読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

映画「謝罪の王様」気になったこと、あらすじ・ラスト、阿部サダヲ、井上真央、岡田将生、竹野内豊、高橋克実、松雪泰子

映画

スポンサーリンク

もうけっこう前の映画ですよね、謝罪の王様。

WOWOWで放送してたのを録画しておいて、ようやく観ました。

 

一般的な感想ではなく、映画をみていて気になったことを書きたいと思います。

 

普通の感想ではないので(笑)あらかじめご了承ください。

 

あらすじ

 
東京謝罪センター所長、“謝罪師”を生業とする黒島譲(阿部サダヲ)は、ケンカのような小さなトラブルから国家存亡の危機まで、ひと癖もふた癖もある依頼人から舞い込む様々な事件に遭遇。降りかかる難問を次から次へと謝罪のテクニックを駆使して解決していくのだった……。〈CASE1〉司法書士を目指す帰国子女の倉持典子(井上真央)は、車の運転中に追突事故を起こしてしまい、車から現れたヤクザ風の男たちに対しうまく謝罪ができず、気が付くと組事務所で内容を読まないまま誓約書に判を押してしまう。それは「示談金400万円、毎月12万円の返済、利子が10日で3割、来週から大阪のデリヘルに就職」という最悪のものだった……。〈CASE2〉下着メーカーの中堅社員・沼田卓也(岡田将生)は、開けっ広げな性格が災いし、飲み会で酔った勢いで共同プロジェクトの担当者・宇部美咲(尾野真千子)にセクハラ三昧。さらには軽いノリで謝る沼田に対し、美咲は怒り心頭。結局、沼田はプロジェクトをはずされ、セクハラで訴えられてしまう……。〈CASE3〉大物俳優・南部哲郎(高橋克実)の息子が傷害事件を起こし、南部が謝罪会見を行うことになった。そんな中、黒島が謝罪の指南をするが、芝居じみた謝罪で糾弾され結果は裏目に。仕方なく元妻の大物女優・壇乃はる香(松雪泰子)を引っ張り出すと、自身の出演舞台の十二単の衣装で登壇、宣伝までしてしまう始末。そして拘置所から出所した息子のTシャツには「Kill You Next Time」の文字が……。〈CASE4〉一流国際弁護士・箕輪正臣(竹野内豊)は、沼田の訴訟の弁護士であり、典子の大学時代の講師でもある。コロンビア大学卒、27カ国で弁護士資格を取得した完璧なエリート弁護士の彼だが、離婚して離れ離れになってしまった当時3歳だった娘に手を挙げてしまったことを今でも謝りたいと思っている。法律に携わる人間として自分が許せないと言うが……。〈CASE5〉映画プロデューサー・和田耕作(荒川良々)がプロデュースした作品に、たまたまお忍びで来日していたマンタン王国・皇太子がエキストラ出演していたことが発覚。マンタン王国皇族の肖像権侵害は懲役20年の重罪であることが判明し、黒島を介し謝罪に行くものの国の習慣や国民性の違いから誤解が生じ謝罪は失敗に終わる。正式に日本政府に謝罪を求めるという国際問題へと発展していく中、マンタン王国は日本との貿易停止を発表。打開策の見えない黒島は絶体絶命の窮地に追い込まれる……。〈CASE6〉謝罪師・黒島譲はなぜ、謝罪を生業とするのだろうか。なぜ謝罪にこだわるのだろうか。それは、ほんの些細な出来事が発端であった……。
 

 

謝罪の王様

 

 

気になったこと・感想・口コミ・ラスト

 
 
❉ネタバレあります!!
 
 
 
・宮藤官九郎、阿部サダヲコンビの、特徴ある映画。
 
・岡田将生がぶっ飛んでます。バカキャラで、痴漢で訴えられる役という(笑)これは他では見たことないですね。岡田将生くんはかっこいいキャラで売っていくわけではないんだなーと。主役しかやらない的な感じではないんだなーということで、好感が持てました。バカ過ぎるけど(笑)セクハラ発言連発の役です。
 
・「しんめぐろ」駅が登場してます(笑)
 
・尾野真千子さんが遠目にみると、北川景子さんに見えました(笑)やり手の女性社員みたいな役だったんですけど。
 
・120%許さないと言われたら、150%謝るしかない
というのは、名言ですね(笑)
 
・ぶっきらぼうな井上真央。この人も、普段はこんな役ではないような…。
ただ、ちょっと…役にハマってない感が…
 
・複数の話が同時進行、、というか順番に語られていく感じなんですが、1つ1つの話が少しずつつながっている感じはなんとなく面白いなと。これは見所の一つだと思います。次の話に進んだと思ったら、その前の話のあるシーンが次の話につながってた、もしくはおなじ空間に実は居た、みたいなところがたくさん出てきます。
 
・濱田岳さんの使い方がうまい(笑)マンタン王国の通訳(笑)あやしい外国人。ハダザムイ。
 
・小野武彦や濱田マリなど、個性派脇役俳優がズラリと出演しています。それぞれイイ味出してる(笑)小野武彦は、失言失態だらけの文部科学大臣、濱田マリは外務大臣です。
 
・宮藤官九郎さんて、ありそうで、無いものをうまく描く人ですよね。謝罪の専門家って、いなさそうだけど、でもいそう。いや、誰かの謝罪会見の時に、テレビで専門家みたいな人見たことある気がしますし。そういう人がもし本気で謝罪を仕事にしていたら、土下座を仕事にしていたら。
 
・謝罪に関しての色々コメディなんですが、実は、謝罪豆知識を学ぶことができる映画だなと思いました。「謝る時、人は誰でも主人公」みたいな名言もいっぱいありますし。
 
・阿部サダヲさんの中学生役、違和感なかったです(笑)
 
・黒島(阿部サダヲ)がなぜ謝罪師になったのか、という経緯も語られます。ラーメン屋で湯切りの湯をかけられて、その店員へ謝罪を要求。しかし、翌日から現れたのは店の代表で、湯をかけた相手ではなかった。そのあとも、ラーメン屋の経営者が来たり、店の改善を報告されたり、大金を渡されそうになったりしたが…実は湯をかけた相手に謝ってほしいだけだった。だから自分みたいに、ただ謝ってほしいだけの人はたくさんいるはずと思い立ち、謝罪師になった、と。
 
・ワキ毛ボーボー!自由の女神!!これは、最大級の謝罪だそうです(笑)このワードであらゆるエピソードがつながってたのも、うまいなーと思いました。俳優の話にも、弁護士の話にもつながってます。
マンタン王国では、最大級の謝罪の言葉なんだそうです(笑)
総理大臣まで連れて行って、それで許してもらう、というのがラストです。
 
・土下座を超える謝罪…土下座の向こう側(笑)
 
・エンディングはテーマ曲をE-girlsが歌唱、ダンスするPVみたいな感じです。
あれ?m-froのバーバルとEXILEも…いたかな?
 
・イイ映画というよりも、気楽に楽しめて、爽快感がある感じの映画でした。かるーく観られるのが良いところかなと。
※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+