読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

保育園には見事に太った子がいない

育児

スポンサーリンク

何らかの先天的なもので・・ということもあるかもしれないので、絶対ではないんですが。。

 

保育園でいつも思うこと。

 

「太った子がいない」

 

いや、見事にいないんですよ。

小さい子のクラスから、小学校前の大きい子まで。

 

でも、休みの日にこどもと公園に行ったりすると・・

けっこういるんですよね、「肥満児」と言われてしまいそうな子って。

 

なんで保育園には太った子がいないのか・・

 

考えられることを列記。

 

子供の肥満を防ぐ100のレシピ

 

・規則正しい生活をしている

いやー兵隊か!っていうぐらい、毎日同じ生活を送っています(笑)

悪い意味ではなくて(笑)

何時から朝の会をやって、それからしばらくしたら外へ遊びにいって

帰ってきたら昼ごはん、そして昼寝、起きたらおやつを食べて・・

保育園内でみんなで活動したら、はいお迎え、みたいな。

変な時間にごはん食べたりしないので、食べ過ぎたりもないですし。

そして、小さいうちは昼寝が入ることでかなり健康的な毎日を送ることができてるみたいです。

ただ、弊害として・・保育園で昼寝をしてる時間はお休みの日も眠くなるので・・

親とでかけても、12時〜15時は毎回眠くなります(笑)

寝かせないと、不機嫌になります(笑)

 

・余計なものを食べない、カロリー計算されている

食べるものは管理栄養士が考えたメニューで、もちろんカロリー計算や栄養は考えられてますし、味付けも薄味です。

量も適量で・・多少のおかわりはあり、という。

で、おやつもちゃんと出るんですけど、おやつといっても一般的なお菓子ではなく、

やきそば、とか、おにぎり、とか。

そういうものが出たりします。

これも栄養計算に入っているみたいですね。

そして、昼ごはんとおやつ以外の時間は何も食べません。

自分で持っていくわけではないですし、それ以外はお茶を飲むだけ。

無駄に食べずに、必要なものを必要な量摂っているから健康なんだろうと。

 

・運動する!

最も効果があるのかなと思うのは、運動をするということ。

晴れていたら必ず公園へ行って遊びますし。(うちの保育園は園庭がないので、近隣の大きい公園へ先生が連れていきます)

雨の日も、園内で身体を使った遊びをやってるみたいです。

身体を動かして遊ぶことが習慣になっているので、休みの日に親と遊びにいくのも・・

「どこへ行きたい?」と聞くと「コーエン!」と言います(笑)

 

 

逆に言えば、家にいる子で太っている子っていうのは・・

これができてない可能性が。。

 

個人差もあるとは思うんですけどね、太りやすいかどうか、とか。

ただ、こんなに小さい時からその個人差ってハッキリ現れるものなのか。。

 

よく聞くのは、小さい時の食生活や体型が大人になってから影響するという話。

こどもの時に太るような生活を送っていると、それを身体の細胞が記憶してしまい

一生涯に渡って太りやすい体質になる、らしい。

 

 

保育園へ行ってると、上のような生活を週5日間は毎日やってますし、

むしろ休みの日もそれに近づけたような過ごし方になります。

 

これをやってると・・なかなか太らないんだろうと。

 

 

専業主婦(主夫)のおうちでは、これをしっかりやるのは

実はけっこうたいへんなんじゃないかなと思いますね。

 

どうしても家事をやるときなんかは静かにしておいてほしいと思い、

テレビをじっとみせていたり、お菓子を与えてしまったりしがちだと思うので・・

 

そうならないように取り組まれている専業シュフの方ってすごいなと思います。

こどものことをコントロールできる、というよりも

自分を律することができる人なんだろうなと(^_^;)

 

 

うちの子は、相当ごはんを食べるなぁ・・といつも思っているんですが

その割には太らない。

 

なんでかな、と思うと、やっぱり上のような理由で保育園のおかげかなと思います。

 

 

保育園へ行ってると、自然と身体を使って遊んでいる上、

さらに、平日はほとんど「お菓子を食べる時間」がありません(笑)

帰ってきたら、お風呂入ってごはん食べて、寝るだけですし。

朝も朝ごはん食べたら、すぐ保育園ですからね。

 

 

スーパーへ買い物へ行ったりするとお菓子を欲しがって、買ってあげたりするんですが

でも、買うだけで満足して(笑)食べません(笑)

というか、食べるタイミングがなく、思い出しません。

 

結果、親が食べて、親が太ってます(笑)

 

 

ということで・・・

 

俺も保育園へ通った方がいいかなと・・(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+