ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

無人新幹線爆弾と無人在来線爆弾 #シンゴジラ 動画 鉄道シーンの裏話

映画「シン・ゴジラ」が地上波テレビ朝日で放送されました。

 

↓ ここでも観られます

シン・ゴジラ

シン・ゴジラ

 

 

シンゴジラは庵野秀明監督が作ったので

まさにエヴァ的というか

 

ゴジラに対し、日本という国が、政府がどう立ち向かっていくか

ということが細かく描かれた映画でした。

 

まあ・・実際の政治家からすると「そんなんありえねー」的なことはあったみたいですけど・・

 

実際にあんな未知の生物が現れて、ことごとく街を破壊していったら

それまでの常識では事は片付かないでしょうからね・・

 

けっこうシンゴジラで描かれたふうになってしまうんじゃないか

という気がします。

 

 

さて、シンゴジラの面白いところはやっぱり「細部へのこだわり」ではないですかね。

 

実際に存在する組織や兵器などが登場し

ゴジラと戦っていきます。

 

 

その中でも、わかりやすく、誰もが「おーっ!!!」となったのが

 

新幹線N700系電車(無人運転) 2編成 がゴジラに突っ込んで爆発するところ 

無人在来線爆弾 E233系 E231系 電車流用 がゴジラに突っ込んで爆発するところ

 

 

 

ではないでしょうか(笑)

 

 

あれは、軍事兵器に詳しくない人でも、度肝を抜かれ

「こんなものまで使うとは、まさに日本の国の総力をあげての作戦だ!」と思わせる内容だったと思います。

 

まあ・・実際に考えたら、

わざわざ線路が敷かれたところしか走れない、レールをたどることしかできない

電車に爆弾載せて走らせるのは完全に非効率なので・・(線路上にゴジラが来なかったら全て無駄になる)

 

これこそ、実際にはありえないとは思いますが(笑)

 

 

なんというか、

 

ここで使用されたのは全てJR東日本さんの電車で

その前にゴジラにうよって完全破壊されていたのは京急さんでした。

 

京急さん可愛そう・・(^_^;)

 

virates.com

 

「壊される」シーンで許可を出した鉄道会社は京急だけらしい

 

実は、「破壊される」シーンに許可が出たのが京急電鉄だけ

という話があります。

そう考えたら、京急さんすごいなと。

やっぱり電車が壊されるシーンというのはかなり現実味を帯びて考えさせられますし。

 

でも、他の鉄道会社も、こういう趣旨の映画なら、許可してもいいんじゃないか?とも思いますが・・やっぱりイメージが・・となるんでしょうねぇ。。

そう考えたらやっぱり京急さんはすごい。

おそらく、フィルムコミッション的な、映画やドラマ等の撮影協力に会社をあげて協力的なのかもしれません。

 

JRさんが不思議なのは、そのあとの新幹線爆弾と在来線爆弾では許可が出ているということ。

まあ、「JR」とか「ジェイアール東日本」という社名は、京急さんのように出ていませんでしたけどね。

「壊される」(受動的)はダメでも、「壊す」(能動的)はOKなのか(笑)

 

「シン・ゴジラにおける地下鉄について

ちなみに社名で気になったのは地下鉄の出入り口が出てくるシーン。

 

「赤坂五丁目駅」の出入口が出てきたのですが

この赤坂五丁目駅、存在しない駅です。

 

やはり、東京メトロや都営地下鉄からもOKが出なかったのか・・

いやいやでも、

 

都営地下鉄 浅草線 泉岳寺駅

は出てきましたしね。

 

そして、やや不思議だったのが

 

「東京地下鉄 赤坂五丁目駅 A2番出口」と表示されていたこと。

 

なぜ「東京メトロ」ではなかったのか?疑問です。

もしかしたら画面上に「漢字」で表示したい、というだけだったのか(笑)

「東京地下鉄」は「東京メトロ」の正式な会社名ですから

許可が出ていないと、使われることはないと思います。

 

