読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

大河「真田丸」兄弟役の大泉洋と堺雅人の年齢、草刈正雄と段田安則に注目

TV 芸能人

スポンサーリンク

大河ドラマ・真田丸、第二話も観てます。

今回は・・ぜひ見続けたいなと(笑)

 

まあ、戦国モノっていうだけでワクワクしますしね。

そして、三谷幸喜脚本ですし、他の人にはないような新しく素敵な解釈がなされ、観ている人がそうか!と言えるような楽しさを提供してくれそうな、そんな期待をいだいています。

 

さて、真田丸の見どころはたくさんあるんですけど、

第一話から少しモヤモヤしていたこと。

 

 

主要登場人物である真田家のキャストです。

 

真田昌幸       草刈正雄

真田信之       大泉洋

真田信繁(真田幸村) 堺雅人

 

草刈正雄の真田昌幸がすごい

 

初回の放送をみて、これはすごいな〜と思ったのは、草刈正雄さんでした。

 

これまでの真田昌幸のイメージは、まさに「老獪(ろうかい)」

意味は・・「経験を積んでいて、悪賢いこと」だそうです(笑)

 

まあ・・悪いとまではいきませんが、

「日本の賢いおじいちゃん」みたいな。頭が切れる。

 

・・というイメージと草刈正雄さんが、どうしても合わなかったんですよね〜〜

 

ただ、初回の放送をみてビックリしました!!

草刈正雄さん、こんなにうまく、草刈さんらしい真田昌幸を演じられるとは。

 

草刈さんってちょっと外国風の風貌ですもんね、ビックリです。

 

この見た目からして、やるな〜という感じです。

f:id:AR30:20160120215246p:plain

 

 

一番モヤモヤしたのは、兄弟の年齢

でも、一番モヤモヤしたのは、草刈正雄さんではなく

兄と弟の関係です。

 

兄・信之役の大泉洋さん と

弟・信繁役の堺雅人さん

 

です。

 

ぼくのイメージだと、大泉さんの方が5歳ぐらい若そうな・・

 

じゃあ何歳なの??

と言われれば・・そうですねぇ・・

 

大泉さん、38・39歳ぐらい?

f:id:AR30:20160120220632p:plain

 

堺雅人さん、43・44歳ぐらい?

f:id:AR30:20160120220641p:plain

 

みたいな。

 

まあ、これまでの活動も影響してると思うんですよ。

 

大泉洋さんは全国区での活動としてはドラマが主ですけど、バラエティでバカやってますし(笑)

まあドラマでも、比較的若くみえるような役が多い。

ハケンの品格でのサラリーマン役のイメージみたいな。

 

対して、堺雅人さんといえば・・最近だと半沢直樹。

そして、リーガルハイでの弁護士役。

 

リーガルハイの方は落ち着いた役ではないんですけどね、いかんせん弁護士ですし。

 

また、もともとの顔のつくりもありますよね。

堺雅人さんの方が老けて・・みえる(笑)

 

 

え〜〜!?

弟が堺雅人??!!

 

というのがあったので、ちょっと年齢を調べてみました(笑)

 

すると・・

 

 

Wikipediaによると

 

大泉洋 - Wikipedia

大泉洋 1973年4月3日

2016年現在で、42歳だそうです。

 

堺雅人 - Wikipedia

堺雅人

堺雅人 1973年10月14日

2016年現在で、42歳だそうです。

 

 

え?!

 

歳一緒やん(笑)

 

 

同い年とは・・(笑)

 

まさかの結果でした(笑)

 

 

であれば、まあ、兄弟役でもおかしくはないですね。

 

この年齢みて思ったのは、

 

大泉さん実年齢より若い!

堺さん、実年齢より落ち着いてみえる!

 

 

どっちも演技がうまいってことなんですかね。

 

ちょっと驚きでした。

 

滝川一益役が「秀吉」と同じ段田安則さん

もうひとつ、本筋の話とはあんまり関係ないのですが

第2回の放送で「滝川一益」が登場しました。

 

それを演じているのが・・あれ??!!

 

なんか、この人、滝川一益イメージある人だ・・

 

 

と思ったのが、段田安則さん。

 

f:id:AR30:20160120215210p:plain

 

竹中直人さん主演の大河ドラマ「秀吉」でも滝川一益役だったんですよね〜

 

秀吉はしっかり観ていたので、僕の中では「滝川一益」のイメージは

段田安則さんでした(笑)

 

 

で、今回も段田安則さんが起用されているのをみて

あ、もしかしたら三谷幸喜さんにとっても、滝川一益のイメージは段田安則さんだったのかなとちょっとうれしくなりました(笑)

 

ということで、色々見どころある真田丸、次週以降も期待してます!

 

 

オープニング映像がかっこいいなぁ〜音楽もイイ♪

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+