読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

プライベートジェットの値段・維持費用はいくら?レンタル可能?

飛行機

スポンサーリンク

タレントの紗栄子さんがZOZOTOWNの社長を務める前澤友作社長との旅行の写真をインスタグラムにアップしたところ

それがプライベートジェット機での旅行だと話題になっていました。

 

f:id:AR30:20160108204711p:plain

www.instagram.com

 

それで、今朝のTOKIO国分太一・真矢みきが司会を務める「白熱ライブ・ビビット」でプライベートジェットのことを詳しく伝えられていたので、まとめておきたいと思います。

 

 プライベートジェットの値段はいくら?購入価格

機種によっても違うので、たぶんピンきりかと思います。

小さいものから、本来200人ぐらい乗れるものを改造したような巨大なものまであるようで。

事例でご紹介します。

 

★今回の紗栄子さんの写真の飛行機

もし新機なら48億円ぐらいするそうです。

 

 

★ブラッド・ピッド

50億円

 

http://odajorighee.tumblr.com/post/136875250516/またしてもアンジーねたさらに追加画像から

 

★ジャッキーチェン

 35億円

 

http://odajorighee.tumblr.com/post/136875348076/001372acd73d10dbb47c24jpg-600-400から

 

★ ジャスティン・ビーバー

72億円

 

http://odajorighee.tumblr.com/post/136875427236/082dfe80jpg-480-480から

 

★堀江貴文

25億円

※2010年ごろ、9億円で売却

 

★ドナルド・トランプ(米 実業家)

109億円

http://odajorighee.tumblr.com/post/136875512581/125792172081adb04d1e04278a53be7600dd5f239djpg

 

 

とにかく、やっぱりデカイと高いみたいです(笑)

デザインも、もちろん希望で変えられます。

ジャッキーチェンとかトランプ氏みたいに、自分の名前を入れたりもできますし。

 

あとは内装にどれだけお金をかけるか。

トランプ氏のプライベートジェットは高級ホテル以上の設備らしいです。

 

金でできた洗面台とか。

 

でも、日本ではあんまり持っている人がいないそうです。

 

 

保管したりも難しいみたいですね。

置いておけるところもあまりないみたいですよ。

今日本にはだいたい40機程度のプライベートジェットがあるそうですが

そのほとんどが岡山空港に置いてあるそうです。

プライベートジェットが置ける駐機場があるってことですね。

 

プライベートジェットの維持費はいくら?

・パイロット(運転士) 年間2,000万円〜2,500万円

・フライトアテンダント 年間400万円〜500万円

・整備士        年間1,000万円

・定期点検       年間3,000万円

・格納庫(駐機料)   月100万円(岡山空港で年間契約の場合)

・燃料代、保険

 

合計年間        2億円〜3億円

 

 

定期点検というのは、部品の交換代等もあれば、

飛ばしていないと部品がダメになるため、利用者がいなくても飛ばしたりする必要もあるそうで、その費用等も含むとか。

 

 

日本でプライベートジェットが増えない理由としては

・飛行場の数が海外より少ない?

・専用ラウンジがあまり無いからメリットがない

 

などなどです。

 

 

まあ、上に書いたような費用をかけてまで持つことがデキる人がいないのと

飛行機が好きでなければ、お金をかける意味もないですよね(笑)

 

 

ZOZOTOWN前澤友作社長も個人で持っているのか、共同所有なのかはわかりませんが。

昔は企業で持ってることもあったそうですが、最近は・・

そういうのはないですよね・・船なんかも。 

 

 

 プライベートジェットをチャーター・レンタルする費用は?

これも事例で。

 

★東京・伊豆大島往復(6人乗り・日帰り)

100万円(1人16万7,000円)

 

★東京・函館往復(6人乗り1泊)

270万円(1人45万円) 

 

 

 日帰り利用なら・・やろうと思えばやれる金額かもですね(笑)

相当憧れがあるなら、やってみてもいいかもしれません。

 

ただ、すぐついちゃいますよね(笑)

正直、行き先よりもプライベートジェットに乗ってることの方に価値がありそうなので

時間を考えると・・もったいない・・(笑)

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+