なぜ存在しない駅名が使われたのかは・・・よくわかりませんね。

 

泉岳寺は市民が逃げ込む駅として使われていたので壊されるシーンはありません。

が、赤坂五丁目駅は出入口周辺がボロボロにされているので

やっぱり「実在する駅を壊される」ことには許可が出なかったのかもしれませんね(^_^;)

 

東京メトロ千代田線の赤坂駅と乃木坂駅の間ぐらいですかね?場所は。

実はこの赤坂と乃木坂は駅間が他の駅同士よりも離れていて

いずれ新駅ができるのでは?と言われている場所だそうです。

 

シンゴジラの世界は、今より未来・・

おそらく東京オリンピックが終わったあとの2027年以降ではないかと言われているので

(2027年に完成すると言われている東京駅横のビルがこのシンゴジラでは完成した状態になっているため)

 

もしかしたらその頃には新駅ができてるかも??とのことですが・・

東京オリンピックが終わったあとにそんなことをする力が日本の政府にあるのか・・(^_^;)

 

ちなみに、東京メトロは、自社で今後新線建設を行う考えがないことを公表しています。

まあ駅の開業ならありえるかもしれないですが

駅を新たに作ったところで乗客が増えるとは考えにくく、東京メトロが積極的に駅を作ることはないと思います。

 

政府もお金を出すから、となればありえるでしょう。

実際、東京メトロ日比谷線の霞ケ関駅と神谷町駅の間に新駅を建設中です。

東京メトロ日比谷線新駅の駅名予想「虎ノ門一丁目駅」が有力か。銀座線への乗換可 - ひなぴし

 

これは東京五輪やその前後の交通整理のために政府と一体で開発されているものだそうです。

まあ、こういう理由がないと・・新駅はできないでしょうねぇ。

 

庵野秀明氏が鉄道愛好家のため、シンゴジラは鉄道であふれた映画になった

そもそも、鉄道・電車をいっぱい使った映画にしたかったみたいです。

そういえば、エヴァンゲリオンでもけっこう電車は登場してますもんね。

 

新幹線では500系新幹線でエヴァ仕様のものを作ってましたもんね!

 

 

実は映画で使われた鉄道シーンの3倍は、鉄道のシーンが撮影されたんだとか。

全部使うと完全に鉄道の映画になってしまうので(笑)

泣く泣く鉄道のシーンをカットしたそうです。

 

そんな庵野監督なら、鉄道を使った兵器・・やっちゃいますよね(笑)

というか、そんな人でない限り、

鉄道を兵器として使うという発想が出てこない気がします(笑)

 

無人新幹線爆弾と無人在来線爆弾

シンゴジラで最も鉄道が活躍したシーンがこれだと思います。

ゴジラに突っ込むシーン。

 

実はこれまでのゴジラ映画においては

鉄道車両は、ゴジラにやられる一方だったそうです。

 

・・あたりまえか(笑)リベンジできる方がおかしいんですが(笑)

 

被害の甚大さを物語るシーンで、これまでは在来線や新幹線がゴジラによって破壊されるシーンが登場してきたんだとか(過去にOKなら、今もOKしたらいいのにと思いますが・・)

 

そこで今回は爆弾を積んだ車両がゴジラに突っ込んでおり、

まさにリベンジを果たした!と言われています(笑)

 

こうやってみてみると、

もしかしたら次回作の「シン・ゴジラ2」では、京急電鉄さんの車両がゴジラにリベンジをするかもしれないですね(笑)

 

いや〜〜〜でも、京急さんが活躍できる場所はかなり限られますからね〜〜

 

あ、でも、都営地下鉄に直通している区間までいくとすれば

地下からになってはしまいますが、

都営浅草線の宝町駅や日本橋駅でなら、東京駅付近に攻撃はできますね。

 

