読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

焼き芋を最も簡単に美味しく焼ける方法、あのニュースで得する人損する人

食べ物 スイーツ

スポンサーリンク

冬の味覚といえば、焼き芋!

 

 

以前、相当ハマってて、ネットで安納芋を注文しては食べる、

というのをずっと繰り返していました(笑)

 

その時は、とにかく「早く食べたい!」ということで

どうすれば早く焼き芋を、それなりの味で食べることができるのか

ということを追求し、たどりついたのがコレでした。

 

 

naita.hatenablog.com

 

これは、とにかく「早く」作りたい人向けです!

 

簡単に、早く、それなりの味で

というなら、上の電子レンジを使った方法がオススメです。

 

 

ですが、できればやっぱり「美味しく」焼ける方法がいいですよね〜。

そして、簡単、手軽に。

 

まあ、時間は電子レンジには負けますけど

たいした手間をかけずとも、自宅で十分に美味しい焼きイモを焼くことは可能です!

 

この方法は僕も以前からやっていましたが、

日テレ系のバラエティ「あのニュースで得する人損する人」でも紹介されたそうです。

 

サツマイモ農家の方がお墨付きの方法なので、間違いないと思います。

 

焼き芋を最も簡単に美味しく焼ける方法

家で、簡単に石焼きいもと同じような状態を作り出すなら・・

オーブントースター

が最も良いそうです。

 

オーブントースターで美味しく焼ける理由は・・

細かく言うといろいろあるんですが(笑)

 

ざっくりいうと、

サツマイモが美味しくなる温度というのがあり、

トースターで焼くと、その温度を一定時間保つことができる、ということです。

 

ちなみにその温度というのは、サツマイモの中身が65℃〜75℃ぐらいということで

高すぎてもダメなんですよね。

 

変に手を加えなくてもその温度にできて、しかもそれが長い時間続くので

どんどん甘くなっていくと。

 

 

では、やり方ですが。

 

まずは、甘いサツマイモを用意します(笑)

 

美味しいサツマイモが作れるかどうかは、芋選びにかかっています(笑)

まあ・・あたりまえですよね(笑)

 

全く甘みのないサツマイモを甘く焼く方法は・・やっぱりありません(笑)

もしこの方法でやってみて甘くなければ、それは芋が良くなかったとあきらめましょう。

 

やっぱり安納芋がおすすめですけど、

スーパーで売ってるサツマイモもけっこう美味しいのありますからね。

 

鹿児島・種子島産 大きさ無選別 安納芋 訳あり 家庭用 5kg

鹿児島・種子島産 大きさ無選別 安納芋 訳あり 家庭用 5kg

 

 

紅はるか、とか売ってますしね。スーパーでも。

お店の人に聞いてみるのもいいかもしれません。

焼きイモに向いてるのは、どれ??と。

 

 

サツマイモを洗います。

洗いたくなければ・・まあそれでも(笑)

ぼくは皮もすこしは食べてしまうので、洗います。

 

 

洗ったサツマイモをキッチンペーパーで拭きます。

あらためて書きますが、面倒だったら洗わないでいっちゃいましょう(笑)

 

オーブントースターに入れます。

 

そして、焼きます。

 

焼く時間ですが

 

850Wで片面20分、裏返してまた20分

 

ということらしいんですが。

 

ワット数って機種によって違いますよね、オーブントースター。

なので、そこはワット数によって時間を調整しましょう。

 

あとは、芋のサイズにもよりますよね。

小さければ、時間は短くてもいいかもしれません。

上の写真のサツマイモはやや小さい方だと思います。

 

ただ、時間があれば、できればワット数は大きくするより小さくして

時間をのばした方が、さきほどいった「サツマイモが甘くなる温度」を長く保つことができると思います。

 

ワット数を上げると、温度が上がりすぎて、サツマイモが甘くなる温度を超えてしまう可能性が出てくると思われます。

 

 

ということなんですが

 

うちのオーブントースターはワット数が

1000W 740W 500W 240W

ということなので・・

 

選ぶのに迷ったのですが

とりあえず「1000W」にしちゃいました(笑)

本当は低めで長くやった方がいいんですけどね(笑)

 

 

あと、時間は20分が理想ですけど、

トースター自体の最高設定時間が15分なので

 

15分焼いたら裏返して、また15分焼き・・

だいたい30分でやることにしました。

 

 

f:id:AR30:20151209203201j:plain

 

けっこう香ばしく焼けました。

十分美味しい状態です。

 

 

ただ、なんとなくですが、ちょっとパサツキがあるような気が。

 

たぶん、高い温度で焼き過ぎた・・ってことなんですかね。

 

 

うちの場合なら、740Wで表裏15分、15分焼いて

その時点で爪楊枝を刺してみて硬かったらさらに裏返して15分焼く

 

というのが最も良かったかもしれません。

 

 

参考に・・!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+