読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

クラウドファンディング・Kickstarterで腕時計を買ってみた

WEB グッズ

スポンサーリンク

前から気になっていたのが、クラウドファンディング。

ネット上などで不特定多数の人から資金を集め、

新しい事業や製品の開発を行う、そういうものですね。

 

正直、わかるような、わからないような感じではあったんですけど、

いつかは、ちょっとお金を出してみたいなーなんて思っていました。

 

そんな時に見かけたのが、この腕時計。

www.kickstarter.com

 

おーーこれなんかカッコイイ。

 

これの開発費としてのクラウドファンディング・・ですかね。

これをKickstarter(キックスターター)で募集中!というのをみて。

 

うーん。。

本当にちゃんと製品が完成して届けてくれるんだろうか・・

と不安に思いながらも、

 

えーい

一度はチャレンジしてみよう!

 

ということで、お金を出してみることにしました。

 

 

出資する手順はこちらに詳しく書かれています。

gigazine.net

 

 

注文した内容はこんな感じ

 

Amount pledged (出資額)
$418.00 USD


Estimated delivery (配送予定日?)
Aug 2015


Shipping (配送費用)
Japan ($19)

 

 

けっこうな・・買い物に・・なりました(笑)

いや、買い物ではないんです。

これはあくまで出資。

 

場合によっては、何もなかったことになる可能性も・・あるわけです。

だから、確実に商品を手に入れたい人は、やめといた方がいいですよ。

注意点はよく確認しておきましょう。

 

ちなみに、やっぱり届かないって人もそこそこいるみたいです。

こちらにそれは解説されています。

 

gigazine.net

 

 

実は、上の注文時の「配送予定日」は2015年8月だったんですが、

その時期には届きませんでした。。

 

もう届かないのか・・とあきらめていた中、上のこの記事をみたので

あ〜〜自分もそっちがわか〜〜と思ってましたよ(笑)

 

 

それが・・12月下旬になって、なんと!届きました!!

12月27日です。届いたのは。

 

 

いや、カッコイイ!!

 

現時点では普通に売っているものではないので、

特別感もありますし。

 

 

 

このクラウドファンディングでモノを買う意味というのは

 

・革新的な商品の開発を手助けして、手に入れる

 

ということと、

 

・実際に販売される時よりも、安く手に入れられる

 

というものがあります。

 

 

ぼくの場合のこの時計も、実際の販売価格より$100ぐらい

安く買えたことになったようです。

 

 

到着が遅くなってかなり不安にはなりましたが、なんとか手に入れることができました。

 

その間、なんどかメールは届いていたんですが

全部英語で(笑)

 

なんとなく意味はわかるんですが、やや不安だなと(笑)

 

 

実は英語でのやり取りは難しいという人のために

海外クラウドファンディングサイトへの投資(商品の購入)を簡単にできる日本語のサービスがあるようです。

 

www.rakunew.com

 

こういうのも便利ですね。

 

何度も言いますが、クラウドファンディングはあくまで「投資」

だから失敗もありえます。

 

もしどうしても自分が開発を応援してみたい!

この商品ができあがるなら欲しい!(お金を投資してでも)

 

と思えるようなモノがあれば、ぜひチャレンジしてみてください。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+