読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

【透視】あなたのお父さんはなくなっていませんね?

TV

スポンサーリンク

あなたのお父さんは

なくなっていませんね?

 

 

あなたの回答は・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

・・・

 

 

 

「はい」

 

ですよね??

 

 

あなたのことを透視してみました。

 

 

 

当たってるでしょう??

 

 

相手を自在に操る ブラック心理術 (日文新書)

 

 

これ、実は

人気ドラマ「TRICK」に出てきたモノなんですけど、

要はマジックの1つのようなものです。

 

コールドリーディングの1種なんですかね。

 

要は、本当に知っているわけではないのに、

知っている風に感じさせる話術

というやつですね。

 

 

TRICK1・Episode4の「千里眼を持つ男」に登場する

なんでも透視して当てるという桂木弘章が言った言葉です。

トリックの中では

「あなたのお母さんはなくなっていませんね」

という言葉で登場したんですが。

 

 

「あなたのお父さんはなくなっていませんね」

 

これってどういう意味でとりました??

 

 

例えば、

お父さんが存命されている人なら

「亡くなっては、いませんね?」という意味で受け取り、

「はい、なくなってませんよ」と。

 

逆にすでに亡くなっている場合は

「亡くなって、居ませんね?」という意味で受け取り、

「はい、亡くなってますよ」と。

 

 

つまり、どちらの意味でも「はい」と回答することになる質問なわけです。

 

 

「はい」と言わせることで

この人、、すごい・・と思わせるような話術ってことなんですかね。

 

 

これ、面白いですよね!

 

 

そういえば、こういう会話もありました。

 

 

あの・・あなたの出身地って・・

 

(出身地を教えてもらう)

 

ああ、そうでしたよね。◯◯。

 

あそこ、駅前に商店街がありましたよね、なんていうんでしたっけ??

 

(商店街名を言ってもらう)

 

そうそう、◯◯商店街。

 

あそこに、あの、そば屋さん?ありましたよね。

 

・・・

 

みたいな会話。

 

要は、ありそうなものを少しずつ出していって

相手に答えさせていき、それによって、この人いろいろ知ってる

と思わせる会話。

 

 

こういう会話って

たしかに、詐欺師と言われる人たちは意識的にやってたりするんでしょうが

 

なんとなく、会話のうまい人っていうのは

こういう会話を自然にできてたりするんだろうな、という。。

 

相手が話していて気持ち良いと思えるように

会話を引き出していく

 

それが大事ですよね。

 

 

「話が面白い」じゃなくて「話がうまい」人っていうのは

聞き上手な人といいますし。

 

 

・・・

 

と、TRICKの再放送をみていて、またふと思ったので

書いてみました(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+