読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

スウェーデン国旗とTポイントロゴは似ている

デザイン

スポンサーリンク

2020年東京五輪のロゴ問題

 

最近、ベルギーの劇場と東京五輪のロゴが似ている

盗作ではないかという話が出ていますが。

 

あくまで僕の個人的な意見ですが

 

そんな問題を抱えたまま使い続けるぐらいなら

傷がもっと深くなる前に、早めに変えた方が良いと思います。

 

サントリーのトートバッグでは盗作を認めたわけですし。。

あくまで「スタッフが」と言われてましたが

 

あのアートディレクターさんの名前で

「佐藤研二郎デザイン!」と書かれていた以上、

佐藤さんが盗作したも同然だと思いますが・・いかがでしょうか。

ディレクターって、デザインの責任を末端のスタッフに押し付けられませんよね・・。

 

いや、今回の五輪のやつは本当に盗作したのかどうかはわかりませんよ。

でも、そう言われてしまっているようなものを使い続けることが・・良くないのではと。

 

たぶん、ず〜〜っと、愛着わかない人が多いんじゃないですかね。。

 

愛着わかないっていうのが問題だと思うんですけど・・

 

 

オリンピックっていうのは国際的な大会だから日本的な印象は必要ないのでは・・

みたいな話もありますけど、

 

正直、日本で開催するからには、日本的な要素を入れた方が

ぼくは良い気がします。

 

今のデザインにも、「東京」の「T」を入れてますし。

でも、「日本的」っていうのを入れるときに、

大多数の人の感覚として「T」っていうのはちょっと・・

あ、英語圏の人からすると、違うんですかね。

 

まず日本人が愛着を持てないロゴはダメだと思うんですが、いかがでしょうか。

だって、他の国で開催されたオリンピックのロゴなんて覚えてます??

結局その国の人がいちばん目にするんですよ、きっと。

 

 

もう、招致の時に使っていたロゴで良かったと思うんですけどね。

ただこれを使うのにはいろいろハードルがある・・という話も。

 

でも、、でもね、

他の選択肢を選んでもハードルはあるので、

それを乗り越えて、これまで使ってきたロゴを使うでいいと思うんですよね。

 

実際、招致に使ってたロゴをそのまま使った五輪もあったそうですから。

 

 

スウェーデン国旗とTポイントロゴは似ている

・・とまあ、

デザイン問題で揺れる、東京五輪について

書きたかったことを書いてしまいましたが(笑)

 

けっこうみんな知ってると思われる、

似ているデザインのものを。

 

これ、Tポイントカードのデザイン

f:id:AR30:20120313104446j:plain

 

そして、これがスウェーデン国旗。

f:id:AR30:20150821104926g:plain

 

 

え〜〜っと・・Tポイントの会社って

スウェーデンと関係があるの・・??

 

たぶん、ないんですよね(笑)

 

 

使用している画像・モノがシンプルになればなるほど

やっぱり似てるデザインっていうのは存在するってことですね。

 

これ、やっぱり、

Tポイントカードのロゴが発表されたとき

「スウェーデン国旗のパクリじゃん!」って話は出たんでしょうか(笑)

 

いやいや、スウェーデン国旗なんてパクってません!

そもそもスウェーデン国旗なんて、知りません!!

・・とかっていうと、それはそれで失礼なような(笑)

 

 

どっかで・・みたことあったと思うんですよね・・たぶん

スウェーデン国旗。。

たぶん、中学校の地図帳?とかには載ってたでしょうし。

 

 

やっぱりインスピレーションを受けたというか

なんとなく「T」をいろんな色で表現したときに

この青と黄色が心地よく感じたとか。

なぜ心地よく感じたかというと、きっと、すでに存在してて

どこかでみたことあったからじゃないのかな・・とか。

 

 

まあただ、

仮に、「パクリじゃん!!」って言われて批判されたとしても

この場合はある意味問題ないと思うんですよ。

 

それで被害を受ける可能性があるのは、

このTポイントカードに関わる一企業でしかないんですし。

 

ただ、これが国を代表するようなものとなると・・

話は別。

 

 

デザインは説明できるものでなくてはいけない

 

デザインが似るようなことは絶対あると思います。

とくに今回みたいに、単純な図形の組み合わせなら。

 

どんなデザインのものを採用しても、

世界中を探してきたら、「あれ?これと同じじゃね?」っていうのがありそう。

 

であれば、

日本人しか思いつかないようなデザインのものを採用することで

少なくとも国内ではかぶってないようなものにする。

そしてホスト国である日本人が愛着を持つことができるようなデザイン。

 

そういうのがいいんじゃないかなーと。

 

愛着を持てない、というよりも

ある意味、嫌な感情すら持たれてしまっている今のロゴを

そのまま使用するのは・・どうかなと。

 

たぶん、その選考プロセスとかにも問題があるからだと思うんですよね。

急に、「これです」って発表されたら、そりゃあ・・誰でも一旦は粗探しする気がするんですよ。

 

参加条件なんかつけずに、ちゃんと公募すればよかったのに・・と。

 

それが、そうはできない理由、

誰かの利権のためのデザインなのでは・・と思われてもしかたない。

 

ぼくの個人的な意見ですけど、

なぜ、あのデザインだったのか、

というのがいまいちよくわからないんですよね。

 

デザインって感覚ではなく、説明できるものでなくてはいけない

と聞きます。

 

●こうやって考えました

 

みたいな説明ではなく

 

★こうでないといけない

 

★これがベストなのはこういう理由

 

という説明ができないのは・・おかしいんじゃないの?!と。

すごいお金が発生する話でもありますしね。

 

 

その点、Tポイントカードのロゴは・・

あんまり詳しくは知らないんですけど、

 

そもそも「T」がメインになることが明白なので

「こうでなければいけない」は説明できそうなデザインな気がします。

 

 

 

あ、そうは言いつつ、

ぼくはデザイナーでもなんでもないので、あくまで素人考えとして

一笑に付してください(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+