読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ひなぴし

会いたくて、会いたくてふるえるシンドローム。

メレブは呪文を唱えた「あまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるあまぞんやすすぎるいやまじで

新浦安モーニング「鎌倉ハンバーグLaNai3/9」感想・口コミ

モーニング

スポンサーリンク

外食は全般に好きなんですけど・・やっぱりいつも外食するわけにはいかないですよね。

栄養のこともあるし、何よりお金がかかる・・

 

ということで、夜ご飯で外食するとお金がかかるので

朝ごはん、モーニングで行ってみようとお出かけしました。

 

今回行ってみたのがこちら。

 

鎌倉ハンバーグ LaNai3/9

 

お店の読み方がちょっとわからないんですが・・(笑)

 

公式サイトがこちらのようです。

Cafe & Restaurant Lanai3/9鎌倉ハンバーグ

 

えっと・・

 

どうやら、それなりのお値段のお店のようです(^_^;)

 

まあ、この新浦安のエリアはお金を持っている人が多く住んでいるらしいところなので・・・

 

 

ただ、モーニングは650円からあるということで

これならいってみてもいいかなと思い。

 

営業時間ですが、

朝は8:30から営業しているようですよ。

 

今回はこの、

モーニングメニューのAセットとBセットを注文することにしました。

 

Bセットは卵料理がスクランブルエッグと目玉焼きで選べるようなので

それはそれぞれ1つずつで。

 

 

店内の写真はこんな感じです。

 

落ち着いた・・

というか、ちょっと高級感がある雰囲気です。

 

ランチメニューからはぐっと値段が上がってますしね。

お安いお店ではないんだなと、入ってすぐに思いました。

 

 

外にはテラス席があるようで

ペット連れでも、そこなら食事できそうな・・感じでした。

(すみません、正確にはわかりませんが・・)

 

f:id:AR30:20160417093032j:plain

 

注文してからそれほど時間が経たないうちに

お料理が運ばれてまいりました。

 

 

こちらがAセット。

野菜はそこそこ入ってます。

 

f:id:AR30:20160417093002j:plain

 

これはBセットの目玉焼き。

f:id:AR30:20160417093057j:plain

 

こちらがBセットのスクランブルエッグ。

スクランブルエッグにかかったソースが、ハンバーグソースみたいな感じでした。

 

f:id:AR30:20160417093054j:plain

 

 

このメニューに飲み物がつきます。

 

 

お味は・・まあまあかなと(^_^;)

 

モーニングメニューですしね、それほど感動するほどのものはありません。

 

 

お値段650円(税別)なんですが

値段から単純に考えると・・

 

お得感はないなぁという感じ。

 

お得感を求めてきてはいけないお店みたいです。こちらは。

 

 

こういうのすぐに原価とか考えちゃうんですよね。。

 

パンもサイズがとても小さいので、正直男の人だと満足できないレベルかと。。

 

 

あと、「プラスメニュー」というのがあって、

150円で、パンや野菜、スープが足せるとあったのですが

 

どれぐらいの量がたされるのかは不明ですが

もしかしたら、1つだけセットを注文して、あとは全てプラスメニューにした方が・・

実は得だったんじゃないか?という気もしました(笑)

 

 

・・というか、そういう思考の人間が来てはいけないお店だったのかもしれません。

 

 

たぶんそんなに安い価格で商品を提供しているお店ではなさそうなので

ゆっくり時間を過ごす、みたいな感覚の人が来るべきところだったのかもしれませんね。

 

この場所でお店をやろうとすると

たぶん場所代とかかなりかかるんだろうなぁ・・なんて。

 

 

日曜日の朝でしたが、お客さんはぼくたちとあと1組しかいませんでした。

 

それでいいのかなぁ・・なんて思いましたが(^_^;)

 

 

お安い、お得なモーニング!

というものではないようなので、そのつもりで行くのはやめた方が良さそうですよ〜

※このブログのタイトルは、以前は「はてなで泣いた」でした。独自ドメインへ移行したためタイトルを変更しました※ @iPhoone3Gが語る自叙伝的なこと。 これはまだ俺が20代前半だった時のこと。仕事で疲労困憊な俺は、退社後の深夜2時頃、近くにある大きめの銭湯にやってきた。銭湯といってもいわゆるスーパー銭湯ではなく、普通の銭湯だけど大きい風呂屋。ヤクザ屋さんかな?という人もけっこうみかけるこの風呂屋は、銭湯料金だけど露天的な風呂があったり、サウナが広かったりしてけっこう気に入っていた。銭湯での行動はいつも決まっていて、まずは身体を温めるために内湯に浸かる。その後サウナに入って汗を出す。そして露天の風呂を楽しみ、洗髪・洗体をして出る。というのが自分のコースだ。その日も同じように内湯に浸かり、サウナへ・・とここまでは良かったが、疲労が極限まで達していたためか、普段は絶対にないのに、サウナで横になって寝てしまった。どれくらいだろう??15分くらいは経っていたか。気がつくと、タオルをはだけさせ、一糸まとわぬ姿で眠っていた。サウナには深夜にもかかわらず数人の客がいた。(続きは、また。思い立った時に。)
iPhoone3G / AR30 このブログへメール サイトコンテンツの削除依頼について Google+