読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

住宅展示場の戦隊ショーがすごい(別の意味で)

特撮 TV

スポンサーリンク

こどもが戦隊モノを好きになってくると・・

どこかでショーを観られないかと探すようになるんですよねー。

 

すこし前には、東京ドームのシアターGロッソで行われている

有料のニンニンジャーショーを観にいきました。

 

これはこれで、有料なだけあって、専用劇場で

いろんなアクションがあってとっても面白かったのですが。

 

でも、親としては「安く観られる方法がないか」を探しますよね(笑)

その方が回数連れていってあげることができますし。

 

その時の選択肢としてあるのが・・

「住宅展示場のショー」

 

一度、こういう記事も書いたんですが。

 

naita.hatenablog.com

 

住宅展示場では、かなりの確率で戦隊ショーを開催しています。

同様に、女の子向けならプリキュアショーとか。

仮面ライダーショーの場合もありますね。

 

住宅展示場でのショーといっても、30分間ぐらいはあるみたいですよ。

また、ショーが終わったあとに握手会がある場合もあるとか。

 

無料で観られるなら・・ありがたいですよね。

 

住宅展示場の戦隊ショーが無料な理由

「戦隊ショーを観るため」でもいいから、とにかく「来てもらう」ことを目的にしてるんですよね。

 

小さい子がいる家族、これから家を買いそうな人たちに。

 

そりゃ、すでに家を買ってたり、全く家を買う気がない人も含まれているわけですけど、そこをふるいにかけるのは難しい。

ので、とりあえずたくさんの人を集める、ということを目的に開催しているわけですね。

 

「家を売るための宣伝」の一環として、「広告宣伝費」を使ってショーを開催していると。

だから観に来る人からはお金をもらわないという仕組み。

 

来場した人にいかに住宅に興味をもってもらうかは・・腕の見せどころですが。

どうなんでしょう?なんらかの協力を求められたりするんですかね??

名前を書いたり、どこかへ寄ってくれと言われたり。

 

まあ、チラシなんかは大量に渡されたり、

きっとマイクアナウンスでいろんな宣伝が入るとは思うんですが。

実はまだ、まともに行ったことがないので、そこまではわからないんですが。

 

住宅展示場の戦隊ショーがすごい(別の意味で)

住宅展示場での戦隊ショーってどんな感じかな??と思い、

YouTubeで探してみたら。

 

で、これをみて、すごいと思ったことが。。

 

 

え〜〜っと・・

 

ステージがすごい(笑)

 

 

何がすごいって、

背面一面に物件情報が(笑)

 

ニンニンジャーの世界観ぶち壊し(笑)

 

 

いや、専用劇場ではないので、

ある程度はやむをえないんですけど(^_^;)

 

これは完全に意図的。

 

 

お子様はショーをみてくださーい!

 

親御さんは、物件情報をみてくださいねー!

 

 

ってことなんでしょうか(笑)

 

 

まあ、すべての住宅展示場がこうではないと思いますが

これには衝撃を受けました(笑)

 

 

ショーを開催して、集客し、住宅を売る・・

ということの効果を最大限に高めるための方策なんでしょうか(笑)

 

 

まあ、こどもにはうしろの図面は意味がわからないし

きっと登場人物に集中するから、ステージ背面がどうなってようが関係ないんですかね(笑)

 

まあステージにこだわるなら、たとえばこういう場所でのショーの場合

正義の味方も敵役も同じところから出てきますしね(笑)

うしろにあるテントに両方ともいるんでしょ!?みたいなツッコミも入ります。

 

 

なので、まあ気にすることはないと思いますが。。

 

 

いや、これはすごいなと思いました(笑)

アイダ設計さん。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+