読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

Chromecastはネットで動画を観る人は今すぐ買うべき!この機能でこれは安い!

Google TV iPhone iPad

スポンサーリンク

知ってる人は前から知ってたと思うんですけど、ぼくはつい最近知りました。

このガジェット。

 

Googleが提供している超便利なツール

Chromecast

クロームキャスト

 

 

この小さい機械が・・とても素晴らしい体験を提供してくれます!

 

ネットでふとみかけて、ふらっと買ってみたんですが

届いて使いはじめてみたら、これはもう手放せないなと。

 

Chromecastは何ができるのか

Chromecastを簡単に言うと

Chromecastの紹介ページはこちらです。

www.google.co.jp

 

とても簡単に機能を説明すると

 

PCやMac、iPhone・iPadなどの画面上のものを

テレビでみることができるようになる機械

 

です。

 

そんなの本当に必要なの・・?

と思う人もいそうですが・・

もし大きいテレビをお持ちの人なら、ほぼ絶対に!

持ってた方がいいですよ、Chromecast!

 

Chromecastならどのテレビでもネット動画再生可能

最近よくありますよね?

YouTubeが観られるテレビ

とか。

 

テレビが直接ネットに接続できるタイプのやつです。

が・・、実はテレビでWEBを観られる系のやつは何が面倒って

キーボードなんかがあるわけでもないし、スマホみたいなリモコンではないため

入力したりがすごく面倒。

 

実際、そのYouTubeが観られるテレビでYouTubeを観る人は

実は少ないんじゃないかと。

 

また、そういう製品は「YouTubeが観られる」とか「WEBが観られる」とあっても

他の動画サイト、例えば海外のサイトなんかは観られなかったり。。

 

こういう問題が、Chromecastはすべて解決します!

つまり、

YouTubeでも、海外の動画サイトでも

PCやMacで再生できるものであれば、テレビで見放題なんです!

 

今は昔と違って、動画サイトにアップロードされている動画も

ハイビジョンHD画質のものが多いですから・・

テレビでみても、けっこうキレイに観られます★

 

 

テレビが「YouTube対応」である必要はありません。

テレビはモニターとして使うだけ。

 

パソコンやマック、iPhoneやiPadからWi-Fiを使って電波で映像を飛ばし

Chromecastが電波を受けて、その映像をテレビで見せてくれるという仕組みです。

 

 

Chromecastの使い方の例

最もわかりやすくて楽しいのは、YouTubeをテレビでみること。

PC/Mac/iPhone/iPad/スマホ等でYouTubeを再生すれば、それがテレビで流れます!

 

PC/Mac/iPhone/iPad/スマホ等の小さい画面じゃなく、テレビの大きい画面でみることが可能!

 

iPhone/iPad/スマホ等では、YouTube以外の対応アプリからも

テレビに出力可能で、例えばAndroid搭載のスマホなら

ネットサーフィンの画面もブラウザ「Chrome」からテレビでみることが可能です。

(iOS端末では、この記事公開時点では、できない・・かな?)

 

ぼくが思う、一番能力を発揮するのは

スマホやiPhoneからの使用ではなく

 

パソコンやMacからの使用の場合。

 

たとえば、PCやマックで動画をみているとします。

うーん・・じゃあ、たとえば、海外の動画サイトとか。

あ、観ても大丈夫なやつですよ(笑)

 

その動画、そのままテレビで観ることが可能です!

PCやMacからは、制限なく、

ブラウザで観ているものをそのままテレビでみることが可能です。

(MacではChromeを使用すれば可能でしたので、Chromeを使えばPCでもできるはず)

 

これ、けっこう感動体験ですよ。

いままで、ネットで検索して観ていた動画って、やっぱりパソコンでみるものであって

画面サイズはパソコンのモニターサイズ。

ちょっとみづらい。

 

これが・・テレビに出力されたら・・

はい、普通のDVD観てるのと同じような感覚です(笑)

 

Chromeで開いている「このタブ」と指定したタブの内容を

Chromecastへ飛ばし、テレビで観ることができるので

あるタブで動画を再生してそれをChromecastへ飛ばすことでテレビで動画をみながら

自分は他のタブを開いてそこでネットサーフィンをする、ということが可能。

指定したタブを閉じなければ、バックグラウンドにあっても再生は継続されます。

 

すげー便利。。

 

好きなアーティストがいる人は、その人のミュージックビデオとか・・

そういうのを再生されるようにしとくとか。

 

あ、例えばYouTubeのページだとさらに便利につかえて、

再生したいものを次々に選んでおいて、リストを作っておくと

それを勝手に順次再生していってくれます。

 

 

うちの場合の使い方は・・

 

こどもの動画をiPhoneでどんどん撮影して、いつもYouTubeにアップロードしてます。

(限定公開にして、URL知ってる人だけが再生できる状態にしてます)

それを観る時。

 

今まではPCやMacで観てたんですが、これを買ってみて

テレビの大画面で何の苦労もなく観ることができるようになりました!

 

いつもiPhoneではHD画質で撮影しているので

かなりの大画面であるテレビで観ても、まったく問題ありません!キレイです。

わざわざ、何かの線をテレビにつないだりする必要もありません。

パソコンからテレビへWi-Fiでデータが飛んでいくんですから。

 

いやーー、文章で伝わるかなーー

これ、めちゃ便利だし、とても楽しいですよ★

 

 

iPhoneやiPad、スマホからの場合は

対応アプリからなら便利に使えます。

 

AndroidはもちろんGoogleのOSなので対応アプリが豊富。

iOSも対応アプリは増えているみたいです。

YouTubeのアプリの場合はAndroidでもiOSからでも、テレビへ動画を簡単に飛ばすことができます。

他にも動画再生アプリは多くが対応を始めています。

 

Chromecastの使い方

Chromecastはどこにつけて使う?

クロームキャストは、テレビのHDMI端子に差し込んで使います。

HDMI端子っていうと、こういうやつです。

このケーブルが挿せる端子です。

最近のテレビにはだいたいついてます。

Amazonベーシック ハイスピードHDMIケーブル 2.0m (タイプAオス - タイプAオス、イーサネット、3D、4K、オーディオリターン、PS3、PS4、Xbox360対応)

 

Chromecastは、HDMI端子に差し込んで使います。

 

 

Chromecastは電源が必要なんですが、もし電源コンセントがあいているなら

電源コンセントにつないで、もし空いてないなら

テレビにあるUSB端子にUSBケーブルでつなげばOK。

モノも小さいので、邪魔になりません。

 

Chromecastの使用開始準備

これにけっこう迷う人がいるみたいです。

Wi-Fiルータと接続したりが必要ですので。。

 

ちなみに、設定も、PCやMacから使う場合の方が楽ですよきっと。

ただ、説明書らしきものが入ってませんので(笑)

 

もしわからない人は、解説サイトでよく確認しましょう。

 

・・といっても、すぐにおわりますけどね。

 

Chromecastの使い方を検索

 

とにかく、Chromecastは、ネットで動画をみるよ!って人は

絶対買った方が良いガジェットです! 

 

こちらで、買えますよ。そんなに高くもありませんし。

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+