読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

お札両替詐欺の手口、5千円札・1万円札の場合

スポンサーリンク

タバコ屋とかコンビニとか・・

現金のやりとりをする可能性がある場所の場合は

気をつけなきゃいけないのが・・両替詐欺。

 

両替詐欺という言葉自体は聞いたことがあるんですけど

実際にどういうものを言うのかは・・

 

実はよくわからず。。

 

だから、人ごとかな〜という気もしてた部分があったんですけど、

この両替詐欺って、手口を知ると・・

 

こりゃ危険だな、と思いました。

 

 

なので、その手法というのをここに書いておきたいと思います。

 

まあ、よく考えたら・・大丈夫なはずなんですけどね。

相手が焦るような状況で行うのが常套手段みたいですね。

 

【ノーブランド品】【100万円グッズ】 新型 百万円札 メモ帳 5冊

 

お札両替詐欺の手口

 

次のやり取りをみてください。

 

 

詐欺師「千円札5枚を、5千円札に両替してください」

 

詐欺師:5枚のお札を出す

 

店員「はい、いいですよ」

 

店員:5枚のお札を受け取る

 

店員:5千円札1枚を出す

 

詐欺師:5千円札1枚を財布に入れる

 

店員「受け取ったお札の中に、5千円札が混ざっていますが」

 

詐欺師「いまそこに、千円札4枚と5千円札1枚があるんですね」

 

詐欺師「じゃあ、千円札を1枚足しますから、いっそのこと1万円札にしてもらえますか?」

 

店員「わかりました」

 

店員:1万円札を出す

 

詐欺師:1万円札を財布に入れ、立ち去る

 

 

 

さて・・これをやると、どうなるんでしょうか。

 

どこが問題か、わかりました??

 

 

正解は、詐欺師が最初に受け取った5千円がまるまる儲けになります。

もう一度、注釈付きで書いてみます。

 

 

詐欺師「千円札5枚を、5千円札に両替してください」

 

詐欺師:5枚のお札を出す 詐欺師ー9千円(千✕4、5千✕1)

 

店員「はい、いいですよ」

 

店員:5枚のお札を受け取る 店+9千円(千✕4、5千✕1)

 

店員:5千円札1枚を出す 店ー5千円

 

詐欺師:5千円札1枚を財布に入れる 詐欺師+5千円

 

店員「受け取ったお札の中に、5千円札が混ざっていますが」

 

詐欺師「いまそこに、千円札4枚と5千円札1枚があるんですね」

 

詐欺師「じゃあ、千円札を1枚足しますから、いっそのこと1万円札にしてもらえますか?」

 

店員「わかりました」

 

詐欺師:千円札1枚を出す 詐欺師ー1千円

 

店員:千円1枚を受け取る 店+1千円

 

店員:1万円札を出す 店ー1万円

 

詐欺師:1万円札を財布に入れ、立ち去る 詐欺師+1万円

 

 

これ・・合計すると

 

詐欺師 +5千円

店   ー5千円

 

 

途中の

詐欺師「じゃあ、千円札を1枚足しますから、いっそのこと1万円札にしてもらえますか?」

 

が問題です。

 

そもそも、

千円札5枚を5千円札に両替してください、と言ってる人が最初に5千円札を出しているんですから、おかしい話ですよね。

 

 

詐欺の被害を防ぐには

 

とりあえず、お金のやり取りを初めに戻すことが大事。

 

相手に9千円を返して、すでに渡した5千円札を返してもらいます。

 

 

その上で千円札5枚を5千円に変えてほしいなら

もう一度あらためて千円札5枚出してよ、って話です。

 

 

もしくは、あとからさらに1千円受け取ったあとに、

1万円ではなく、5千円札1枚を渡すか。

 

合計1万円渡したことになりますからね、それで。

 

 

これって・・

 

例えば自分がレジ担当で、精算が終わってからこの両替を申し出られて

精算を待つ人がたくさんいたりしたら・・

 

急かされて、焦らされて

こういう詐欺にひっかかってしまう可能性は十分ありえます。

 

 

両替詐欺の手口その2

 

さらに、1万円札に両替して、というパターンもあるみたいです。

 

 

詐欺師:千円のモノを購入し、5千円を出す

 

店員「お釣り4千円ですね」

 

店員:4千円を出す

 

詐欺師「千円を足すから、5千円札に両替してもらえますか?」

 

詐欺師:千円を出す

 

店員:千円を受け取り

 

店員:5千円を出す

 

詐欺師:5千円を受け取り

 

店員:お釣りだったはずの4千円と今受け取った千円の合計5千円をレジに入れようとする

 

詐欺師「ちょっと待って。財布がパンパンだから、その5千円に、自分が5千円を足すから、1万円札にしてもらえますか?」

 

詐欺師:5千円札を出す

 

店員:5千円札を受け取り

 

店員:1万円札を出す

 

詐欺師:1万円札を受け取り、立ち去る

 

 

わかりました??(笑)

次も注釈をつけてみましょう。

 

 

詐欺師:千円のモノを購入し、5千円を出す

 

店員「お釣り4千円ですね」

 

店員:4千円を出す

 

詐欺師「千円を足すから、5千円札に両替してもらえますか?」

 

詐欺師:千円を出す

 

店員:千円を受け取り

 

店員:5千円を出す

 

詐欺師:5千円を受け取り ※ここまでは問題なし

 

店員:お釣りだったはずの4千円と今受け取った千円の合計5千円をレジに入れようとする

 

詐欺師「ちょっと待って。財布がパンパンだから、その5千円に、自分が5千円を足すから、1万円札にしてもらえますか?」

 

詐欺師:5千円札を出す 詐欺師ー5千円

 

店員:5千円札を受け取り 店+5千円

 

店員:1万円札を出す 店ー1万円

 

詐欺師:1万円札を受け取り、立ち去る 詐欺師+1万円

 

 

これも、合計すると

 

詐欺師 +5千円

店   ー5千円

 

です。

 

 

お店の人がレジにしまおうとしたお札は、お店のモノですよね。

これを自分のモノのように言って、それも含めて1万円にして

1万円札をくれ、と言ってるので・・詐欺です。

 

これの場合は、そのおかしいやり取りの前に、

問題ない両替を一度やっているので

 

なんとなく相手を信用してしまう・・みたいな効果があるように思います。

 

 

お札に関わるマジック

 

まとめ

 

お金・紙幣のやり取りは時間がかかっても慎重にやりましょう!

 

たとえ、うしろに並んでる人が「おい!早くしろよ!!」と怒ったとしても

もし詐欺にひっかかってしまった場合、その後ろのお客さんは負担してくれませんから(笑)

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+