読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

浦安うなぎテイクアウト!浦安魚市場場外「山安商店」で鰻の持ち帰り

食べ物

スポンサーリンク

うなぎが・・・食べたい・・

時期じゃないんですけどね(笑)

時期と言われるときに食べられず、ず〜〜〜っと食べたいという思いが忘れられず・・

 

 

スーパーとかで売ってるのは

安いのは全て「中国産」

 

国産うなぎは高いんですよね。。

 

じゃあ鰻屋さんへ行くかーーー!!!

っていうと、値段がけっこうするしなぁと。。

しかも、そのお店が自分好みじゃなかったら、

1杯3,000円とか出すのはかなり痛い気が。。

 

ということで、持ち帰りで鰻を買ってみることを考えました。

 

今回行くことにしたのがこちら。

 

www.urayasu-uoichiba.ne.jp

 

・・・なんですが、

実は、魚市場ではなく、浦安魚市場の場外へ。

 

築地みたいに、場外市場もあるんですね〜〜。

 

「北口商店会」というところにあるお店。

 

うなぎ 蒲焼き 山安商店

 

ここで鰻が売っている、というのは調べて知っていたのですが、

浦安魚市場側からみるとドアが閉まっていて・・おや今日は休み!?ざんねんすぎる・・

 

と思ってたら。

 

北口商店会の中へ入ると、アーケード側で鰻の販売が行われていました!!

かなり年季の入った看板です。。

 

このお店、正確な営業時間はわからないのですが

浦安魚市場はたいてい朝4時ぐらいから開いていて、昼までには営業終了してしまうので(売り切れたら昼になる前に終了)

 

朝から行きました。

 

朝7:30に到着したんですが、その時点で3人並んでました(^_^;)

 

すげー。

 

 

うなぎのラインナップはこちら。

左から1,100円、1,200円、1,250円、1,350円、1,400円

 

実は事前に調べた情報だと、一番安い串は900円ぐらいと書いてあったのですが

1,100円でした。

もしかしたら、仕入れ値で変動するのかもしれませんね。

 

しかし、おおきい!

これならもし3,000円出したら、2匹分ぐらい食える!!

 

 

でもまあさすがにそれはやり過ぎ、ということで、

今回は1,100円と1,400円を買ってみました。

そしたら、1,400円のところのうなぎが普段より小さいということらしく

お店のおばちゃんが自ら1,350円にしてくれました(笑)

ありがとう😁

 

あと、うしろに焼き鳥みたいな見栄えのものがあって、他の人がみんな買ってたので

それも・・というと、それは鰻の肝だったようで。

 

1本130円でした。

 

 

「こちらのウナギはどこ産なんですか??」と聞くと、おばちゃんは・・

「どこ産って聞かれても・・(笑)」と。

どういう意味ですか??と聞いたら

 

「うちの店主がその都度買い付けているんですよ。実はうちの店主は静岡出身なんですが、浜名湖のうなぎは塩を吸って(?)て身がかたくなるので好みじゃないようで・・。浜名湖以外ならどこでも!ということで日本各地から仕入れています」と(笑)

 

なるほど。

国産で間違いなしです!ただ、どこ産かはわかりません(笑)

 

 

外に出てみると、ウナギを焼く煙が充満していました。

あぁぁぁあああイイにおいぃぃぃっぃぃ

 

そして帰宅。

さんしょうと、たっぷりのタレもつけてくれていました。

 

 

上に入ってるのがうなぎの肝です。

 

では・・実食!

 

ちなみに、持ち帰ってから少々時間が経過してから食べたんですが・・

そのときの温め方はこちらです ↓

 

naita.hatenablog.com

 

 

えっと・・・

丼に入りきらない大きさです!!

 

お店で食べたら、こんな金額でこれだけの量は食べられません!!

 

いやぁ〜〜うちに、うな重用のお重がなかったことが悔やまれます(笑)

もしお重があったら、中にも鰻を挟んで、かなり豪華なうな重になったかと。

 

 

味は・・

 

 

うまいっす!!

 

 

関東では、蒸しておいた鰻にタレをつけて焼くやり方なんだとか。

関西では焼きの技術で柔らかくする。

 

また、関東は背開き、関西は腹開きだそうで。

これは関東は武士の文化で腹を切るのは切腹を想像させるから背開き

関西では「腹を割って話す」から腹開きとか、諸説あり!!(笑)

 

ちなみに、関西ではうなぎのことを「まむし」と言ったりします(笑)

ヘビか(笑)まむし丼です。

 

 

タレの味が、ぼくが前に東京のお店で食べたときにけっこう醤油っぽくて

ちょっと好みと違うな〜と思っていたんですが、

こちらのお店のタレはそんなことなくしっかり甘みがあるので

ごはんも本当に進みました。タレの量も十分です。

 

 

ということで、相当満足できました。

 

きっとまた、買いにいきます!!

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+