読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

iPhone5seなんて望んでない、iPhone7miniを出して

iPhone

スポンサーリンク

小さいサイズのiPhoneがつくられているという情報があって、

それが当初予想されていた「iPhone6C」でもなく、「iPhone5se」らしいとのこと。

 

えぇ〜〜!?!?!

 

期待外れもいいところだ・・

 

Apple iPhone 5s 16GB ゴールド 【softbank 白ロム】ME334J

※これはiPhone5sの写真

 

iPhoneヘビーユーザーの僕が望むiPhoneディスプレイサイズ

ぼくは、iPhone4sのサイズが好きだったので

3.5インチのディスプレイを搭載してほしいんです。。

 

なぜかというと、

ディスプレイサイズが大きいiPhoneだと・・

上まで指が届かないんですよ・・

 

片手で操作するんですけど、親指での操作をする際に、4インチでも快適に指が届かないんです・・上まで。。

 

3.5インチなら、ちょうど届く範囲。

 

 

あのスティーブ・ジョブズは「このサイズが最もiPhoneに適している」と言っていたそうですが、僕は本当にそう思います。

 

 

たしかに大きいディスプレイを望む人もいると思います。

それにともなって大きくなっていったのかと。。

 

ただ、その逆の人もいるんですよ。

 

 

ぼくみたいに指がとどかない人は・・

といっても、たとえばアメリカの人なんかだと、少なくとも4インチで届かないなんて人はあんまりいないんですかね。

 

iPhoneはこれだけ世界で売れてて、日本でも相当売れてますけど、基本的にアメリカ基準で作られていますので

日本人の手のサイズまでは・・考慮されてないですよね。。

 

という日本でも、それでもディスプレイサイズがおおきい方が良いという人もいますし。

 

いや、むしろそっちの方が主流派なのかな。

 

 

昔はどんな電化製品でも「小型化」が競争されていたと思うんですよ。

だけど、スマートフォンはここにきてなぜか大型化が進んでいます。

まあ今のiPhone6sPlusぐらいが限界だとは思いますけどね。

それ以上になったら、iPadminiとかわらなくなりますし。

 

 

iPhoneを毎日、相当に活用しているがゆえに、操作性が重要で

そのために、ディスプレイサイズも重要なんですよ。

 

指がとどかないと、もう片方の手で支えたりする必要がありますし。

時間がかかるようになります。

 

だから、小さいサイズを望みます!

 

 

iPhone5seのターゲットは??

いま、iPhoneに小さいサイズをのぞんでいるのは、ぼくみたいなハードユーザーだと思います。

同じように、操作性からのことだと。

 

だけど、次に発売が予定されていると言われるiPhone5SEのターゲットは・・

たぶん「まだiPhoneを持っていない人」だと思われます。

 

このiPhone5seは、中身がiPhone6程度とのこと。

 

これって・・欲しくないよね(笑)

 

なんでわざわざ、最新機能でないiPhoneを買わなきゃいけないのか。

 

 

これはなんのために作るかといえば、

たぶんコストカットであろうと。

 

要は安く作って、安く売るために小さいサイズにしているだけ。

 

 

だから・・魅力はゼロです(笑)

 

まだiPhoneを持ってない、ライトユーザー

新興国等で最新機種を買うのがしんどい人たちに向けて作られるもので・・

 

 

じゃあ、こういう人たちが小さいサイズのiPhoneをのぞんでいるかというと

のぞんでいるわけありません(笑)

 

たいていの人は「大きいサイズがいい」と思うはず。

とくにライトユーザーは、両手でiPhoneを使ったりするでしょうし、単純に画面がデカイ方が嬉しい。

 

 

だから、もし小さいサイズのiPhone5seを買うのは、我慢でしかないはずです。

 

 

ディスプレイが小さいiPhone5seは誰にも望まれていない

・・と考えると、iPhone5seは誰にものぞまれていない端末、ということになります(笑)

 

まあ、価格が安くなってiPhoneを買うことができたーって人は出てくると思いますが

満足度はきっと高くないでしょう。本当はおおきい方がいいわけですから。

 

 

だから、もし小さいサイズを作るなら、

最新機能を搭載したものを作るべきです。

 

最新機能の部品小型化をがんばってもらって、それを小さいiPhoneに入れる。

 

 

これなら、「これが欲しかった!」という人が確実にいるはずです。

そう、ぼくのように(笑)

 

 

ただし、これがなぜ実行されないかと言えば

ハードユーザーの中でも、そこまでディスプレイ小型のものをのぞんでいる人がいないからだと思います。

 

とくにアメリカでは・・。日本人より手が大きいですし。

 

 

小型最新機能のiPhoneが出たら満足度は上がる

Appleからすれば、収益が上がるかどうかが最も重要でしょうから

満足度というのが最も大事な指標ではないと思いますが・・

 

ハードユーザーの中には少なくとも、確実に小型最新機能のiPhoneを望む人はいます!

そういうユーザーを逃さないために、ぜひ検討していただきたいと。

 

最新機能を搭載したiPhoneだと・・次期iPhoneなら、iPhone7。

でもそれの小型サイズだから・・

iPhone7miniですかね。

 

もしくは、iPhone7se?iPhone7c?

 

とにかく、最新機種で、iPhone7Plusのようにおおきいサイズだけでなく

小さい方のサイズもそろえてほしいです。

 

 

最新部品を小型するのはコストアップしそうですけど・・

ディスプレイサイズは小さくなるし。

 

最新機能でない、最新機種って存在価値ゼロだと思うんですけどね。

 

 

できたら、7Plusには搭載されているけど、7には搭載されていない

みたいな機能もなくしてほしい。

 

たとえば、6sPlusと6sでは、動画撮影機能に差があったと思います。

(手ブレ補正?)

本体のサイズの都合で搭載が難しい機能も、小さいサイズにはあるのかもしれないんですけどね、それこそ企業努力でなんとかしてほしいなと。

 

 

ということで、ハードユーザーの「一部」が望む、

小型最新iPhoneを!!!ぜひ!!!!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+