読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

東京ディズニーリゾートの駅・JR舞浜駅にはサイゼリヤがある!

テーマパーク 外食

スポンサーリンク

今日、舞浜駅付近にいて、初めて気がついたんですが・・

あんなに庶民的な、どこにでもあるファミレスが、

東京ディズニーランド・東京ディズニーシーの間近に存在していたんですね!

 

サイゼリヤです。

 

サイゼリヤは、JR舞浜駅の真下に存在してました。

 

 

なんていうか・・

隠れて、密かに営業してる店、的な(笑)

 

 

普通にJR舞浜駅を降りて、イクスピアリ・ディズニー方面へ行くと全く気づかないところに・・

 

静かにたたんずんでいました(笑)

 

写真はこちらです。

 

 

 

JR舞浜駅にいったことある人でも、

これ、どこにあるか気づかないんじゃないでしょうか(笑)

 

場所は・・ここです。

JR舞浜駅の構内図ですが

f:id:AR30:20160303103605p:plain

 

この赤枠のところ、これの下の階にあります。

たぶん、イクスピアリの方へ向かう通路の脇にある、下の階へ降りる階段を

下へいけば行くことができます。青枠の階段です。

 

 

この写真の赤で囲ったところにあります。サイゼリヤ。

 

 

・・・隠れてますよね!?これ(笑)

 

 

 

ディズニー関連の施設へ以降とする人は・・降りないですからねぇ・・この階段。

 

ちなみに、このサイゼリヤの住所ですが

 

千葉県浦安市舞浜26-5  ホテルドリームゲート舞浜1F

 

ということで、まさにこのホテルドリームゲート舞浜の1階にあるということらしいです。

 

 

ふと思ったんですが、

 

よくこんなところにファミリーレストランが出店するのをオリエンタルランド・ディズニーが許したなぁ〜と(笑)

サイゼリヤなんて、「日常」の代表みたいなお店じゃないですか(笑)

「非日常」を売りにしているテーマパークでこれは・・

 

といっても、他の施設なら、施設内ならともかく、近隣駅に何ができようが

そこまで口出しすることはないと思うんですけどね(^_^;)

ディズニーならそれはありえます。

 

だいたい、舞浜駅周辺、あの舞浜付近からとなりの新浦安駅の付近は

南国リゾートみたいなイメージの町並みになっていますし、パチンコ屋等の風俗店もない状況です。

それにもディズニーが口出ししたとかなんとかいう噂も・・真相は不明ですが。

 

ともかく、他の遊園地ならまだしも、

ディズニーの場合は、お膝元である舞浜駅にそんなファミレスが出店するのを許さないのではと。。(笑)

 

 

ただ、住所をよくみると

「ホテルドリームゲート舞浜1F」

 

ん??このホテルドリームゲート舞浜って・・もしかして、オリエンタルランドが運営してたりして・・

 

と思って調べてみたら、違ってました。

 

JR東日本さんでした。

 

 

ということは、この場所を誰に貸そうが、JR東日本さんの自由ということになりますね(笑)

 

そうはいっても、一応ディズニーへの配慮なんでしょうか、この立地は(笑)

 

 

改札がある階には全くサイゼリヤ感がなく(笑)

看板やポスターもありません。

 

なので、店に気づかない人がほとんどではないでしょうか(笑)

 

 

でも、それでも相当な数の人が乗降する駅ですから

うまーく人は入るんでしょう。

 

 

正直・・ディズニーランド・ディズニーシーの中で食べられる料理は、

サイゼリヤとレベルは変わらないものと思われます。

(否定する意見もあろうかとは思いますが)

 

大量に素早く出すしかないですからねー1日に数万人もの人がくる施設のレストランは。

 

ただし、価格はテーマパーク仕様(笑)

サイゼリヤの下手したら3倍ぐらいするんじゃないでしょうか、同じ商品なら。

 

JR舞浜店 | サイゼリヤ

 

ということで、実はオススメかもしれない、

JR舞浜駅のファミレス「サイゼリヤ」をご紹介しました。

 

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+