いや、次回は東京駅ではない可能性が高いと思いますが。。

もし何度もゴジラが東京駅に来るとしたら、

そこにエヴァでいう、アダムみたいな、特殊な何か、ゴジラが追い求める何かが隠されているとしか思えませんが・・(^_^;)

 

 

それにしても、なんで電車を使った爆弾やねん!ありえへん(笑)

という話は当然ありそうですが・・

 

一部の話だと

 

・高度一万メートル上空の飛行物体も照準可能なゴジラの熱線を避けられる

・数十トンも満載した爆薬を高速で突入可能

 

という理由で、実は理にかなっているという考察も・・ほんまかい(笑)

 

 

無人新幹線爆弾

・血液凝固剤の経口投与によるゴジラの生命活動凍結を狙う日本政府の最終作戦「ヤシオリ作戦」に投入された特殊兵器。

作戦の第一段階として、東京駅中心部にて活動停止中のゴジラを目覚めさせるための陽動としてJR東海の所有するN700系新幹線電車2編成が投入された。

伊福部昭氏が作曲した軽快な『宇宙大戦争マーチ』が流れる中、

新幹線 N700系電車 (無人運転)

のテロップと共に新幹線2編成が高速で東京駅15番線と18番線に進入し、ゴジラに突っ込んで自爆。このシーンには多くの観客が度肝を抜かれる事となった。そして無人新幹線爆弾による陽動成功から、ヤシオリ作戦は犠牲を出しながらも最終段階まで成功を収め、ゴジラに一定量の血液凝固剤を投与する。

無人在来線爆弾とは (ムジンザイライセンバクダンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

無人在来線爆弾

投与後再び暴れるゴジラだったが、度重なる熱線の使用と血液凝固剤の投与により動きが鈍っており、そこへ更に血液凝固剤を投与させるため、陸上自衛隊第32普通科連隊長丹波一佐の号令のもと投入させたのが上記赤字の台詞にある「無人在来線爆弾」である。

ゴジラに襲いかかる無人在来線爆弾

使用された車輌はJR東日本が所有するE231系電車とE233系電車でいずれも中央快速線、山手線、京浜東北線、東海道本線の塗装が施された首都圏通勤用の一般形電車十数編成が新橋・神田両方面から猛スピードで並走しながらゴジラに突入!爆風で浮きあがった電車がさながらチェーンマインの如くゴジラに絡みつき自爆していく姿はまさに圧巻であった。

無人在来線爆弾とは (ムジンザイライセンバクダンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科

 

 

このままでは米軍による核爆弾投下という事態になってしまう

そんな中、ギリギリのところで

血液凝固剤の生産が完了して、ヤシオリ作戦が決行。

 

そこで投入されたのが、この新幹線爆弾と在来線爆弾でした。

 

 

ちなみに、このシーンに至るまでに

確実に架線や線路が破壊されていたと考えられるため

 

この鉄道爆弾を実行するために

急ピッチの突貫工事で

 

壊れた架線・線路を復旧した職人たちがいたことは、あまり語られていない(笑)

 

 

では、無人新幹線爆弾と無人在来線爆弾のシーンを観てみましょう。

 

 すごい!再現されてますね

 

 音楽がまた、気分を高めるんですよね!

 

 「新幹線」という名称を使う時点でJRは許可を出していると思います。

がしかし、破壊してしまう車両に当社のロゴは使ってくれるな、ということかも(^_^;)

 

 リベンジ!

 

 いや、でも、兵器で攻撃しても平気ですぐにすごい金額になりそうですが・・

もし新幹線が無事に生き残ったとしても、きっと崩壊した東京で走れる状態になるのは相当先だから・・別にいいんじゃないでしょうか・・

 

 

 

 

シン・ゴジラを観たい人は、

U-NEXTの無料視聴を活用しましょう!!

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

 

U-NEXTなら、無料で今すぐみられるかも!?

詳しくはリンクへGO

 

日本最大級のビデオオンデマンド<U-NEXT>今なら無料トライアル実施中!

このブログへメール 削除依頼について