読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

はなまるうどんでは、コロッケがオススメ(きつねうどんに投入)

グルメ

スポンサーリンク

関西人はたいてい、うどんが好きです。

なぜかというと、お手軽に食べられるうどん屋が昔から身近にあったから・・ですかね。

 

ぼくの場合も、かけうどんなら1杯200円もしない立ち食いうどん屋が近くにあり、

よく通ってました。

 

そして、そのうどん屋が・・美味しいんですよね。

ただ安いだけでなく、美味しい。

 

そんな環境で育ったので、大人になっても、ふと

自宅ではなくふらっと入れるお店でうどんを食べるのが好きです。

 

とはいうものの、愛知県とかに住んだときには・・

そういう店って少なかったんですよ。

 

うどん1つで800円とか(笑)

手打ちうどん、とか書いてあって、たしかにいろんなものがついてきての800円ではあるんですけど。

 

どんなに手が込んでいて、おまけがついても、

あの、実家近くにあった立ち食いうどん屋には勝てないんですよね。。。

 

 

でも最近は、「はなまるうどん」とか「丸亀製麺」とかができて

安くて美味しいうどんが比較的簡単に食べられるようになったなぁ〜と思います。

 

 

そういううどんチェーン店でも、ぼくは、はなまるうどんが好きです。

 

つゆが好みっていうのがまず1番の理由ですかね。

あれ、関西風だと思うんですけど、違いますか?

関西風っていうか、讃岐風ですかね(^_^;)

 

香川県の人ってけっこう関西弁なんですよね。

だからたぶん、文化も関西や大阪に近いと思われます。

 

透き通ったうどんつゆが美味しい。

 

 

そして、はなまるうどんをオススメする理由には・・

 

 

コロッケが美味しい(笑)

 

それ、うどん関係ないやん!!

と怒られそうですが(笑)

 

もはや、コロッケが好きではなまるうどんへ行ってるような気さえしてます。

 

 

たしか、たいした具は入ってなかったと思うんですよ、このコロッケ。

 

ただ・・衣はサクサク!そのまま食べて美味しい。

 

そしてここがポイント。

ほんのり甘い(笑)

 

これは完全に好みなんですけど、この甘味があるコロッケっていうのが僕はどんぴしゃで。

 

大好きなんです。

肉屋のコロッケはうまい、といいますが、今のところ、あらゆる肉屋でもコロッケを食べてきましたが、はなまるうどんのコロッケが最強です(笑)

 

 

そして、ここからはぼくの変わった食べ方になるんですが・・

 

少し前に「ポテトそば」ってちょっと流行った(?)と思うんですけど、

ぼくは・・「コロッケうどん」が好きなんですよ(笑)

 

 

さっきも言ったように、このはなまるうどんのコロッケ、もちろん衣サクサクもぜひためしてみて欲しいんですが、それを2口3口試したあとは、どーんと、うどんのつゆの中にコロッケを入れてしまいます!!

 

えぇ〜〜!?

と言われそうですが、ぼくはこれが好きなんです。

 

 

たいてい、うどんは「きつねうどん」にしますね。はなまるうどんでは。

ぶっかけとか、いろんなうどんを試しましたが、やっぱりノーマルな普通のうどんが美味しいんですよ。

 

 

そして、きつねうどんはこれまたちょっと甘目なのでそれは好みですが、

あげからでる旨味もあって、うどんの味を数段アップさせてくれると思ってます!

 

そこへのコロッケ投入!

 

ひたひたに・・

 

 

 

 

でも、ほっとくと、コロッケの中身が少しずつうどん汁に溶けていってしまうので

溶けない程度に見張っておいて

うどんの合間に食べます。

 

うどんつゆを吸ったコロッケがまたちょっと違う味わいを楽しませてくれます。

 

とろっとした中身もまた美味しい。

 

 

ぼくは甘めが比較的好きなので、きつねうどんを選んでいますが

ノーマルのかけうどんでもいいと思います!

 

 

ぜひはなまるうどんにいったら、あたたかいつゆのうどんとコロッケを注文してみてください。

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+