)うーん・・

5)スープ飲む

6)水を飲む

以下4〜6のエンドレスループ

 

そして、ラーメンスープが無くなって・・・

泣きながら終了するという・・

 

 

あ〜〜塩分摂りすぎ!!

 

 

だったら、水を飲まなければ

追加でスープを飲まなくてすむのでは・・という。。

 

 

スープ飲み干してしまうと・・それは後悔しますよねぇ。

塩分もあるし、カロリーもハンパないし。

 

 

でも、そんなことよりも、

 

水を飲んだら終了、

ゲームセット。

味はゼロになる。

 

 

だから、

 

水を飲まずに、味の余韻をしばらく楽しもうよと。

 

 

美味しいものを食べたのに、

 

その食べてる瞬間だけの幸せっていうのが、つらいんですよ(笑)

 

 

もう少しこの幸せが長続きしてほしい。

 

そのための

 

水を飲まない

 

これって、同意してくれる人、いるんだろうか。。

 

 

あ〜でも、こういう習慣がある人は

きっと虫歯になりやすいんだろうな〜〜

 

 

なんか家でも、何らか飲み続けたり

食べ続けたりしちゃうしなー

 

結局良くない習慣ってことかなー

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+