読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

ボイスレコーダー、Amazon格安のおすすめ選び方

Amazon

スポンサーリンク

最近、ボイスレコーダーを買う機会がありまして。

ただ・・お金はかけたくない。と。

 

そもそも、iPhone持ってるし、本当ならiPhoneで代用すればいいんですけど

どうしても携帯が使えない場所で使いたかったので

 

小さくて、安いボイスレコーダー(ICレコーダー)を探していました。

 

「ボイスレコーダー 格安」とかで検索したら

いろいろ出てくるんですよね。

 

めっちゃ安いやつとか(笑)

 

実は数台購入してみたんですよ。

それで失敗した!っていうのもあり、それを共有させていただこうかなと。

 

これがいい!っていうのに、最終的には出会うことができました。

Panasonic ICレコーダー 2GB ブラック RR-QR210-K

 

最初にAmazonで買った、めっちゃ安いボイスレコーダー

 

 

これ、小さくて良さそうやん!

しかも2000円もしないのかー!

 

と買ってみたんですけど・・

ちっさすぎ(笑)

 

音を再生するときに聴くのはイヤホンだし、イヤホンは邪魔。

さらにボタンが最小限しかついてなくて、何が何のボタンなのかよくわからない。。

 

ということで相当使いづらくて、これは・・なかったことにしよう、、と(笑)

 

 

次にAmazonで買ったボイスレコーダー

 

 

これは2000円台。

細くて良さそう。スピーカーもついてるし。

 

ということだったんですけど(笑)

まずは説明書が全部英語(笑)

意味がわからない。

 

まあ、なんとか使い方はギリギリわかったんですけどね。

録音した音声を聞いて、これはないなと。

雑音がひどい。

周囲の音を拾って・・というよりは、何か別の異常音的な音がいつも入ってしまう。

 

これじゃあ、自分のボイスメモとして使いたい自分の使い方とは合わないので・・

無かったことパート2!!

 

 

最後にAmazonで買ったおすすめボイスレコーダー

 

OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek VN-7300 ブラック 2GB かんたんメモ録 VN-7300

OLYMPUS ICレコーダー Voice-Trek VN-7300 ブラック 2GB かんたんメモ録 VN-7300

 

 

「安物買いの銭失い」とは良く言ったものです(笑)

まさにそれでした(笑)

 

最後に買ったのは、大手メーカー「オリンパス」のボイスレコーダーです。

 

これは・・大正解でした。

最初からこれを買うべきでしたね。

 

日本人なら、日本の信頼できる大手メーカーの製品を買っておくのが無難ですね。

電化製品は。

 

しかも、このボイスレコーダー、

大手メーカーが作っているものとしては十分に安い。

 

3000円台です。

 

格安といっていいんじゃないでしょうか。

そりゃ最初に買ったやつや2つめのは1000円台、2000円台でしたけど

結局、その価格に見合った商品でしかなく、使い勝手が非常に悪かった。

 

説明書はもちろん日本語ですし、

ボタンもわかりやすく、直感的に操作可能。

 

また音声もクリアです。

 

難があるとしたら、若干大きめってことぐらいですかね。

ただ、手におさまるサイズですので、邪魔にはなりません。

 

 

Amazonはもともと安いので、安物買いの銭失いはするな

Amazonは取り扱い点数が1億点以上と言われるほど商品種類が豊富なので

どんな製品でもビックリするぐらい安いものがあります。

 

・・が、そういうものはたいてい

安い理由があります(笑)

 

完全に外国製品で説明書も何もかも英語で意味不明だったり。

機能が制限されていたり。

 

まさに「安物買いの銭失い」で

安いものを買って得をしたと思った直後に、結局使い物にならず

買い直しする羽目になってお金を余計に使ってしまう

 

これになります。

 

なので、ある程度安心できそうな商品を最初から選ぶのが最も賢い

アマゾンでの買い物の仕方かなと、再確認しました。

 

みなさんもご注意を(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+