読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

東京ディズニーランド・USJの1デーパスチケット代価格推移比較(2016年2月)

テーマパーク

スポンサーリンク

USJが2016年2月にまた、

チケットの値上げをすると発表しました。

 

ここ数年の値上がり幅が・・すごいですね。

USJは好調なだけに、今のうちに稼げるだけ稼ぎたい

というのがあるのかなと。

 

そして、東京ディズニーリゾートもそれに追随。

きっと、USJに遅れてきっとまた東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの値段も上がると予想されます。

 

正直、東京ディズニーランドやUSJに行く人は

「価格」で行き先を選んでないと思うんですよね。

 

もし価格で選ぶなら、1日遊べてもかなり入場料金が安価な動物園とか、そういうところに行くと思われます。

 

「他ではできないことを体験する」

ためなら、たしかに金額はさほど問題ないのかもしれません。

 

 

また、距離が近い人なら違うかもしれませんが

大半の人は遠方から新幹線を使って電車できたり、飛行機や高速道路を使っての車やバスなど、交通費もかかるし、宿泊代もかかる、と。

 

そこへ行くためにかかるお金をみたときに

今の時点でもまだ、メインの目的であるユニバーサルスタジオジャパンや東京ディズニーリゾートの入場料金よりも宿泊代の方が高い人多いはず。

(安いビジネスホテルなら・・別ですけど)

 

そう思えば、たしかに、価格を上げる余地はありそうですよね。

上げたところで遊びに来る人が減るとは思えないので。

 

あの規模のテーマパークは

USJと東京ディズニーランド、東京ディズニーシーの3つしかないですから。日本には。

 

最近はハウステンボスなんかもありますが、ちょっと毛色が違います。

 

USJ・TDL・TDSはアトラクションの規模がハンパなくデカイ。

アトラクション1つで、小さい遊園地1個分ぐらいの建設費がかかっていますから(笑)

 

そんな乗り物を体験しようと思ったら

それはUSJかTDRに行くしかないんですよね。

 

USJは大阪、TDRは東京(正確には千葉ですが)なので地域は離れており

寡占状態というよりも、ほぼ独占状態だと思います。

 

まあ・・・テーマパークに遊びに行くっていうのは必需の消費ではないですから・・

高い金額が嫌なら、遊びに行かなきゃいいんですよ(笑)

 

でも、きっと今の状態なら、行く人多いでしょうね〜〜

 

とすれば、まだまだチケット代は上がる可能性があるってことですね。

 

USJ「魔法で復活」の真実 何でもアリで脱するドン底 (朝日新聞デジタルSELECT)

 

東京ディズニーランド・USJの1デーパスチケット代価格推移

2015年12月時点の情報です。

今の時点では、2016年2月にUSJが値上げを発表していますが

東京ディズニーリゾートは発表してません。

 

東京ディズニーリゾート    ユニバーサルスタジオジャパン

1デーパスポート(大人)   1DAYスタジオ・パス(大人)

 

どちらも1日入場券です。

ただ、「大人」の区分が違います。

TDRは18歳以上、USJは12歳以上だそうです。

 

USJの「大人」って最初から12歳以上でしたっけ・・?

 

 

月は省略してます。

 

年    東京ディズニーリゾート  ユニバーサルスタジオジャパン

1983年 3,900円(オープン)    

1984年 

1985年 

1986年

1987年 4,200円

1988年

1989年 4,400円

1990 

1991 

1992年 4,800円

1993 

1994 

1995 

1996年 5,100円

1997年 5,200円

1998 

1999 

2000

2001年 5,500円

2002年               5,500円(オープン)

2003

2004 

2005 

2006年 5,800円          5,800円

2007 

2008 

2009 

2010                6,100円

2011年 6,200円          6,200円

2012                6,400円

2013年                6,600円

2014年 6,400円          6,790円→6,980円

2015年 6,900円          7,200円

2016年                7,400円

 

 

ここ数年の値上がりがハンパないですね(笑)

とくにUSJ。。

 

まあ、でも、投資額に見合っているといえば見合っているのかも。

ハリーポッターのエリアとか、相当な投資額でしょうし。

 

やっぱり今後も投資を継続していくには・・お金が・・

というのは、企業側の論理。

 

 

お客様視点で考えたときには

チケット代が上がったとしても、上がった分だけ1日に体験できる遊びが増えればいいんですけど・・

 

混雑してて待ち時間が多く不可能だったり、

そもそもアトラクションの数が多くても、食事の時間とかも必要でまわりきれなかったり。

 

価格が適正なのかというのは、消費者側がよく精査しなきゃダメですね。

もし高いと思うなら、行かない方がいいでしょう。

 

それでも行くって人は、結局お金は関係ないってことですね(笑)

だったら、テーマパーク運営会社が値上げするのもやむをえない・・と。

 

それだけ利益も増えますからねー。

 

 

チケット代の値上げって、ほぼ原価無しで単純に儲けが増える

けっこう簡単な錬金術ですからねー

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+