読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

電車の発車時刻とはドアが閉まるときではなく、電車が動き出す時刻です

鉄道

スポンサーリンク

 

東京メトロが配布している冊子にもこのような記載が。。

 

 

電車の発車時刻とはドアが閉まるときではなく

電車が動き出す時刻です

 

これ、文章でみるとすんなり受け入れられるんですが

実際に体験すると・・え!?って思うことが(笑)

 

たとえば、時刻表をみて、

7:35に近くの駅発の電車がある

 

これに絶対に乗らないといけない

 

このまま急いでいって、ギリギリ7:35に乗れるぐらいの時間

 

 

・・というタイミングでもし行くと

まず間に合いません(笑)

 

なぜなら「7:35」は発車時刻だからです。

 

厳密にいうと、

「ドアが閉まる時間」と「発車時間」は違います。

 

そもそも「ドアが閉まる時間」というのも人によって

「ドアが完全に閉まってしまう時間」と取る人もいれば

「ドアが閉まり始める時間」と取る人もいると思います。

 

が、時刻表の時間でいうと、これはどちらも間違いで

あくまで「発車時間」です。

 

では、「発車時間」=「ドアが完全に閉まる時間」かというと

これも厳密には違います。

 

ドアが閉まってから数秒経って発車することが普通です。

車掌さんがドアを閉めて、閉めましたという合図を運転士に出し

運転士がそれを確認してから発車する

(もしワンマン運転なら、運転士がドアを閉めて、完全に閉まったのを確認してから発車する)

 

 

そしてもう一度言いますが、時刻表の時間は「発車時間」

 

「7:35」と書いてあれば、7:35に発車するんです。

 

だから、ドアが完全に閉まるのは、厳密にいうと7時34分55秒ぐらい

 

ドアが閉まり始める時間で言えば7時34分50秒ぐらいでしょう。

 

 

なので、

 

時刻表の時間までにホームに行けば乗れる!

と思っている人は完全に乗り遅れます(笑)

 

が、よく確認してみてください。

 

時刻表には「発車時刻」と書いてあります。

「ドアが閉まり始める時間」とは書いてないので(笑)

 

 

これ・・かなりクレームになるそうなので

結局、ホームに立つ駅員さんの判断で「発車時刻」の時間まで

ドアを閉めない場合もあるそうですが・・

 

 

とにかく、文句は言えませんので(笑)

ご注意を(笑)

 

 

こちらの記事で、さらに詳しく書いていました↓

 

naita.hatenablog.com

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+